小屋泊のタグまとめ

小屋泊」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小屋泊に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小屋泊」タグの記事(5)

  1. 赤石山脈盟主への帰省⑤赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省⑤赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    樹林帯への下降を開始する第五部のスタートです。連日の激務で体調が優れず、ただでさえ遅い更新が派手に遅れてしまいました...。第四部の記事へはこちらからどうぞ。 11:10、万斧(マンノー)尾根に乗る(2770m)。ここから先、良く踏まれている千枚小屋へのルートとは違い訪れる登山者は極端に少なくなる。やや煩いハイマツ帯を進む。ナナカマドが秋色に燃えていた。樹林帯の手前で振り返ると、先程通過した...

  2. 赤石山脈盟主への帰省④赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省④赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    千枚岳を目指す第四部のスタートとなります。第三部の記事へはこちらからどうぞ。 5:50、赤石岳を出発する。先行した登山者達は皆大倉尾根から下りて行く。どうしても赤石岳からの御来光を眺めたかったサンダル君は、明日に期待し延泊することを決めたようだ。大倉尾根分岐で登山者を見送り、まずは小赤石岳を越えて行く。06:02、「小赤石岳」(3081m)登頂。再び振り返り、まだ近い赤石岳を目に焼き付けた。...

  3. 赤石山脈盟主への帰省③赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省③赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    赤石岳避難小屋へと向かう第三部のスタートです。第二部の記事へはこちらからどうぞ。 11:35、標高3046mの主稜線に乗った。木々の紅葉には少し早かったが、ウラシマツツジは美しい絨毯となっていた。ゆっくりと山頂へ向かう。ときおりガスがかかるようになったが焦る必要はもう無かった。あの頂の先に見えるものは、幾度も眺めてきた脳裏に刻み込まれている忘れ得ぬ山岳風景だ。しかし毎回新鮮な気持ちで、胸が熱...

  4. 赤石山脈盟主への帰省②赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省②赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    椹島から赤石岳を目指す第二部のスタートとなります。第一部の記事へはこちらからどうぞ。 この日しか天候に期待が持てなかった為、初日に赤石岳を目指すことにした。椹島(1123m)から赤石岳(3121m)を目指す、CT8時間40分標高差1998mの行程となる。尚、聖岳~赤石岳~荒川三山(赤石~荒川三山)を縦走する際には、緩やかに標高を上げて行く荒川三山からの反時計回りをお勧めする。5:30、椹島の...

  5. 赤石山脈盟主への帰省①赤石岳~悪沢岳 2016.09.24(土)~27(火) - 『山』がまんなか

    赤石山脈盟主への帰省①赤石岳~悪沢岳 2016.09....

    会社をさぼってどういう経緯があったのかは忘れてしまったが、四連休となったので大好きな山域を歩くことにした。聖岳~赤石岳~悪沢岳をのんびりと縦走したかったが、生憎天気がいま一つ。ならば、せめて一番良いタイミングを赤石岳で迎えようと、出発直前まで計画を練りに練っていた…。と、本文を書き進める前に、今回は情報のやや少ない南アルプス南部を代表する登山基地「椹島」(さわらじま)を利用した、この山域への...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ