川端康成のタグまとめ

川端康成」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには川端康成に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「川端康成」タグの記事(3)

  1. 「伊豆の踊子」を怪しむ - 憂き世忘れ

    「伊豆の踊子」を怪しむ

     川端康成はいろんな人に代作をさせていたという噂があります。検索してみたら、川端と三島の文体を比べてみた人までいるんですね。 三島が「川端先生は文体を持たない」と言っていますが、強烈な皮肉に思えてきます。 じつはね、「伊豆の踊子」を読んだとき、ものすごく谷崎っぽいと思いました。川端の他の作品はまったく読んでいませんし、その読んだもの自体が別の作家が書いたとしたら比べることができませんので、た...

  2. 三島由紀夫の辞世を介錯 - 憂き世忘れ

    三島由紀夫の辞世を介錯

     益荒男が たばさむ太刀の 鞘鳴りに     幾とせ耐へて 今日の初霜「幾とせ耐えて」とは、ずーっと我慢していたのでしょう。敗戦後の日本のだらしなさみたいなものに対してでしょうか。それとも、もっと個人的なことでしょうか。 そのへんは解りません。ただ、和歌の伝統である、後の世に残したい何かを秘めたとしたのならば、何かが隠れているはず。 当たりを付けるというか「仮説」を立ててみますと、引っかかる...

  3. 皆さん、気づいてた? - 憂き世忘れ

    皆さん、気づいてた?

     去年の11月、以下の様なことを書きました。“ちょっとノーベル賞について検索しておりましたら、川端康成が受賞後の随筆で〈秋の野に鈴鳴らし行く人見えず〉と「野に鈴」の「野」と「鈴」で〈ノオベル〉とかけた〈言葉遊び〉の戯句を作っているのね。 で、ビートたけしさんなら「ガクッ!」、浜ちゃんなら後頭部バシッのツッコミだろうなあ、と思ったのです。 ダメでしょ、先生。センスなさすぎ。”  川端先生ゴメン...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ