心模様のタグまとめ

心模様」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには心模様に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「心模様」タグの記事(27)

  1. タイムマシン - 心の万華鏡  

    タイムマシン

    みんな自分の中にタイムマシンを持っているこれは今朝、yokomokoさんと話した中でのyokomokoさんの言葉そうなのだ年齢を重ねてきたけれど心の中は そう変わらないのだ精神は変わらないその容れ物が古くなったのだ私が若いころ詰め所で先輩が話していたちょうど50代から60代の人たちだったカルテに処置内容を書き込みながら先輩方の話を聞いていた私は50代 60代になったらその年齢の考え方や人格が...

  2. 忘れられない人 - 心の万華鏡  

    忘れられない人

    「忘れられない人」イマジカで観ましたネタバレあります ご注意主演は、クリスチャン・スレーターとマリサ・トメイあらすじはウェイトレスのキャロラインは恋愛運に恵まれず、いつも中途半端な恋に終わってしまう。ある日の夜、暴漢に襲われかけたところを、同じ店で働く寡黙な青年アダムに助けられる。彼は孤児院育ちで心臓病を患っており、周囲の人とほとんど会話を交わすことがなかった。しかしアダムは以前からキャロラ...

  3. 6;38  仕事だ! - 心の万華鏡  

    6;38 仕事だ!

    夏の早朝コンクリートジャングルに熱気が充満する昼とは違って冷たく澄んだ風が心地よい垂直の街の夏の朝の煌めきを 私は愛している阪神と阪急の間スカイビルの影が好き私は仕事お兄さんも仕事今までどれだけ高いところから見下ろしたのだろうか気持ちいいだろうなあ私の知り合いにビルの窓磨きに応募した女性がいた彼女は高いところが好き面接で 事務員ではと提案されたけどビルの窓を磨きたいと女性にはやらせませんでは...

  4. 40回目の・・・・・・ - 心の万華鏡  

    40回目の・・・・・・

    7月11日 海の仕事?の日同僚が言うことにはもう38回目やわ何が?私的梅雨明け宣言眩しい光が降ってくるから もう梅雨明けやって私は盛んに言っていたそして今日40回目の私的梅雨明け宣言な?太郎はん

  5. 美しくて 楽しくて 美味しくて 嬉しくて - 心の万華鏡  

    美しくて 楽しくて 美味しくて 嬉しくて

    大雨警報迄出た午後、皆さんのところはいかがでした?沿線の電車が止まって大阪駅の混雑はかなりのものでした。被害の大きいところもあります。これ以上の雨は、もう、要らないですね。今夜、雨が上がった後、私は駅から歩いて家まで帰りました。雨上がりの空気はひんやりして、心地よく、私はiPodで好きな音楽を聴きながら歩きました。通りの家々の灯りが洩れて、ヒマラヤスギの枝の先の雫がエメラルド色にキラキラと輝...

  6. もみじのぽっ - 心の万華鏡  

    もみじのぽっ

    空を飛びたいな雲の上まで行きたいなあの高みから 見下ろして飛んでみたいな冷たい心も哀しい思いもみんな みんな忘れてあの高みへ行きたいな

  7. 🎵わかっちゃいるけど - 心の万華鏡  

    🎵わかっちゃいるけど

    🎵 わかっちゃいるけど やめられないっ    すいすいすーだら  すらすらすいすいって歌があったけど雨降りのマクロ傘をさして 片手でカメラ操作 当然ぶれるぶれる両手で持っていてもぶれるのに 私の腕前で 片手撮り 恐ろしい話ですわかっちゃいるけど 以下 失敗作です私のブログは落書き帳 だから こういうのも貼っとくのです7/4は雨がたくさん降りました帰宅しても小雨なりにも止む気配...

  8. 没頭する人 - 心の万華鏡  

    没頭する人

    僕の世界魔法の窓を手に入れた現在人どこにいっても スマホを見ない日はないスマホを手にした人と、自分の端末をという意味の両方で。私も写ってます 私も没頭中だった^^:

  9. 今日の職場 - 心の万華鏡  

    今日の職場

    Facebookで、よく使った手 ^_^;今日の職場2件目に向かう途中トトロみたいな木車窓より iPadで暇やなあ〜仕事は忙しかったです

  10. また一から - 心の万華鏡  

    また一から

    ちょっとピンが甘いけど (私には 超合わせにくいレンズで)また 一から始めようまた 頑張ってみよう いや 頑張るって安易に言うのは嫌いだまた 楽しんで撮ってみよう元気な私になれそうな気がしているからまた カメラを持ち出そうその前にさ レンズを手に入れよう 笑

  11. やっと見つけた - 心の万華鏡  

    やっと見つけた

     34才と言う若さで 夭折した歌人 小野茂樹                 この鮮烈な歌に強く惹かれますやっと やっと みつけました名前も短歌も思い出せず喉の奥に引っかかったままの小野茂樹やっと見つけた嬉しさと言っても私のもう一個のブログに載ってたんだけどそれがどっちのブログだったかとんと忘れていた探し当てた今夜に乾杯

  12. 三角屋根のお家のことなんか - 心の万華鏡  

    三角屋根のお家のことなんか

    赤い屋根のおうちはこの前ブログに書きましたあれからどうなったのか気になっていたので 外出ついでにコンデジのTG-4を持って家の写真は全体にぼかしを入れていますその前に 私の好きなもう一軒のおうち三角屋根の灰色の家誰も住んではいないけれど 手入れだけはしている様子もう建ってずいぶんと経つだろうなあ大切なおうちなんだろうなこの雰囲気がとっても好き 三角屋根の下のお部屋は居心地がいいだろうと想像す...

  13.  あなたも辛いだろうけど - 心の万華鏡  

    あなたも辛いだろうけど

    帰宅途中ガレージのあるところを通りかかったら大きな声がした罵しるような 文句を言うような何があったのかなそう思いながら歩く私の前に怖い顔をした女の人が立ち現れた不機嫌な顔で私の横を足早に通り過ぎて行ったそれからすぐに 女の子と言っても もう中学生くらいの子が 困ったような 今にも泣き出しそうな顔で出てきた振り返って女の子を見送ったけれど 肩を落として しおしおと歩いていく彼女の背中が 彼女の...

  14. もうすぐ消える故郷 - 心の万華鏡  

    もうすぐ消える故郷

    私の故郷が見えるドライブインから見ると 一番奥の薄い山の影がそうだ山の形は変わらないのに 故郷はどんどん変わる廃村になると言うことはどう言うことなのか私の故郷に起きつつある変化にそれが見える予期していたとは言え 実際を目の前にすると悲しいとか寂しいとか言う感情はもう無いがその変化に唖然とすると言うか、なんと言えば良いのだろうか自然の持つ力 自然の持つ猛々しさ ううん なんと言おうあっけらかん...

  15. 山道通学 - 心の万華鏡  

    山道通学

    小学校は 分校へ行ったちいさな分校は たった二つの教室複式授業だった  低学年は複複式?1年生から3年生までが一つの教室4年生と5年生がもう一つ休み時間の遊びは ほとんど全校生徒参加だった 何せ人数の加減もあるんですよ 6年生になると 6キロくらい離れた本校通学が始まるもちろん1年生から 何かあるたびに本校まで歩いたが 毎日ではなかった6年生は毎日 雨も風も日照りも雪も関係のない 山道通学が...

  16. 庭石菖は夏と共に - 心の万華鏡  

    庭石菖は夏と共に

    庭石菖は今頃咲くのですねえYちゃんこれはアメリカの花よ 祖母が言ったことも思い出す私にとってはこれは夏の花田舎の道にツンツン ツンツン それはたくさん咲いた素足にこれが触れると こそばゆいような痒いような妙な感触でもこの花は それこそ道いっぱいに咲いているから 踏んで通らないと仕方がないもう夏休み 私はウキウキ夏休みは蚊取り線香の匂いと お盆の仏様 そしてラジオ体操 海は最高の楽しみ夏の友 ...

  17. タイトルは何が良い? - 心の万華鏡  

    タイトルは何が良い?

    多分空を背景に入れたと思う そういうことはすぐ忘れるのだ^^;霧の中で撮ったみたいな感じで好き私の独断と偏見だよ同じくこの前の万博のポピー思ったより雲が多かった 後になって日が差してきたけど それもすぐ雲に邪魔されると言うような具合これってお絵描きみたいじゃない?オレンジと黄色の絵の具 いやクレヨンかな小さい時 お気に入りの色ってなかった?花びらの傷んでいるのが散見される中で、この花はまっさ...

  18. PM5:50のワクワク - 心の万華鏡  

    PM5:50のワクワク

    朝から降った雨も夕方には何とかやんだ仕事が思ったより早く終わって 駅に着いたのは5;20くらいだったろうか家路を辿っていると水滴のついた葉っぱが見えたその向こうにはサクラソウ私の胸がコトンと鳴ったこのごろちょっと沈みがちだったけど もしかしたらワクワクできる?夕方が迫るけど とにかく帰ろうマクロを取りに帰ろうまさか仕事先にカメラは持っていけない雨上がりのチャンスなんて現役ではなかなか行き当た...

  19. 私の桜物語 - 心の万華鏡  

    私の桜物語

    桜も気がつくと終わりましたねみなさんの今年の桜はいかがでした?心に残る桜と巡り会えましたか花の季節は心がざわざわとしてくる坂口安吾が 「桜の森の満開の下」の傑作を書いたのは有名です彼の心にも満開の桜が妖しく揺れていたのでしょうか作家というものは、見かけがどうであれ心の中に狂気を抱いているものだと私は思っていますいや 私のことではありませんよ 笑 作家じゃないしって言わんでもわかってるよね 爆...

  20. 私のナース卵物語 - 心の万華鏡  

    私のナース卵物語

    ことの発端は 私のメル友が 質問してくれたことがきっかけ私の過去です 笑いやいや、そんな大げさなものではないのです。メル友さん ありがとうございます。そこから妄想 もとへ! 空想 ちがう!回想のスイッチが入ったのだ私たちは 総勢11人の学生 美人揃いゆえ?目立った、目立った 笑 (ただ人数が多かっただけだ だから目立った 煩かったのだ)実習先は泣く子も黙る 和歌山日本赤十字病院 通称日赤ここ...

1 - 20 / 総件数:27 件

似ているタグ