庭園のタグまとめ

庭園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには庭園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「庭園」タグの記事(32)

  1. 富山散歩~県東部384~内山邸で観桜 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部384~内山邸で観桜

    豪農の館「内山邸」"豪農"という字からは、スゴイ農家ということになるが・・・・江戸時代における大庄屋の内山家は、この地域の警察、税務署も兼ねた領主の様な存在であったらしい。そして季節の花を求めて年に3~4回は訪れるここは、今回は桜を・・・樹齢は分からないが、染井吉野の大木そして庭には、素晴らしい紅枝垂桜この紅枝垂桜の楽しみ方は・・・・邸内の茶室から眺めるのも、なかなかイイ夜に再び訪れた、内山...

  2. 松林桂月「春宵花影」 - PARADISE SEARCHER

    松林桂月「春宵花影」

     桜は徐々に散りはじめ、花見のピークは終わったようですが、東京国立近代美術館の常設は、春爛漫。近現代南画家の雄=松林桂月の「春宵花影」は、水墨で月明かりに浮かび上がる夜桜を描ききった、すごい作品。これを見に行くだけでも、満足を得られるくらい、好きな絵です。他にも菊池芳文の吉野の櫻を描いた屏風や、川合玉堂の花吹雪など、花見に行けなかった方、美術館での花見はいかがでしょうか?

  3. サクラ - ドットのちいさなおうち♪ 東京の片隅から since Autumn 2014

    サクラ

    雨上がりの薄曇りの中ある企業さんの庭園の無料開放広大な敷地の中に気持ちのいい風景揺れる木々 キレイな湧水 白鳥がゆったりと浮かぶ大池凜とした竹林やっと咲き始めた薄ピンク色の桜満開にはまだまだ早かったけど春のにおいを思いっきり楽しみました*花粉症 今年はだいぶ楽ですにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村

  4. 京都御所参観9 - 写楽彩

    京都御所参観9

    御池庭欅橋

  5. 東京国立博物館庭園へ - 暮らしを紡ぐ

    東京国立博物館庭園へ

    3月28日東京上野の国立博物館の庭園が春と秋の2回庭園が開放されていると知りお花見を兼ねて行ってきました。国立博物館の建物をバッグにしても見劣りしない美しい江戸彼岸枝垂れ桜まだ咲き始めなので花の色は濃いピンク色で青空に映えてとても綺麗。前日27日の真冬のような気温から今日は少し肌寒さは少し残るものの当日の暖かさで少しずつ蕾もほころぶかしら。。。白壁をバックに咲く桜は多分「大島桜」でしょう。庭...

  6. 仙洞御所参観 仙洞御所の庭編 - たんぶーらんの戯言

    仙洞御所参観 仙洞御所の庭編

    仙洞御所とは、退位した天皇(上皇、法王)のための御所。現在の仙洞御所は、京都御苑内の京都御所の南東に位置していますが、これは1627年(寛永4年)に後水尾上皇のために造営されたもの。東部には広い池を中心に庭園が広がっています。始め小堀遠州によって築庭されたが、のちに後水尾上皇の意向により大きく改造されています。季節的には、庭園は冬はちょっと寂しいので、春・秋にもう一度訪れてみたいものです。

  7. 龍潭寺を訪ねて - 一瞬をみつめて

    龍潭寺を訪ねて

    築山と植え込みと池季節ごとに緑溢れたり、さつきが彩る小堀遠州作の禅寺の庭は今は、枯れた佇まいしみじみとした風情です^^ここ龍潭寺は、井伊直虎のゆかりの寺井伊家の菩提寺ですご神木の「なぎの木」幼い虎松(万千代、後の直正)の無事成長を願って直虎が、植えた木です龍潭寺のある井伊谷(いいのや)古くは「井の国」と言われてて水にまつわる伝説もお寺に近い田んぼの中に「共保出生の井戸」平安時代に井伊家の祖・...

  8. 鈴鹿の森庭園へ - 「古都」大津 湖国から

    鈴鹿の森庭園へ

    連休初日は枝垂れ梅で有名な鈴鹿の森庭園へ行って来ましたここは日本の匠の歴史と技術が受け継がれたしだれ梅の名木が約200本もあり技術の存続と普及を目的として枝垂れ梅の研究栽培をされてる農園だとか。。。陽を浴びた枝垂れ梅に魅了されました犬同伴も出来る庭園だけに可愛いワンチャンにも出会いました♪でも残念なことに来年からは禁止になるようです初めての庭園で枝垂れ梅をどう切り取っていいやら^^;主人はず...

  9. 春のナイマンズ散歩 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    春のナイマンズ散歩

    先週末、曇天で風が強くて天気はイマイチでしたが、とにかく運動せねば!と言うことで、ナショナルトラストの「Nymans ナイマンズ庭園」にちょっくら行って来ました。今年は植物の成長がとても早く、例年は4、5月に咲く植物でも、既に多くが花開いています。近所の木蓮が満開なので、きっとナイマンズの木蓮も、今頃咲き始めているだろうと気付いたからなのもあります。天気は今一どころか、時折霧雨が降っていまし...

  10. 京都御所 春2(Kyoto Imperial Palac) - ギャラリー同仁斎      Gallery  Dojinsai

    京都御所 春2(Kyoto Imperial Palac)

    おいけにわ御池庭入口おいけにわ・けやきばし御池庭・欅橋この右奥に御舟宿(和舟の格納庫)がある御池庭豊臣秀吉の五奉行のひとり、前田玄以の作庭と伝わる御池庭舟着・欅橋ごないてい・どばし御内庭・土橋右端に献上品の朽木灯籠が見える。あちらこちらに灯籠が点在し清水焼の灯籠(三代清水六兵衛作)もあるという御内庭・土橋橋を渡ると茶室錦台(きんたい)がある                          ...

  11. 旧藤田邸 庭園 - シセンのカナタ

    旧藤田邸 庭園

    藤田邸(界隈のうち?)で撮影桃の赤って印象的です。飽和しなくてよかった。退院してちょっと人生観変わったみたいな…たいしたことではないけどまあ、命あっての何とかですよ。

  12. 朝日に輝いて・・・・・・! - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    朝日に輝いて・・・・・・!

    (P)こんにちは  パテオナベです。今日は春らしい早朝を迎え庭に咲く花が朝日に輝いています。美しい花に言葉は必要なし。内装リフォームも「シンプル」で優しい工事を心かけてお届けしたい・・・・。  *リフォーム事例写真にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキング 春先の影は柔らかく優しい・・・・・・!   *「足立区リフォーム館」 ← HP   *直メールでのお問い合わせはポチット応援クリッ...

  13. 吉城園 001 - 感動模写Ⅱ

    吉城園 001

    奈良の名庭 吉城園(よしきえん)「興福寺古絵図」によると江戸時代までは同寺の子院の摩尼珠院があったところとされています。大正8年に現在の建物と庭園が作られました。 園内は池の庭、苔の庭、茶花の庭からなり、苔の庭には離れ茶室があります。(奈良県H.P.より抜粋) 奈良市登大路町 「吉城園」

  14. 静かに過ごす午後 - まほろば日記

    静かに過ごす午後

    穏やかに晴れた3月11日、予約を入れていた場所でしばし静かなひと時を過ごしました。お庭を眺めるテーブルでわたしはスパークリングを。オットさまははロゼのノンアルコールSWチキンのパテバルサミコソース好みで選べる温められたパングリーンピースのスープこちら、とても優しい味わい。優しい春の香りと口当たりに癒されました♡サーモンのカダイフ巻きかぼちゃのピュレ苺づくしのデザート苺のムース苺のソルベ最後に...

  15. 浜離宮恩賜庭園 - 年年歳歳写真と共に

    浜離宮恩賜庭園

     有名な庭園も目の付け所を変えると定番の場所の他のいろいろな景色、ものが見えてくる。    FUJIFILM X-Pro2 FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR    FUJIFILM X-Pro2 FUJINON XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

  16. 騒音対策費って? - 音作衛門道楽日記

    騒音対策費って?

    森友学園、大騒動の土地 大阪の豊中市に住んでいるんだがねそれでも森友事件にはびっくりしたよあんなところに、小学校を建てるなんて狂気の沙汰よこの朱雀の森の近くの小学校は里山の一角に水田で稲を植えているのだどんぐりの林も作ってる教育効果はずいぶん違うと思うよ森友の防音工事助成金って、すごい額だったこんな国家予算の申請って、さあそこは昔から空港被害が出ているところで防音なんて気休めさ教師の騒音難聴...

  17. 二条城二の丸庭園 - たんぶーらんの戯言

    二条城二の丸庭園

    現在の二の丸庭園は、小堀遠州が作庭したという江戸時代はじめの姿をそのまま残しているとは言えませんが、それでも、他の京都の回遊式庭園ではなかなか見ることができない、力強い石組みなど「武家の庭」らしい姿を今に留めてくれています。結構複雑な造りになっていますね。一つの庭園ではなく、いくつかの庭園で構成されている「庭園群」としてとらえるべきかもしれませんね。

  18. 城南宮・楽水苑 - たんぶーらんの戯言

    城南宮・楽水苑

    伏見の地下水を引き入れた,、水の豊かなすがすがしい「楽水苑」。春の山・平安の庭・室町の庭・桃山の庭・城南離宮の庭と趣の異なる5つの庭からなっていますが、苑内には『源氏物語』に登場するほとんど全ての植物(100余種)が植栽され、草木を通して平安の雅、自然を慈しむ日本の心に触れることが出きます。

  19. 新宿御苑でお花見と、地元で梅まつり - 子猫の迷い道Ⅱ

    新宿御苑でお花見と、地元で梅まつり

    ・ 新宿御苑でお花見 ・ 昨日は新宿御苑にお友達と誘い合って、お花見に行ってきました。カンザクラが見事でしたが、花びらが散り始めていました。池の水面近くまで枝垂れているシュゼンジカンザクラは優美でした。ハクモクレンが咲きだしました。真っ白い椿も綺麗です。  温室が初めてのお友達もいたので、見て回りました。入り口を入るとすぐのところに背丈が高く大きなピンク色の蘭の花が置いてありました。名札(S...

  20. GHT散歩④ 椿山荘 - ゲストハウス東京かぐらざか

    GHT散歩④ 椿山荘

    江戸川橋にある椿山荘です。広大な庭園は一般に公開されてます。夏はみんなでホタル鑑賞に行きます。ゲストハウスから徒歩10分。

1 - 20 / 総件数:32 件

似ているタグ