惑星のタグまとめ

惑星」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには惑星に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「惑星」タグの記事(25)

  1. 木星期ダシャーの実感 - マニのインド占星術鑑定

    木星期ダシャーの実感

        自然農法寄りのミニトマト(植え付け時のみ牛糞を実施)インド占星術鑑定家のマニです。さて、アンタルダシャーJu(木星)期のその後の実感です。きました、仕事運がいいです^^これまでのプラティアンタルダシャーJu(木星)期と同じく、なんかしらんけど仕事が入ってくるよ〜状態です。営業、全くしてないんですけどね、、^^本業、忙しいです。新規、再診のクライアントの予約が入りますね。自分のJu(木...

  2. 土星を久しぶりに撮影したら意外によく写った - 亜熱帯天文台ブログ

    土星を久しぶりに撮影したら意外によく写った

    昨日の夜から、夜が少し涼しくなった。だから土星を撮影してみた。昼間の熱によるドーム内気流が改善されているんじゃないかと期待して。光軸は完全ではない。今日もまたいじったが、あまり改善されない。しかし時間をかけすぎても土星は低くなるばかりなので、あきらめて撮影した。思ったよりよく写っている。カッシーニの空隙が途中でぼやけているのは、光軸不良のせいだと思う。この後ASI290MCで撮影したものは写...

  3. DOB GOTO12 で惑星を撮ってみる - 亜熱帯天文台ブログ

    DOB GOTO12 で惑星を撮ってみる

    せっかくなのでDOB GOTO12で惑星を撮ってみた。伸縮式の鏡筒の欠点として、惑星撮影レベルの厳密な光軸の再現が難しいことがあげられる。観望会で惑星を見せる程度なら伸ばしてすぐに使えても、高拡大の惑星撮影では、鏡筒を伸ばしてそのまま撮影、とはいかない。撮影の前に光軸をきちんと合わせることが大事だ。まずはデジカメでのコリメート撮影。デジカメ側は標準ズーム、望遠鏡側は高倍率の5mmアイピースを...

  4. 自然農法の非常識を占星術で思う - マニのインド占星術鑑定

    自然農法の非常識を占星術で思う

    インド占星術鑑定家のマニです。畑で実践だけでなく、自然農法の講座も受講しています。スケジュールの半分が過ぎ、これまでの内容を振り返ると、今の農業、栽培法とは真逆の内容です。土は耕さない。肥料はしない。雑草は抜かない。農薬はしない。忌避剤も不要。連作OK。むしろ推奨。自然農法は、収量は少ないけれど、とっても美味しい作物ができるそうです。家庭菜園ならば自然農法で全く問題ないだろう、と。労少なく作...

  5. グル・マンガラ・ヨーガってこんな感じ? - マニのインド占星術鑑定

    グル・マンガラ・ヨーガってこんな感じ?

    インド占星術鑑定家のマニです。木星(Ju)と火星(Ma)のコンジャンクションなどのコンビネーションで出来るグル・マンガラ・ヨーガ。古典では学識がある、とても知的、指導者、記憶力がいいなどの象意がありますが、現代的には、木星の前向きさ、楽天家気質と火星の勇気、チャレンジ精神旺盛さが合わさった人格、も意味します。こういう人がいます。非常にポジティブかつ行動力があり。年齢はもう高齢者といっていいの...

  6. 今年の惑星画像がひどく悪くなった原因を考える - 亜熱帯天文台ブログ

    今年の惑星画像がひどく悪くなった原因を考える

    自分ではよくわかっているが、私が撮影する今年の惑星画像はひどい。前回の火星大接近(2003年)からしばらくは絶好調だった。その頃と比べると2010年代になって少し落ちたかなとは思うが、まあ気象条件の違い程度の差かもしれない。機材は向上しているのに画像がそう変わらないのは、その当時は明らかに努力を怠っていたためだろう。原因は仕事だったり、星景写真を撮ったり他の望遠鏡で遊んだり、いろいろありすぎ...

  7. いい感じの土星 - 亜熱帯天文台ブログ

    いい感じの土星

    昨日はわりといい感じの土星が撮れた。気流はいいのだが、途中から風が強くなって鏡筒がゆれ、これ以降はぶれがひどい。まだ画像処理してないけど。このくらい写れば、環の傾きの資料画像に使うには十分。ポストカードにもいいかも。

  8. 木星期を迎え - マニのインド占星術鑑定

    木星期を迎え

    インド占星術鑑定家のマニです。遂にきました!Ve/Ju期!!自分のホロスコープで、共にラージャ・ヨーガ&惑星の強さがハンパない、しかも金星と木星だよ!!な、これほどバブリーな時期はあるまいという、景気の良さそうなヴィムショタリーダシャーを迎えました〜^^思い起こせばその前、度重なる怪我、日常にいまいち高揚感なく、どん底の気分でいっぱいだったこの私に、Ve/Ju期がついにやってきたんで...

  9. 世界は数字でできている - 世界はぜーんぶ星座通りにできている♪

    世界は数字でできている

    天と地の融合は数字に表れている一辺が33の正方形と半径が18.618の円を作ると、ふたつは同じ面積になる。33=太陽の周期(正方形=地の象徴) 18.618=月の交点の周期(円=天の象徴)☆太陽年=365.24219日(カレンダーの基準)本当の一年は、365日よりちょっと多め。4年に一度の閏年に1日を加えて調整してるけど、本当は33年で最も近づく(真のソーラーリターン)。世界中で神聖な数とし...

  10. 6月23日の土星 - 亜熱帯天文台ブログ

    6月23日の土星

    土星を撮影したが、雲が多すぎてダメだ。どのへんがダメかというと、カッシーニの空隙が上下でぼやけている。雲の画像を見たら、梅雨前線から伸びる薄い雲が沖縄にかかっている。梅雨前線がもう少し北上しないとダメだな。今回はプリズムは使ってないので、少なくともプリズムのせいではないな。

  11. 6月22日の土星 - 亜熱帯天文台ブログ

    6月22日の土星

    昨日撮影した土星。低くて動きの早い雲が多く、長い動画が撮影できずに苦労した。環の隙間、カッシーニの空隙が一部で乱れている。光軸に問題があるのか、大気差補正プリズムの使い方が間違っているのか。それとも風による鏡筒のぶれの影響による像の乱れか。どちらにしても、雲が多くて検証できるほどの動画は撮影していない。というより画像処理して初めて気がついたので、そのうち検証してみたい。とか何とか言っているう...

  12. 6月23日 今日の木星 - 亜熱帯天文台ブログ

    6月23日 今日の木星

    梅雨が明けて2日目。まだ低空の早い雲が多いが、とりあえず撮影してみた。望遠鏡を気温になじませる間まで、ついでにと思い撮影したものの方が、30分ほどなじませたものより写りが良かったのは気流のせいなのか、原因はよくわからない。たまたまという可能性もあるし。とにかく暑い。もう少し細かいところが写ってもよさそうだが、気流は得にいいわけでもないからこんなものかもしれない。大気差補正プリズム(っていう名...

  13. 先生、学び仲間と食事会 - マニのインド占星術鑑定

    先生、学び仲間と食事会

    インド占星術鑑定家のマニです。ひさびさの、星慧学の集まりがありました^^先生と学び仲間とで新宿で夕食会。近況報告、そして占星術と絡めてのお話、今後の皆での活動などなど、、。皆、多忙で、しばらくぶりに会ったのですが、楽しいのなんのって^^上は会場になった建物。要塞のようでかっこいい!インド占星術だからか、先生セレクトの食事処はいつもカレー屋さんです^^話題の一つに、木星期の実感がありました。マ...

  14. 40cmニュートンで木星を撮影してみる - 亜熱帯天文台ブログ

    40cmニュートンで木星を撮影してみる

    ドームの鏡筒を35cmシュミカセから40cmニュートンに載せ替えた。土星の衝を迎えるにあたり、少しでも光量が欲しいことと、気流の悪さはシュミカセ特有の筒内気流によるものではないかと疑ったためだ。いつものようにひとりでシュミカセは降ろせたが、40cmニュートンをひとりで赤道儀に載せられる気がしなかった。途中まではやってみたが、やはり危険を感じたので助手1号を呼んでふたりで載せた。そういえば前回...

  15. もうすぐ土星が衝 - 亜熱帯天文台ブログ

    もうすぐ土星が衝

    雲は多いものの、ドームを開けて待っていると雲が切れてきた。木星はすでに沈みつつあるのであきらめ、もうすぐ南中しそうな土星を撮影した。風が強く、低い雲の流れがとても速い。長い動画は撮れないがとりあえず撮影。色はいいのだがフレーム数が少なすぎるのでノイズがひどい。いい画像は撮れなかったので、しばらく待つと雲の切れ目が大きくなってきたので再び撮影。大気差補正プリズムの設定が難しく、うまくいかない。...

  16. 梅雨明けのような晴天(夕方までは) - 亜熱帯天文台ブログ

    梅雨明けのような晴天(夕方までは)

    今日は梅雨明けかと思うような晴天だった、夕方までは。本土が梅雨入りしたというニュースも流れたし。しかし木星を撮影しようと思ったら見事な曇天。雲の流れは速いので、しばらく待って撮影してみた。待ちながら望遠鏡を1時間ほど温度をなじませた。雲の中で撮影すると、ろくな画像にならないのはいつものとおり。仕方ないのでアンシャープマスクで強調してみたがひどい画像だ。できれば木星が撮れる時間帯に晴れてほしい...

  17. 今回の「宇宙の砂場」は、”金星・Venus (ヴィーナス) ”で遊んでみました。 - きままにマンガみち

    今回の「宇宙の砂場」は、”金星・Venus (ヴィーナ...

    こちらでは、かなりご無沙汰しっぱなしですね。5月もあと数日、梅雨の季節と夏の季節に入り、2017年も半分を過ぎようとしています。そんななか、Universe Sandbox2 の惑星解説動画を作成しました。今度のお題は「金星」です。星の輝きは、太陽系内の地球から見える惑星で最も明るく、その明るさで、影も出来るほどなのだそうです。金星は謎の多い不思議な惑星で、個人的に最も好きな惑星です。それな...

  18. 転換期 - マニのインド占星術鑑定

    転換期

    インド占星術鑑定家のマニです。誰にでもある転換期。どのダシャーがそれかは人によってそれぞれ違いますが、総対的にはRa期は転換期となり得るでしょう。Ra=思い切った決断なので、それまで考えていた、感じていたことを、Ra期に決断し、行動に移すことが多いです。退職、転職だったり結婚、離婚だったりe.t.c、新たな道へ踏み出していくことが多いです。実は自分も、Ra期は転換期になることが多いです。転職...

  19. 木星の画像処理方法をちょっと変えてみた - 亜熱帯天文台ブログ

    木星の画像処理方法をちょっと変えてみた

    梅雨の晴れ間だが、北からの冷たい空気が流れ込んで涼しく、非常に快適だ。しかし惑星の見え方は最低。雲も多く、眼視でも模様がろくに見えない状態。撮影しててもつまらないので、少しでも模様を出すために処理方法を変えてみた。左がこれまでの処理。オートスタッカー2とレジスタックス6で画像処理、ステライメージ6で明るさやサイズ調整。ステライメージ7はメインパソコンの故障とともにどこかに消えた。ちゃんと買っ...

  20. 梅雨の晴れ間に木星 - 亜熱帯天文台ブログ

    梅雨の晴れ間に木星

    2日前に梅雨入りしたばかりだが、昨日は早くも梅雨の晴れ間。木星が見えたので撮影してみた。シーイングは極端に悪かった。しかし模様は見えているのに全体的に大きくゆがむような乱れ方。これは上空のシーイングは良くて、低空の気流が乱れているような感じ。たとえばクーラーの排気熱が漂っているとか、もしかしたら望遠鏡そのものが温度順応しきれていないとか。夜も遅く面倒だったので、原因究明することなく寝た。

1 - 20 / 総件数:25 件

似ているタグ