小満んのタグまとめ

小満ん」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小満んに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小満ん」タグの記事(4)

  1. 春のうららの末廣亭滑稽噺で花盛り 小満んで大満足 - 梟通信~ホンの戯言

    春のうららの末廣亭滑稽噺で花盛り 小満んで大満足

    ベランダの洗濯物を取り入れたりしたものだから、バス、信号、信号、信号、電車とみんなタッチの差で逃がしてしまう。末廣亭についたら4人目の一之輔が上がるところだった、これは間に合った。「人形買い」、桟敷もほぼ満員、二階も開放、満員の客たちが気持ちよく笑っている。東京ガールズ・邦楽バラエテイ以前よりずっと自信を持って、「裏路地のカエルさん、お酒が飲めぬとゲコゲコ、飲めぬのに飲みすぎてゲロゲロ」みた...

  2. 春雨の横浜で小満んの世界に酔いしれる 柳家小満んの会 - 梟通信~ホンの戯言

    春雨の横浜で小満んの世界に酔いしれる 柳家小満んの会

    春雨じゃ濡れてもかまわない、雨の横浜も悪くないと少し早めに家を出た。元町の出口を間違えて中華街を歩いて再び元町に戻って小山湯に入る。熱い湯につかり稀勢の里があっさり勝ったのを見届けて、やまない雨を楽しみながら関内ホール「柳家小満んの会」へ。前座のきいちが「二人旅」を力演した。始めのうちはニヒルな男を演じ分けていてちょっと面白い感じがあったが、途中からふたりの区別がつかなくなったのは今後の課題...

  3. 小判の雨が降った隼町 第584回「落語研究会」 - 梟通信~ホンの戯言

    小判の雨が降った隼町 第584回「落語研究会」

    プレミアムフライデーなんて言われないでも毎日が日曜日、おまけなんかいらないや。伝統の落語研究会も第584回、その第467回が僕の初体験、月一度の開催だから、え~と、ずいぶん昔から笑わせてもらっている。この会は年間契約で指定席、その会員になるのに徹夜で並んで、というのがもう何年前だったか、お仲間10人くらいで交代で並ぼうと休憩用のホテルを押さえて、二人一組の交番表をダイヤグラムにしたのが僕なの...

  4. 落語初めは小満んから&港の見える丘公園・神奈川近代文学館 - 梟通信~ホンの戯言

    落語初めは小満んから&港の見える丘公園・神奈川近代文学館

    横浜関内で落語会のあるときは早く出かけて港の見える丘公園などを散歩して銭湯に入ることにしている。元町駅の地下三階ホームからフランス山の階段を上るのはかなり息が切れる。きのうは初めて神奈川近代文学館に入った。夏目漱石資料の展示(22日まで)もさることながら、これは常設なのか、漱石山房書斎の再現(紫檀文机の小ささと美しさ!)、多くの作家たちのプロフイルや直筆原稿や書簡の展示、個性的でありながらわ...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ