市内のタグまとめ

市内」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには市内に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「市内」タグの記事(54)

  1. プライベートビーチにて(2) - 野山の住認たちⅡ

    プライベートビーチにて(2)

    表題のビーチからの続編です。テトラポットの上ではたくさんの鵜が羽を休めています。数えてみたところ、ヒメウが11羽、ウミウが5羽、そんな鵜たちから二日酔いの「ヒメウ」時には光りの加減により、首回りが黒緑の光沢に輝くよとがありますまた、夏羽の場合は、嘴の根元から目回りに深赤の縁取りが見て取れます。まるで、飲みすぎた後の鏡に映った目元のように採餌の確率はあまり良くなく、15回潜っては一度ぐらいの割...

  2. 営業デー、函館市内を東へ西へ - 工房アンシャンテルール就労継続支援B型事業所(旧いか型たい焼き)セラピア函館代表ブログ

    営業デー、函館市内を東へ西へ

    本日営業デー。函館市内を東へ西へ。美原町若松町湯川町五稜郭町本町桔梗町石川町旧大野町雨が降ったりみぞれが降ったりしかし、有意義な外勤でした。

  3. プライベートビーチにて (1) - 野山の住認たちⅡ

    プライベートビーチにて (1)

    徒歩15分ほど、自称 プライベートビーチ (冗笑) から「ハジロカイツブリ」夏羽への変身ぶり!! お見事というほかありません。前から、横から、後から(笑)あらあら、凛々しいお顔もだいなし唯一のパフォーマンス 採餌のシーンです。咥えているのは、初めて見る不思議なサカナ?“ 細長い魚 ”で検索したところ 「ヨウジウオ」の一種に似ているようでもあり・・・肉眼では良く分かりませんでしたが、拡大して見...

  4. 旬を探しに ~ 日替わりのチョウたち  ~ - 野山の住認たちⅡ

    旬を探しに ~ 日替わりのチョウたち ~

    16日の記録よりアップに4日も経ってしまい、旬ではなくなってしまいましたが・・・ツマキチョウの下見を兼ねて、沢山周辺を散策して見ました。先日のモンシロチョウやベニシジミの他に、下記の2種のチョウに出会いました。「スジグロシロチョウ」「テングチョウ」そして、今回はタンポポに止まってくれた「モンシロチョウ」モンシロチョウそのものが少なく、もしかして・・・ツマキチョウと思わせるような光景もありませ...

  5. ナイトポタリング - おーあーるしーぜろはちと仲間達の冒険

    ナイトポタリング

    いきなりですが市内でナイトポタリングしてみました。江戸川沿いの堀江ドックです。ホットドックではありませんw堀江ドックからTDR方面へ向かいます。どうしましょうか?TDR周りでもしましょうか?「ああーもうイっちゃお」ライトアップの影響で金色のようですwこのまま進んでいつもの角。漆黒の海が迎えてくれます。遥か向こうにはゲートブリッジが見えます。こうして見てみるとTDRではなくゲートブリッジを目指...

  6. 恋する季節 カンムリカイツブリ - 野山の住認たちⅡ

    恋する季節 カンムリカイツブリ

    海の色が碧い時にもう一度と思っていたカンムリカイツブリを撮りに出掛けて見ました。思ったより、海の色は碧くなく、先日の比較的近くで撮れる砂浜には不在で、隣りの礒の奥の方で10数羽がいました。 思惑外れ、戸惑う筆者・・・先日と同じようなノーパフォーマンスの写真を撮ってもつまらない。今日はダメかと思いつつも、暫く待機・・・相変わらずカーリングのストーン状態(休憩)が続きます。何を合図かは分かりませ...

  7. 旬を探しに ~ 春告鳥 二題 ~ - 野山の住認たちⅡ

    旬を探しに ~ 春告鳥 二題 ~

    食べ物でもそうですが、少々高いお金を払っても、人はなぜか季節の初物にこだわるのが常のようです。 特に、待ちに待った春先はなおさら・・・そんな想いで、昨日は市内のフィールド巡りをしてみました。先ずは、目的のひとつだった 春告鳥 です。春の季語にもなっている「ヒバリ」に会いたくて、キャベツ畑を訪ねて見ました。ピーチク・パーチク声はすれど姿は見えず。それでも、少し目馴れがしてくると、いたぁいた・・...

  8. 春 の 花火 - 野山の住認たちⅡ

    春 の 花火

    思い切り拡大して見ると・ ・ ・・ ・ ・花火のようにも見えました。この時期楽しみにしている「ネコヤナギ」です。さて、こちらは 春花火 に例えた、雄花(雄花序)になります。帰宅後、ネコヤナギの花について調べて見ました。ふっくらとした棉毛で覆われた花穂の時期を過ぎると小さな花が無数に付きます。雄花序の花先は最初は赤く、そして黄色く色変わりします。この頃になると、花粉を飛ばすようになります。(黄...

  9. カンムリカイツブリ 衣替え - 野山の住認たちⅡ

    カンムリカイツブリ 衣替え

    数えたところ、14羽のカンムリカイツブリがいました。もう3月も中盤に入り、カンムリカイツブリにも変化が見られるようになりました。換え羽中が大半を占めるようになり、ほぼ夏羽が2羽、まだ冬羽が3~4羽そして、以前から気になっていた白すぎる1羽(以下白羽)、そんな構成でした。先ずは、1枚で3度楽しめる(笑)夏羽(手前)、換羽中(中程)冬羽(奥)です。気になっていた白羽です。冬羽との比較写真です。ど...

  10. 新生チョウ たち - 野山の住認たちⅡ

    新生チョウ たち

    5日と7日に新生チョウを探してMF(観音崎)を回ってみましたが会うことは出来ませんでした。そして、野暮用などが続き、今日は5日ぶりにフィールドへ GO向かった先は、確率のよさそうな市内のポイント、しょうぶ園近くの畑へ甲斐あり、2種の新生チョウに巡り合うことが出来ました 「モンシロチョウ」最初の一頭を目にしました。止まってくれないのではと思うほど、忙しなく飛び回っていました。今季の初撮りとなる...

  11. ウミアイサ漁 再び - 野山の住認たちⅡ

    ウミアイサ漁 再び

    前回の能書きを訂正しなければならない事態をこの目で見てしまいましたその一部始終です。今回は追い込み漁は岩場ではなく、波打ちぎわで始まりました尚( 秒)内の数値は、2枚目を起点とした経過時間ですボラを追い込むウミアイサ、両者の必死な攻防(-9秒)攻防やむなく、逃げ切れなかったボラ(0秒)すぐさま獲物を咥え、沖合に急移動(0秒)波打ち際での調理は危険がいっぱい、沖合ならトビやカラス、カモメが来て...

  12. ミサゴの合間に - 野山の住認たちⅡ

    ミサゴの合間に

    一人ぶつぶつのミサゴ狙いでしたが待ち時間に撮りためたカモたちの様子です。「スズガモ」この海岸では、いつも50羽前後を見かけますが、休憩中が多くて群れから離れ、海辺で寛ぐ二羽(左が♂)、カップルでしょうか飛躍はいつもうしろ姿ばかりで・・・「オナガガモ」この海域に限らず、今季は少ないように感じましたこのペアー?(手前♀)首筋が伸び、まるでモデル泳ぎのようでした。尾長ガモ改め首長ガモでもいいかもし...

  13. 根比べ - 野山の住認たちⅡ

    根比べ

    「ミサゴ」のダイビング漁が見たくて、しつこく通った長瀬の磯来るか来ないか、来ても飛び込むか飛び込まないかは水面近くの魚(ボラ)の存在とミサゴの気分次第以下、ミサゴとの根比べと言うより、自身との根比べの様子で~す。一昨年はミサゴのダイビングを何度か楽しんだ磯でしたが、昨年はなしのつぶて・・・そして今年は、この周辺の山海を主フィールドにしている方のブログに一年ぶりの吉報行かなくてはと言うことで・...

  14. カモメ たち - 野山の住認たちⅡ

    カモメ たち

    海と言えば・・・やはりカモメそんなカモメたちの在庫から「ユリカモメ」小型のカモメで、冬羽の大きなホクロのような顔模様、表情が豊かです。こちらは、まだ幼鳥のようです「ウミネコ」カモメの常連ですが、今回は、ほとんど画像がありませんでした。そんな中の貴重な一枚ですが、皮肉にも・・・釣り糸と金具のようなものが自然界での切った張ったは仕方がないことですが、遠路の客に対して人間が係わった事象を目にするの...

  15. サギ・サギ・サギ - 野山の住認たちⅡ

    サギ・サギ・サギ

    ちょっと物騒なタイトルですが撮りっぱなしのサギたちの整理を兼ねて・・・アオサギとクロサギのコラボ飛姿他のコマもそうでしたが羽の動き、息がぴったりでした。先日はセキレイ三色を紹介しましたが今日は青・黒・白 サギ三色です。「アオサギ」陸地の池や堰などでも見かけますが、広大な海が良く似合います上の写真、ちょっと角度を変えたものを拡大して見ました成鳥の証、冠羽や胸の飾り羽が確認出来ました。やや短めの...

  16. セキレイ 三色 他 - 野山の住認たちⅡ

    セキレイ 三色 他

    衣笠山の在庫から・・・既にアップ済のルリビタキ以外の色に絡んだ鳥たちです。先ずは 黄 ・ 白 ・黒  三色のセキレイです。「キセキレイ」「ハクセキレイ」「セグロセキレイ」ハクセキレイは何処でもいつでも見かけますが、セグロセキレイとキセキレイはMF観音崎では確率が低いのですが、ここではよく見掛けます。とは言え一日に三種はなかなかそろいませんが、この日は運よく三色揃い踏みになりました。セキレイの...

  17. お留守番?の シノリガモ - 野山の住認たちⅡ

    お留守番?の シノリガモ

    今日は野比海岸のテトラポットを、久しぶりに覗いて見ました。北帰行の前に、もう一度会いたくて・・・お目当ては「シノリガモ」♂・♀ 各一羽がテトラの上で休憩中でした ( 11:30 分)暫く動く様子もなく、時だけが過ぎてゆきます。すると、突然ウミウがわざわざ同じテトラの上に上がりました ( 11:46 分)ウミウ様々・・・これで動いてくれるのではと期待したのですが、♀がウミウに席を譲った感じで・...

  18. 花木絡みの野鳥たち - 野山の住認たちⅡ

    花木絡みの野鳥たち

    野山の在庫が続きます花木が絡むと、賞味期限が気になります(焦)しょうぶ園とその周辺の散策から・・・「ハクモクレン」 ・ 「エナガ」いつものことですが、あっと言う間の出来事早々に飛び去ります。もう少し長居をしてほしいものです。「ロウバイ」 ・ 「ジョウビタキ」このジョウビタキはとてもフレンドリーです。前回から比べるとチョット痩せたかな「ロウバイ」 ・ 「シメ」もう少し左に止まってくれると良...

  19. こだわっては見たものの - 野山の住認たちⅡ

    こだわっては見たものの

    今季はアビ科の海鳥三種のうち、「アビ」 と 「シロエリオオハム」 を見ることが出来ました。こうなると、こだわり(欲)が出て、残りの一種 「オオハム」 を見たくて・・・確率的に高い(他の方の実績のある)、相模湾側の斉田浜と長井漁港とその周辺を都合4回、探索して見ましたが・・・― 2月2日 ―確認できず。手持無沙汰、行く先々での富士山です。斉田浜より長井漁港より初声 黒崎の鼻よりこの日、イカルチ...

  20. イソヒヨ嬢との再会 - 野山の住認たちⅡ

    イソヒヨ嬢との再会

    この冬の在庫からイソヒヨドリです。先日撮った、「イソヒヨドリ」の♀約一年ぶり、思いがけない再会になりました!!去年より、心なしか綺麗になったような ♪ ♪ ♪(16年12月8日 撮影)上の写真、よく見ると右脚が見当たりません・・・と言うことは、場所も同じ博物館の裏の磯で昨年の一月に会った娘に間違いないでしょう。(16年1月7日 撮影)あの時は、これから生きてゆくのに脚のハンディ、心配でしたが...

1 - 20 / 総件数:54 件

似ているタグ