市電のタグまとめ (9件)

市電のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには市電に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 心に残る風景と、、!

ちょっと色が薄いな~

by 鯵庵の京都事情

「3条のレールは交わらない」に続く三条通りと言うのは今、不思議な通りだと言える蹴上から京阪三条までは京阪京津線が通っていた、路面電車のタイプだった今は、地下鉄東西線となっている三条大橋から堀川通りまでの三条通りは人通りが絶えない街並みが続く明治の頃には一番の繁華街であった、今も明治の香りを残している過去には祇園祭の山や鉾の巡行も行われた堀川通りから千本通りまでは市内一の商店街である京都人の暮...

by 札幌日和下駄

小樽に下車したときでございました。十二月のさなかなので町はすっかり雪、この雪のことも、くわしくおしらせしたいのですが、三尺も四尺も雪がつもったら歩けはしまいとおっしゃいましたけれど、立派に歩けますのですよ。しかも下駄ばきで歩けるのでございます。そのかわり、雪がすっかりふみかためられて鏡の面のように硬くなっておりますので、氷の上を歩くと同じなのでございます。はじめて小樽の街でその雪道に出ました...

by 札幌日和下駄

札幌市では23日午後11時現在の積雪が96センチとなり、12月としては1966年以来の大雪になった。千歳市の新千歳空港では23日夜までに284便が欠航し、過去に例のない6000人が空港内に足止めされ、JR北海道でも特急など計478本が運休して約5万人近くに影響した。利用客らは「もううんざり」という表情を浮かべた。毎日新聞(2016年12月24日)札幌は雪のクリスマスイブの朝を迎えた。もちろん...

by 鯵庵の京都事情

日本で使用されてきたレール幅には狭軌と標準軌がある鉄道は明治の文明開化の時に入って来たものだからサイズが日本式ではない困ったことにメートル法でもなくフィートである機関車を輸入しなければならず、当時の国鉄が採用したのが狭軌だったそれからずっと日本全国の国有鉄道(JR)線の線路幅であるそれが3フィート6インチ(1067㎜)だったそれと違う4フィート8.5インチ(1435㎜)も世界に普及していた京...

昨日は朝から雪が降り続け大変なことになりました。おかげで朝から雪かき4回もして疲れました(^^;なので、にんにくたっぷりの焼き餃子でエネルギー補給♪<札幌がドカ雪で市電が終日運休>65センチの降雪で頼みの「ササラ電車」も動けなくなるほど!結局、市電は10日は終日運休。こんなの初めてです。昨日ほどではないけれど、今日も朝から吹雪模様(>_

by 札幌日和下駄

暁方(あけがた)の三時からゆるい陣痛が起り出して不安が家中に拡(ひろ)がったのは今から思うと七年前の事だ。それは吹雪も吹雪、北海道ですら、滅多にはないひどい吹雪の日だった。市街を離れた川沿いの一つ家はけし飛ぶ程揺れ動いて、窓硝子に吹きつけられた粉雪は、さらぬだに綿雲に閉じられた陽の光を二重に遮って、夜の暗さがいつまでも部屋から退(ど)かなかった。「小さき者へ」有島武郎(1918年)札幌や北海...

by 鯵庵の京都事情

市内から嵐山までもちろん市バスもあるが京福電鉄も便利である四条大宮・西院あたりから乗る人が多い帷子の辻(かたびらのつじ)からは妙心寺・仁和寺・竜安寺や金閣寺方面へもいけるスルット関西なども使えるので便利である観光シーズンなどには二両編成になるが、それぞれに乗務員がいる乗降りで市バスが嫌になっている市民にとってはそれだけでもストレスが少ない今は嵐電(らんでん)という名をPRしている三条通りの一...

by 札幌日和下駄

札幌の町に吹雪が襲来し、小学校ではいそいで学堂を下校させたが、中に一人行方不明になった子があった。吹雪がやんでから手分けして探したところ、その子は雪の下でランドセルを枕にし、外套をかけて寝ていたので助かったという新聞記事を読んだのは、何年前のことだったろうか。その記事を読む私の耳には、ひゅうっと空気を切るすさまじい風の音がきこえ、湯けむりのようにもうもうと視界をさえぎる雪の渦巻が見えた。「ふ...

似ているタグ