山のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山」タグの記事(249)

  1. 今日は飲み会 - ironのブレブレ写真館

    今日は飲み会

     今日は都内で飲み会でした。 平日なので、明日のことを考え、ちょっと飲む量は控え気味。 でも、それなりに飲みました。 今日の写真、「たけやぶやけた」(笑)

  2. ササユリ - kogomiの気ままな一コマ

    ササユリ

    やっと雨が降りました田んぼも畑も紫陽花も、ぜ~んぶ、全部待ってた雨恵みの雨も降りすぎは歓迎しませんどんなんでも程々がいいですね気になってた、ササユリ、雨の降る前の暑い日に行ってきましたお昼前、部屋の気温30度涼しいところへ行きたいと思い立って、山へ涼しいです、21度だったよササユリもちょうど見頃でしたいつも見る場所はまだ蕾、雨も一休み行ってみたいなぁ沢山の車に人、人、人いつも静かな場所なのに...

  3. オオマシコ - さえずるほうへ

    オオマシコ

    漢字で書くと大猿子

  4. ミニアチュアな百合 - ひつじ雲日記

    ミニアチュアな百合

    長野県・茅野市、八ヶ岳にてツバメオモトの花。小さいが、百合の仲間だという。そういわれると、確かに、百合の姿形である。精巧なミニアチュアのような、まさしく小百合。小さく白い花は、目立たない。いや、僕が気が付かないだけなのだろうが。つい、見落としてしまう。でも、一旦、目につくと、辺りにたくさん咲いている事に気が付く。日常の幸せ、みたいなものか。

  5. 登山とGravel - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    登山とGravel

     週末の藻岩山。何度も休みながら70分で山頂へ。一枚だけ写真を撮って、すぐさま下山。入らなかったけど、藻岩奥の院の扉が開かれて、たくさんの方が中で休憩やお参りされていました。さすがに、ちびっ子たちがいっぱいで、喜んで登る子、文句たらたらな子。娘を無理やり連れて登った苦い経験をふたつ思い出しつつ。この日は、エゾリス2匹に遭遇。ん? でもなんだか、口の周りが白い。ペットとして飼われていたキタリス...

  6. ひとり山歩き 6月の道 - すずめtoめばるtoナマケモノ

    ひとり山歩き 6月の道

    6月 17日 晴れ(空梅雨)ここ数ヶ月 ずっと行ってなかった春日井の山。山歩き。雨が振らない週末って 今年はぜんぜん珍しくないけれど、せっかくの晴れた週末だもの。そろそろ、コアジサイが咲いている頃そして運が良ければ 無葉蘭も見つけることが出来るかもと今しか見る事が出来ない山の姿を求めて、ひとり山歩きに行きました。車の運転が苦手なbutanekoが、 唯一ひとりで行ける山へ。例年だと この時期...

  7. 明日で一年(^O^)      「山」 - 筆文字・商業書道・今日の一文字・書画作品<札幌描き屋工山>

    明日で一年(^O^) 「山」

    昨日はポッカポカ、今日もしのぎやすい天気。こんな日が続いてくれたら良いのに…とは思いますが、そうでない日があるから、ありがたく感じるわけで…笑。今週は続いてくれるようです。(^O^)ブログ、一日一作品に変えてから、明日で一年。そんなに描いたっけ?のようでもあり…その前の一日一文字、16年からの17年目半ば。一枚の紙も重ねたら、少しは山になるかな。そう思って、コツコツと。(^O^)「一雨潤千山...

  8. 輪廻の森 - ひつじ雲日記

    輪廻の森

    長野県・茅野市、八ヶ岳にて立ち枯れのシラビソ。遠くから見ると、枯れた部分と、普通の森が交互となり、縞模様に見える。「縞枯れ現象」と呼ばれる。いわば、生と死が描く、模様である。その縞模様の森も、夕刻を迎え、谷は陰る。光と影の、縞模様。生の影も、光りの死も、この森に宿る瞬間。枯れた木の下では、すでに幼木が芽を出しているという。一種の新陳代謝、なのだろうか。森自体が生きる事を思えば、個々の生命は些...

  9. 山で遊ぼう! … 鍋割山の下見をしました - ヒデさんの山遊び

    山で遊ぼう! … 鍋割山の下見をしました

    レンゲツツジの名所の一つ鍋割山の下見をしました。この日は天気予報がイマイチ、山では雨も…と覚悟していました。…が、幸いなことにガスが濃いものの雨に当たることもなく往復できました。 レンゲツツジのピークは過ぎて、花に勢いがありませんでした。鍋割山の頂上です。わずかな光が雲の間にたまに見えるくらいの天気で、気温が大分下がっていました。数組のグループが昼食をとっていました。珍しい花に出会いました。...

  10. コマドリ - さえずるほうへ

    コマドリ

    オシャレさん

  11. 奈良倉山 - ほろ酔いにて

    奈良倉山

    お天気の良い昨日の土曜日。朝5時起きで行って来ました。今迄の登山は平日ばかりだったのですがどようの今回は自宅最寄り駅を出てから高尾駅に着くまでにどんどん登山の格好をしている人達が乗車して来ます。飲兵衛主婦が呑んだくれている間に世の人々はお仕事お休みの日も早起きして山に登ってたんか!電車とバスを乗り継ぎ、終点の鶴峠という所からバスで登山口迄行くのですがこのバスが土日のみの運行という事で、バス停...

  12. カモメの蘭 - ひつじ雲日記

    カモメの蘭

    ※写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます山梨県・富士河口湖町にてカモメランの花。漢字だと、鴎蘭。つまり、鳥のカモメなのだが、なぜカモメなのか分からない。姿形は、あまりカモメらしくない。余談だが、森鴎外の名の由来は、千住の近くの「かもめの渡し」からだという。千住で医学や小説に励む鴎外にとって、鴎は外、すなわち対岸の吉原は行かず職務に全うする、みたいな意味とのこと。ランの花は、鳥の名を冠...

  13. 山上の、ドレスコード - ひつじ雲日記

    山上の、ドレスコード

    ※写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。山梨県・富士河口湖町、三つ峠にて六月の声を聞くと、富士の高嶺の雪も、大分、少なくなる。何時しか色濃い木々に、ツツジが映える。梅雨の中休みの、長閑な光景。三つ峠には、頂上付近にテレビ局や電話会社の電波塔が、立ち並ぶ。甲府盆地を見渡せる三つ峠は、適地なのだろう。電波塔を運用する為だろうか、山頂まで電力が供給されている。頂上直下の山小屋も、その恩恵...

  14. 山荘周辺確認散歩 - 好きなものに囲まれて2

    山荘周辺確認散歩

    可愛いです。こんな花が咲いてる。昨夜はとにかくテレビも写らない場所なので、することがなくさっさと寝ました。少し寒そうだったので、用心して夏掛けの上に毛布をかけ、さらにベッドカバー(薄い)までかけたのですがちょうど良かったです。(冬の布団かければ良かった?)朝6時ごろから散歩に出かけたのですが、なんとなく昨日着いた時、森がスカスカしている気がしていたのがわかりました。やはり広範囲に伐採していま...

  15. 連続波状攻撃のクライミング~~。 - 乗鞍高原カフェ&バー スプリングバンクの日記②

    連続波状攻撃のクライミング~~。

    先日の甲府幕岩では、みごとに跳ねっ返されてしまった、僕たち「チーム・スプリングバンク」のクライミング部だったのです・・・。なので、また朝練に、長野市の鳶岩へと行ってきたのでした~~。狙いは、隊長のK8の鳶岩での課題である「凧(5.11b)」です。先日初めて触ったルートなのですが、オンサイトはならずだったので、今回はカラビナを掛けた後、トップロープでムーブなどを探っておいて、その後一撃必殺のト...

  16. 地球と森と、人の時間 - ひつじ雲日記

    地球と森と、人の時間

    ※写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。長野県・茅野市、八ヶ岳にてシラビソの木々。森と称するには、密度が低い。山の中としては平らな、溶岩台地の光景である。あまり、知られていないが、近くに聳える北横岳は、活火山。気象庁のWebサイトによれば、最後に爆発したのは、800年前と「最近」のことである。人間の尺度ならば、800年は遥か昔のことだ。しかし、地球の地殻変動の歴史に当てはめれば、瞬...

  17. 龍爪山 (静岡市葵区) - 山の花、町の花

    龍爪山 (静岡市葵区)

     6月11日(日) 東海地区は梅雨入りしましたが、雨らしい雨が降ってきません。 天気予報も雨マークは消えて曇の天気だということで、近場の龍爪に行ってきました。 富士山も見えないだろうし、花もあまり咲いてはいないでしょうが、今年の夏も北アルプスの山に行きたいので、トレーニングです。       新緑が美しい登山道です。歩いている人は少なくて山の中は静かでした。      富士山はお休みです。こ...

  18. 可也山に登る。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    可也山に登る。

    立石山 山頂から 可也山方面を望む(2016.5)箱島神社(二条浜窪)から可也山(2016.1)いつも、糸島に行くたびに登りたいと思っていた可也山。先週、午後に3時間だけ時間がとれたので、よし、今日可也山に登ろう!と思い立ち、登ってきました。登山口の目印になる師吉公民館ところどころに立派な花崗岩(閃緑岩)が露出しています。30分ほど登ったところに石切場跡がありました。こちらでとれる花崗岩は余...

  19. 森の別嬪さん - ひつじ雲日記

    森の別嬪さん

    長野県・茅野市にてホテイランの花。暗い針葉樹林の中に、この華麗な花が咲く。高さ15cm程度。小さいから、華麗ながら清楚でもある。とある自生地での撮影だが、条件が良かった。写真を撮りやすい場所、という意味で。だから、幾つものアングルで撮った。どれか一枚、ブログで紹介しようと思い、結局、正面からのカットを選んだ。女性のポートレートなどでも、そうだが。通常、正面よりも、ややサイドからのほうが、被写...

  20. 育む -NEGATIVE WORLD- - PHOTRESBIENNE

    育む -NEGATIVE WORLD-

    可愛らしいお地蔵さまにご挨拶。 切通しの名残かな。ゆったりと過ごす牛さん。畜産地帯の中では、何処にでもあるような風景。全ては繋がっている。そんな気がした。・Canon EOS-1V・Canon EF50mm F1.4 USM・TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 (Model A022)・FUJIFILM SUPERIA X-TRA400  

1 - 20 / 総件数:249 件

似ているタグ