小説レビューのタグまとめ

小説レビュー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小説レビューに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小説レビュー」タグの記事(3)

  1. 「天才」 - これから見る景色

    「天才」

    5月22日 石原慎太郎「天才」★★★★☆去年の今頃、図書館に予約していて、忘れた頃に取り置きが出来たとメールが来ました。田中角栄元首相を描いた、2016年度に一番売れた本だそうです。田中角栄元首相の「俺」という一人称で書かれた自伝風小説です。今太閤と呼ばれ頂点へ登りつめた田中角栄元首相は、ロッキード事件をきっかけに首相の座を下りますが、その後も多量の票を集め議員を続けます。ロッキード事件につ...

  2. 「あきない世傳 金と銀(3) 奔流編」 - これから見る景色

    「あきない世傳 金と銀(3) 奔流編」

    3月10日 高田郁(かおる)「あきない世傳 金と銀 奔流編」★★★★★前回の早瀬編を読んでから半年たちました。半年に一度の出版でも、ストーリーは覚えています。前回は、天満の呉服問屋「五十鈴屋」の四代目徳兵衛の後添いになった幸(さち)が、四代目に死なれ四代目の弟の惣次が五代目を継ぐ条件に、幸を嫁に欲しいと言ったところで終わっていました。五代目徳兵衛を継ぐ惣次は商売には敏腕ですが、人の心の機微が...

  3. 「関ヶ原」 - これから見る景色

    「関ヶ原」

    2月 司馬遼太郎「関ヶ原」上・中・下 ★★★★★もうずいぶん前に読み終わったのですが、長い小説でもあり感想文を書けずにいました。「関ヶ原」は1966年、司馬遼太郎先生43歳の時の作品。40年も前の作品ですが、先生がいわゆる油の乗り切った働き盛りに書かれた小説です。主人公は、石田三成、島左近、そして徳川家康です。豊臣政権当時、「三成に過ぎたるものが二つある 島の左近と、佐和山の城」と童謡に唄わ...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ