希望のタグまとめ

希望」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには希望に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「希望」タグの記事(15)

  1. 主導権(自分の責任) - 三沢らっぷ

    主導権(自分の責任)

    自分のこれまでの半生を振り返ってみて、足りなかったと気付いたこと。 自分の人生を「主導権」をシッカリ握って生きる事。 主導権のない生き方なんて、オールの無い舟に乗って流されるままも同然。主導権を持たず、いつも人を頼り、見よう見まねして、他人の目を気にして、それでいていつも人のせいにして生きてきた。 幼少の頃からずっとそうだった。何をするにもお手本がなければ何もできず、いつも友達の真似をしてた...

  2. へこんだ時は - A primrose by the river’s brim

    へこんだ時は

    へこんだ時は、昔の写真を見る。その時 着ていた服や髪型誰と一緒にいて何を食べていたか写真は教えてくれる。時間は継続しているはずなのにカオス理論の蝶の羽ばたきのように今のわたしとは別人のわたしがそこには現れる。・・食べるものが変わるとまわりにいる人が変わる。まわりにいる人が変わると着る服やしぐさが変わる。着る服やしぐさが変わると見える景色が変わる。見える景色が変わると意識や考え方が変わる。・・...

  3. 仕方なく - mintoの毎日

    仕方なく

    日常を過ごしてるなーんにも思いが無い手首の痛み = パッチワークキルトが出来ない読書 = 物が二重に見える(筋力低下)食 = 制限外出 = 30分迄(通院の往復 目的地のみ)困ったもんですお天気は 晴れマーク でも曇ってる時間の方が長いです今日のアサガオききょう3個目まゆみ の 木 大きくなって来ました20cmになりました~ワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワクおおきくな~れ低木かな?花が咲...

  4. 1歩歩き出した日 - 空色のココロ~小さな幸せを探して~

    1歩歩き出した日

    昨日は夕方パートの面接に行った。こんな風に面接に出かけるのはいつ振りだろう。ずっと家で出来る仕事をしていた。人間関係が合わなかったり、体を壊して辞めたので外で働くのが怖かったのだ。クー達がずっとお留守番も可哀想だし・・・でも、心のどこかで今のままじゃダメだって気付いていた。今はまだ外で元気に働けるはず。自分で自由に使えるお金ももちろん欲しかった。昨日は不思議と緊張しなかった。いつもは何回も書...

  5. 気持ちをすっと穏やかにして | Michael Franks - Time Together - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    気持ちをすっと穏やかにして | Michael Fra...

    気持ちをすっと穏やかにしてくれる、そんな音楽を見つけました。マイケル・フランクスの「タイム・トゥギャザー」を最近よく聞いています。2011年に発表されたアルバムとのこと。どこかのインターネットラジオで、ふと耳にとまる音、プレイリストをみるとMichael Franksとあります。なんだか懐かしい名前だなと思い調べると、72歳の今も現役のようです。ラジオでよく耳にしていたのは70年代の終わりご...

  6. プログラマーは40歳からでも活躍できる - 40歳からだって遅くない!

    プログラマーは40歳からでも活躍できる

    好きな仕事に最初から携わることができる人は少ない世の中です。多くの人は希望する仕事とは違う職種で頑張ることになっていたり、希望する仕事ができるはずの職場で、希望とは違う仕事をせざるを得ない人もいます。また大きな希望や目標がないまま仕事をしていて、そこから自分がしたい仕事を見つける人もいます。ですが仕事を変える、または新しい仕事に挑戦することは勇気が必要になってきます。今では多くの職場でパソコ...

  7. 藤田八束の鉄道写真@日本で出世する方法、アメリカで出世する方法・・・大企業で、中小企業で、そして起業家として成功する方法 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@日本で出世する方法、アメリカで出世...

    藤田八束の鉄道写真@日本で出世する方法、アメリカで出世する方法・・・大企業で、中小企業で、そして起業家として成功する方法大企業で出世するにはまずは一流といわれる大学を優秀な成績で卒業すること。これに尽きる。そして、入社したら率先して提案したり、積極的に仕事に取り組まない。言われたことを確実にやってのける。これに限る。先ずやってはいけないことは言われてもいないことをやって失敗すること。これは最...

  8. 名誉の傷 - A primrose by the river’s brim

    名誉の傷

    傷つくのが怖かった・だから傷つかないようぶつからないよう回り道して 逃げてきた見たくないものには目をつむり聞きたくない声には耳を塞いで・・今でも傷つくのはやっぱり怖いけれど、傷ついても 転んでも立ち上がって進む強さを 少しは学んだそれを人は「年の功」というのかもしれないけれど・傷つかないなんてことはない泣かない夜も少なくないそれでも、傷つくほどに輝きを増すダイヤモンドにいつかきっとなれると信...

  9. 一歩の先へ - A primrose by the river’s brim

    一歩の先へ

    人生にゴールはないゴールインしたと思ったらそこからまた 新しい一歩が始まる幸せではないかもしれない快適ではないかもしれないそれでも なお計り知れない可能性に希望を見たいと わたしは願う

  10. そろそろゾロゾロ - 月夜飛行船

    そろそろゾロゾロ

    世のため人のためになりたいと 政治の世界に入る人は少なくないと思うけれど 常に自分の足元を確認し続けていない限り 人や組織のしがらみに絡め取られ そのうち最初の理想も忘れ果て 余のため日々のノルマのために働く歯車の一つになり果てる 居心地の良い腐敗の沼にどっぷり浸かっていれば そこがどれだけ腐って異臭を放っていようと気にもならず 自覚もない あっても共に無視できる仲間と環境が整ってい...

  11. 大天使ガブリエルのノート⑱希望について - アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

    大天使ガブリエルのノート⑱希望について

    「希望について」希望についてお話しします。この美しく純粋なエネルギーは集めるととても大きなパワーを持ちます。このエネルギーの本来持っている力に注目してみましょう。次のように考えてみてください。ちょうど真ん中においしそうなリンゴがあるとします。そのまわりにはそれがほしいと思っている人たちがいます。このときリンゴはただのリンゴですが、このリンゴの延長線上にある可能性を見てみてください。どんな姿が...

  12. なんとなく遠のいていた感覚を | 九州北部の雨の日々を想って - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    なんとなく遠のいていた感覚を | 九州北部の雨の日々を想って

    なんとなく遠のいていた感覚を、再び思い出させる日々でした。アルヴォ・ペルトの「スターバト・マーテル」が遠くから聞こえてくるような気がしました。Arvo Pärt - Stabat Mater for Choir and String Orchestra九州北部では想像ができないほどの雨が降ったようです。新聞やテレビには凝視できないようなイメージが映し出されていました。設計事務所に勤務していた...

  13. 星の下に - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    星の下に

    夜の空を見たまえ。晴れていると星星が見える。それは何を語っているのだろう。静寂の中で僕たちを星星は見つめ返している。そうして僕たちはいうのだ。何も悪いことはしていませんと。それどころか僕たちは星に希望を見出すと叫ぶ。苦役な労働の中、苦渋に満ちた人生の道行の途中で僕たちは立ち止まって考える。星の下は煉獄だ。紛糾が飛び交い。罵声が飛び交う。誰が誰を咎められよう。20世紀は戦争の時代だとテレビのド...

  14. 静かな雨の朝、庭先の薄桃色の光に | 庭先の捩花をみながら - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    静かな雨の朝、庭先の薄桃色の光に | 庭先の捩花をみながら

    静かな雨の朝、庭先の薄桃色の光に気持ちがとまります。7月のはじまり、小雨まじりの庭先に、静かに、凛々しく薄桃色の花が咲いています。捩摺草(モジズリグサ)。またの名は捩花(ネジバナ)、 夏の季語だそうです。捩花よほのかに咲初む庭の露どこか知らないところからやってきて、まわりの草をかきわけて顔をだし、花をつけています。派手ではないし、気をつけて見なければ気が付かないような、そんな小さな命だけど、...

  15. 日常と風景のなかに、新しい視界をひらく場所 | @横須賀美術館 - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    日常と風景のなかに、新しい視界をひらく場所 | @横須...

    日常と風景のなかに、新しい視界をひらく場所としての美術館。午後の遅い時間に横須賀美術館を訪れ、デンマーク・デザイン展を観る。人もまばらな夕方近くの美術館は、とても穏やかでゆったりしている。しばらくぶりにこの美術館に来てみて、改めてこの建築の魅力に納得する。この美術館ができて10周年とのこと。細かくは観察してはいないけれど、大きく見れば目立つ痛みもないようだし、海風に直にさらされる厳しい環境の...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ