平泉のタグまとめ

平泉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには平泉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「平泉」タグの記事(19)

  1. 平泉の風景 毛越寺曲水の宴 終宴~退座 編 (#曲水の宴 #毛越寺 #平泉) - 三友写真部

    平泉の風景 毛越寺曲水の宴 終宴~退座 編 (#曲水の...

     曲水の宴も披講が終わり、終宴の辞が述べられます。 退座は、十二単から始まります。 講師歌人は、十二単の退座後に退座します。 履物をはき、舟に向かいます。 大泉ヶ池を渡り、本堂境内に上がります。 歌人たちも、戻ってきました。 本堂境内では、記念撮影があります。 左の方が 近衛忠大氏 右の方が 久邇朝俊氏です。 本堂にたどり着いたら、平泉のキャラクター「ケロ平」と撮影している方に相乗りしました...

  2. みずのいろ - memory

    みずのいろ

    達谷西光寺 辯天堂(弁天堂)白山池おまけ

  3. 摂理 - memory

    摂理

    達谷西光寺不動堂また藁葺屋根に展開する自然の摂理とかいうものを撮ってしまった・・・

  4. 磨崖仏 - memory

    磨崖仏

    達谷窟毘沙門堂の奥にある磨崖仏(岩面大佛)「岩大日」の記録から大日如来とする説もあるが、別当達谷西光寺では阿弥陀仏の名号を唱えており、戦死者追悼(前九年後三年の役の全ての戦死者)の意味からもこの仏を阿弥陀如来とするのが正しいとしている。(古い石碑に阿弥陀の種字の梵字「キリク」が刻まれているのも証左。)この毘沙門堂の磨崖仏は「北限」らしい。1896年(明治29年)、地震により胸から下が崩落した...

  5. 平泉の風景 毛越寺曲水の宴 披講 編 (#平泉 #毛越寺 #曲水の宴) - 三友写真部

    平泉の風景 毛越寺曲水の宴 披講 編 (#平泉 #毛越...

     歌を詠み御酒を飲み終えますと、童子が短冊を集めます。 遣水の手前側を集めます。 橋の中央で、向こう側の童子に引き渡します。 そして、向かい側を集めて行きます。 集め終わり、主催僧へ引き渡します。 再び流觴曲水・一觴一詠・御酒拝戴を繰り返し、二首を詠み終えますと、披講に入ります。 左の方が 近衛忠大氏 右の方が 久邇朝俊氏 であります。 歌が披露される方は、お立ちになります。 中村茉莉子氏の...

  6. 平泉の風景 毛越寺曲水の宴 一觴一詠 編 (#平泉 #毛越寺 #曲水の宴) - 三友写真部

    平泉の風景 毛越寺曲水の宴 一觴一詠 編 (#平泉 #...

     若女の舞が終わると、流觴曲水(りゅうしょうごくすい)へと進みます。 十二単から受け渡された羽觴(うしょう)を、童子が遣水(やりみず)に流します。 一觴一詠 羽觴の流れにあわせて、歌を詠みはじめます。 それを、短冊にしたためます。 御酒拝戴 歌を詠み終えると、童子が運んでくる羽觴より盃をとり御酒を飲みます。 飲み干した盃に、食台からなにか入れて返却しています。  再び遣水に返された羽觴を、下...

  7. 平泉の風景 毛越寺曲水の宴 歌題披露~若女の舞編 (#平泉 #毛越寺 #曲水の宴) - 三友写真部

    平泉の風景 毛越寺曲水の宴 歌題披露~若女の舞編 (#...

     装束説明が終わると、開宴の辞が主催僧により宣言されます。 引き続き、『天』の歌題が披露されます。 歌題には天候も温暖で天変地異もなく天の恵みで作物が豊作で、全世界が平和で平等に幸福に暮らせる日が一日も早く訪れてほしいという願いが込められているそうです。 引き続き、東京・小野雅楽会による催馬楽奉奏(さいばらほうそう)が始まりました。 この楽にあわせて、若女が舞います。 踊りの続く間も、十二単...

  8. 平泉の風景 毛越寺曲水の宴 装束説明編 (#平泉 #毛越寺 #曲水の宴) - 三友写真部

    平泉の風景 毛越寺曲水の宴 装束説明編 (#平泉 #毛...

     毎年5月第4日曜日は、毛越寺曲水の宴が行われています。 勝手のわからぬ初めての見学ですので、粗筋を追いかけてみようと思います。 相変わらず遅れ気味の出だしで本堂参拝には間に合わず、対岸へ向かう直前に到着しました。  ホストの僧と講師、そして十二単と童子が大泉ヶ池を渡ります。 次に歌人が3名づつ二艘に分乗して、対岸に到着しました。 遣水の有る会場へ、まずは楽人(東京・小野雅楽会)が入場します...

  9. 征夷将軍の通り道 - memory

    征夷将軍の通り道

    毛越寺の近く、達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)別当(管理)は達谷西光寺寺院ではあるが、神仏習合のなごりとして鳥居がある。毘沙門堂は窟(いわや)に押し込まれるように建てられている。清水寺(京都)の舞台と同じ懸崖造り。寺の縁起として二代目征夷将軍坂上田村麻呂(初代は奈良末期の大伴弟麻呂)との戦が語られる。征夷将軍とは蝦夷を討伐する意味で太平洋側を北上する軍を率いた。日本海側を進む...

  10. 夢の跡 - memory

    夢の跡

    毛越寺 嘉祥寺・講堂跡度重なる火事と兵火で荒廃してしまった。現在は礎石を残すのみ。本来の毛越寺は、浄土庭園の南側に南大門(跡)があり、その軸線上北側に池をはさんで金堂円隆寺(跡)、左右に講堂(跡)、嘉祥寺(跡)、経楼(跡)、鐘楼(跡)、常行堂、法華堂(跡)・・・等が並ぶ。当時は中尊寺をしのぐ規模だったらしい。(「堂塔四十余宇、禅房五百余宇」「吾朝無双」 / 吾妻鏡)(Wikipedia)明治...

  11. テツガク - memory

    テツガク

    毛越寺 開山堂前の松・・・ぐるぐる???

  12. 毛越寺本堂 - memory

    毛越寺本堂

    火事で失われた寺があり規模はだいぶ縮小してしまったが毛越寺の方が中尊寺よりコンパクトにまとまっているように思う。その印象は浄土庭園を囲んで寺が配置されている事にもよるのだろうか。本尊 薬師如来(平安時代作)、脇士 日光菩薩・月光菩薩本堂

  13. 極楽浄土を希求する - memory

    極楽浄土を希求する

    毛越寺 常行堂(じょうぎょうどう)本尊 宝冠阿弥陀如来、脇士 四菩薩、奥殿 摩多羅神

  14. 天国の浜辺 - memory

    天国の浜辺

    天台宗 別格本山 毛越寺(もうつうじ)浄土庭園の洲浜この庭園を造った人たちは、浄土にも浜辺があると想像したのだろうか・・・英語の説明文では洲浜の事を " Beach " と表記していたので何だろう、、、想像が一気にプーケット島あたりのビーチで仏さんが、、、いや何でもないデス。築山海岸に迫る岩山を表現出島と池中立石(ちちゅうたていし)荒磯の風情を表現中島と池の周り昔の地図を見ると、この向こうに...

  15. 新緑 - memory

    新緑

    旧覆堂かんざん亭モミ天然記念物目通周 約5.10m、目通径 約1.60m、樹高 約20m推定樹齢 350~400年弁財天堂弁慶堂階段状の樹の根

  16. 大日堂 - memory

    大日堂

    関山 中尊寺 大日堂大日如来中尊寺の御堂は金色堂(撮影禁止)を除いて、質素なイメージがある。彫刻された仏の姿に好き嫌いを言うのは不遜に違いないが、この大日如来は感覚にフィットする。

  17. 祈ること - memory

    祈ること

    関山 中尊寺 峯薬師堂薬師如来坐像、日光菩薩、月光菩薩狛犬、ではなく蝦蟇。最近、説明文を撮っておく事が増えた・・・(撮ってそのまま、編集無し;;)薬師如来に祈るものは、勿論、病気平癒だったりするが目病みの回復がピンポイントで多いように思う。孫引き&ざっくりした部分引用で申し訳ないが、毎日新聞2010年12月8日の「余録」から。江戸時代に日本へ来た西洋の医師たちが日本人の眼病の多さに驚いた、ら...

  18. 中尊寺本堂 - memory

    中尊寺本堂

    関山 中尊寺本堂金色堂は別格ではあるものの、寺として最も重要なのは本堂本尊釈迦如来坐像もう6年、まだ6年・・・

  19. 武蔵坊弁慶 - memory

    武蔵坊弁慶

    関山 中尊寺、弁慶堂 (平泉)武蔵坊弁慶が実在の人物かどうかは分からない。個人としては架空だが、何らかの叡山の僧兵に関連した人物あるいはグループが源義経に加担した可能性はある。平清盛は叡山や南都焼打など旧来の宗教勢力とは対立があったので、平家滅亡には種々の感情があった、、、、か?園城寺または叡山の僧、常陸坊海尊であればいくつかの古い物語(源平盛衰記、義経記、平家物語)で言及されているが弁慶は...

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ