山吹のタグまとめ

山吹」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山吹に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山吹」タグの記事(6)

  1. 小雨の有楽町で古の武将に遭遇 - 流木民

    小雨の有楽町で古の武将に遭遇

    どんな気分の時でも 晴れ晴れさせてもらえる場所東京を東から西に横断することの多い仕事柄 色々な通り道を見つけてきた生憎 雨が降り始めた日 数秒頭を巡らせ 地下通路だけで目的地に辿り着く経路を決めていく地下鉄有楽町線→有楽町駅下車→ビックカメラ側の改札口を出るとそのまま東京国際フォーラムの建物に入る都庁の跡地は様々な文化的な催し物の発信地でもあるここを通ると くじらに飲み込まれたピノキオの気分...

  2. 深沢七郎「支那風ポルカ」 - 憂き世忘れ

    深沢七郎「支那風ポルカ」

    村上春樹さんの「1Q84」と、深沢の作品の関係について書いてきましたが、残り三つとなりました。次は「支那風ポルカ」なのですが、この作品について、驚いたことがあります。芭蕉の「古池や〜」について書いた以下の記事をご覧ください。http://tamegoro.exblog.jp/27079323/「支那風ポルカ」に「山吹の塩漬け」という、これまた「何で?」というワザとらしい、お酒のつまみが登場し...

  3. 奈良の桜2017 談山神社の春 - 花景色-K.W.C. PhotoBlog

    奈良の桜2017 談山神社の春

    奈良の山間にいけば、4月後半に入っても桜が楽しめます。まだまだ満開だった談山神社。山吹も咲き乱れ、花盛りでした。(※4月23日撮影) 談山神社の駐車場にやってくると、華やかな彩りが見えてきました。花桃です。こんな時期に満開になるんですね。山脈をバックに、咲き誇る花桃。春の終わりに、こういう景色が見られるとは思いませんでした。さて、談山神社へ。新緑が美しい境内。まだ桜が咲き残っていますね。おお...

  4. 道灌に同感 - 憂き世忘れ

    道灌に同感

     落語の「道灌」ですが。あの、雨具を所望したのに、貧しいお宅のお嬢さんが、山吹の枝を差し出すやつ。 道灌は「???」ですが、一緒にいた家来が超偉い。「実の一つだになきぞ悲しき」で雨具のミノさえありません。という意味だと、瞬時に理解するのです。 道灌はこのことに恥じ入り、歌道のお勉強に励むのです。 と、いうのは落語の導入部ですがね。 谷崎の「細雪」がきっかけで、この歳になって和歌……といっても...

  5. 京都の桜2017 勝持寺 散り桜 - 花景色-K.W.C. PhotoBlog

    京都の桜2017 勝持寺 散り桜

    やっと私のブログの桜も散りに入りました(笑)美しい散り桜光景に出会えたのは西山の古刹、勝持寺でした。(※4月15日撮影) 勝持寺さんの駐車場に停めてお寺に向かいます。幹がねじれたような、古木の桜が満開を迎えていました。境内へ入ると、桜吹雪です。足元は淡雪のような桜の花びらで埋め尽くされていました。水路は花びらのラインができていましたよ。山吹も美しい頃でした。苔庭に散りかかる桜の花びら。しだれ...

  6. 今日の暦 - ぶん屋の抽斗

    今日の暦

    山吹もそろそろおしまいかな。紫陽花の季節。 本日の暦であります。6月8日 木曜日 (旧暦 五月十四日) 丙寅(ひのえ とら) 七赤選日:三隣亡(さんりんぼう) 昔から普請始め、柱立て、棟上などには大凶日とされ、この日を用いて後日災禍が起きると、近所隣をも亡ぼすとされています。二十八宿:角(かく) 婚礼普請着始吉 葬儀凶中段:なる(成) この日は成就の意で、建築、開店、種まきなどの新規事業はす...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ