山本七平のタグまとめ

山本七平」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山本七平に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山本七平」タグの記事(3)

  1. 「わが事に於いて後悔せず」 - せどり氏の散歩道

    「わが事に於いて後悔せず」

      山本七平『小林秀雄の流儀』があともう少しだ。 章ごとにランダムに拾い読みしてきたので、ここにきて最初の章「小林秀雄の生活」を読んでいた。 彼の処女作『様々なる意匠』は雑誌「改造」の懸賞論文であった。そこでかれは二等になった。 一等は後に日本共産党の議長となった宮本顕治の「『敗北』の文学」であった。1929年のことである。 山本氏のこの一文を読んでいて、書かれてあることは小林が当時プロレタ...

  2. 今、小林秀雄こそキーパーソン - せどり氏の散歩道

    今、小林秀雄こそキーパーソン

      ドストエフスキーの『罪と罰』の下巻を読み終えて、上巻を読んで拙速な断じ方をしたことの反省として他者がどう考えたかを小林秀雄の『ドストエフスキーの生活』を読んでからと思ったが、持っていたと思っていたのになくて、代わりに山本七平の『小林秀雄の流儀』というのを読んでみた。「小林秀雄とラスコーリニコフ」というのがそれで、実に卓抜な洞察にしびれた。 山本七平と小林秀雄という取り合わせがまず僕にとっ...

  3. 『ユダヤ人と日本人』イザヤベンダサン著 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    『ユダヤ人と日本人』イザヤベンダサン著

    日本語というものがある。日本の習わし文化風習。それがどう外国人に理解できよう。できぬ。が、ここでは日本語を単に流暢に使う外人が書いたものではない。読めばわかるが、それが僕ら日本人には理解できない。ようは彼こそ日本語の大家だ。日本をここまで知ると頭が下がる。いやいや本性は違う。かの著者イザヤベンダサンは実は日本人。名を山本七平という。なぜ彼が外国人を名乗ったかなぞは深まるばかり。だがその謎はい...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ