思いつきのタグまとめ

思いつき」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには思いつきに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「思いつき」タグの記事(16)

  1. 世界で最も優れた写真は - I shall be released

    世界で最も優れた写真は

    それは、「私が撮りたいと思っている写真」です。決して「私が撮った写真」ではありません。どうして、そんな大胆なことが言えるのか?その理由はとても簡単です。もし、私が撮りたいと願っている写真を誰かが撮っていてくれたのなら、私はもう撮る必要が無くなります。その人の写真をずっと眺めていればそれで自分は満足できるはずです。そうなると、もう私にはカメラは必要ありません。今持っているカメラを売り払って海外...

  2. 遊べるというのは健康な証拠 - I shall be released

    遊べるというのは健康な証拠

    私くらいの歳になって来ると、遊びに行くということがとても貴重になって来ます。特に夜出かけるためには、一日の仕事の疲れにも勝る元気がないと億劫になってしまいます。億劫ならまだしも、本当に体調が優れないと仕事が終わったら真直ぐ家に帰って休もう、というシグナルを自然に自分に発してしまいます。ですから、夜飲みに行けるということは少なくともその時は健康であるという証拠でもあるのです。何週間か前、ブログ...

  3. 旅に出たい - I shall be released

    旅に出たい

    旅に出たくなる。それは函館に連続して生活している期間が長くなると、まるで狂いかけたゼンマイ時計の調子を直すように、自分のバランスをとるために旅に出たくなる。前回は所用も併せて札幌に行ったが、今度は東京に行きたいと思っている。写真は昨年秋青森に行った時の青森県立美術館だが、同じところに行って、同じ写真を撮ってしまうこともあるし別のアングルに気付くこともある。例えば毎年行ってる奥入瀬のような青森...

  4. くつろぐ時間という潤滑油 - I shall be released

    くつろぐ時間という潤滑油

    忙しい仕事にできた少しの合間に珈琲を楽しむ。そういうリズムになれることが大切だ。それまでの仕事をこなした安堵感、次の仕事へ頭を切り替えるためのくつろぎ。この時間を大切にすることによって、静かに次の仕事先に向って行ける。そして、1日の仕事が終わると、私はまた写真や文学や音楽に還ってくる。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑) にほんブログ村

  5. ずっとブログ病欠していました - I shall be released

    ずっとブログ病欠していました

    えっー、ずっと体調が思わしくなく、しばらくの間ブログを書けませんでした。書くより休む。布団で過ごす時間がどれだけ心地良いことか。少なくとも寝ている間は痛みは感じずにいられることができた。そんな日々でした。ではどんな日々だったのか。それは、明日以降ご紹介したいと思います。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑) にほんブログ村

  6. 杭州飯店の中華そば - I shall be released

    杭州飯店の中華そば

    写真はシェアーズヒシイのものです。函館ではありませんが、新潟県燕市に住んでいた頃時々食べに行った大衆中華料理店に「杭州飯店」というお店があります。転勤で行った燕市で走っている途中に偶然みつたけお店なのですが、外観はお洒落でも何でもない普通の店構えであり、中に入ると長テーブルがぶっきらぼうに並んでいて、とても「お洒落」「こじんまりとしてゆったりできる」というような形容詞をつけることができないよ...

  7. 蕎麦とお料理 「ごん」 - I shall be released

    蕎麦とお料理 「ごん」

    今更ながら札幌で食べに行ったお店のことです。去年札幌に行った時、美味しい食事と美味しいワインを嗜んで気持ちよくなってホテルに帰る途中、それまで全く気が付かなかった「狸小路市場」という場所を発見したのでした。昔札幌に住んでいた時もたぶんそこにそんな施設(というより横丁みたいなものですが)があるとは認識していなかったし、恐らく去年のその時、ちょっとした好奇心が湧き上がらなかったら、たぶん名称は認...

  8. ラ・サラマンドルとドゥ・エルミターヂェ - I shall be released

    ラ・サラマンドルとドゥ・エルミターヂェ

    札幌2日目の夜のコースは、結局いつものパターン+1ということになりました。予定していた高校同級生とのしばらくぶりの再会がなくなると、芦はとりあえずいつもの店に行こうと向かっていました。ル・サラマンドルそんな中、会う予定だった知人から駅前方面に来てほしいというメール要請があり、何でそこまでいかなければならないのだと少し気分が滅入ってきたのだが、そこにいたのが昔の会社の同僚でした。そこで少し話し...

  9. 見たくない、言いたくない、聴きたくない猿 - I shall be released

    見たくない、言いたくない、聴きたくない猿

    そういう風にこれを見たら、切ないけど、それも真実であるかもしれないと思えてくるから不思議ですね。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑) にほんブログ村

  10. 物語を作る難しさ~相棒SEASON15最終回 - I shall be released

    物語を作る難しさ~相棒SEASON15最終回

    本日は休日であり、なおかつ「相棒season15」の最終回スペシャルということで最初から最後までゆっくりと拝見しました。「相棒」の楽しみのひとつとしては、杉下右京が他に捜査員では推理できない展開で事件を解決していくことにありますが(もちろん魅力はそれだけではないのですが。登場する人物のキャラクター・ロケ設定その他多岐にわたります)、今回もいったい真相はどうなんだろうか、という点において、単純...

  11. 東北サファリパーク~あるラクダとの出会い - I shall be released

    東北サファリパーク~あるラクダとの出会い

    前回からの続きです。園内バスを降りた後は、徒歩で各動物のコーナーを見歩き。別にここという訳ではなく、どこで見ても檻の中にいる動物を見るのは、何となく辛くなる。せわしなく歩いていたり、いかにもストレスを感じているようだったり、あるいは野性を失ったかのような仕草などなど、いつも動物を見るという楽しさよりも人間の身勝手さを感じてしまい、素直に動物そのものを見ることができないのです。そんなちょっとつ...

  12. 東北サファリパーク~近寄る動物たち - I shall be released

    東北サファリパーク~近寄る動物たち

    サファリパークに着きバスに乗ると、まずライオンの見学が始まる。この時は決して窓を開けてはいけないことになっている。開けていいと言われても書ける気など起きない。檻に入っているライオンたちもバスの中から見ることとなる。下の写真は生まれてそれほど立っていないライオンの赤ちゃん。ライオンコーナーを過ぎると、ご覧のように様々な動物たちが餌をもらうためにバスに近付いてくる。うん、キリン発見。で、こんな間...

  13. 厳しい寒さの華厳の滝と帰り道の那須高原 - I shall be released

    厳しい寒さの華厳の滝と帰り道の那須高原

    いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑) にほんブログ村

  14. 日光・金谷ホテルでのビーフシチュー - I shall be released

    日光・金谷ホテルでのビーフシチュー

    たまたま何か月か前にテレビで見た、日光の金谷ホテルでの昼食がツアースケジュールに組み込まれていました。本館の一番新しい部分で昭和10年という建物(創業は明治6年)、函館にある同年代の建物とは異なる建築美を持つホテルに入る。アインシュタインやリンドバーグ、そしてフランク・ロイド・ライトなどが宿泊したというこのホテルは重厚で華美な装飾がいたる所に散りばめながら、シンプルにすべきところはそのように...

  15. ストイックにならなければ見えない風景 - I shall be released

    ストイックにならなければ見えない風景

    2月の中旬から何十時間も見ることとなった風景の一部。国際ホテルのギャラリー付近の光景だ。私は椅子に座り、ずっと本を読んでいた。でも、もちろんことだが、最初から帰る時まで書物に目をやっていたわけではない。時々周りを見渡したり、立ち上がって少し歩いてみたりした。そして、ふと思った。「今の自分には何が見えているのだろうか?」そして、その見えたものから何を生み出すことができるのだろうか?よりストイッ...

  16. Facebookから消えて行った方々 - I shall be released

    Facebookから消えて行った方々

    私は熱心なfacebookウォッチャーではないため、友達となっている方々の動向には疎いところがある。だいたいサッと見て気付いた投稿だけ少し読んで閉じてしまうことが多い。頻繁に投稿する人がよく目に付くが、私もそうだがあまり登校しない人のことはつい忘れてしまうことがある。決してその方に無関心だというわけではないのだが、日々の自分の仕事やその他のことに追われると、「ウォッチャー」にはなかなかなれな...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ