想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(156)

  1. 「古都にふれる」 - 光と彩に、あいに。

    「古都にふれる」

    この道をあのひとも想いにふけながら歩いたのでしょう長い年月がどんなに流れようとひとは変われないものなのですね

  2. 「しのぶ」 - 光と彩に、あいに。

    「しのぶ」

    風に耐えながら花咲せたであろう姿に見惚れてしまいました

  3. 「わたしの日常」 - 光と彩に、あいに。

    「わたしの日常」

    こんな風に いつもというフォルダーに入れられる一日が終わってゆくこうやってあなたと会えない日々がイチニチイチニチ重ねられてゆく気がつけば10年そしてこれからも同じように日々を重ねてゆくのでしょう

  4. 本のベストセラーの上位が児童書 - 世の中の動き

    本のベストセラーの上位が児童書

    本の8月の月間ランキングは、1~3位を児童書が独占した。なぜそんなに売れているのか。今月の2日、埼玉県鶴ヶ島市の書店「YC VOX ワカバウォーク店」に親子連れの長い列ができた。人気読み物シリーズの主人公「おしりたんてい」の着ぐるみが登場すると、子供達は大喜び。一般的に、児童書はじわじわと人気が付き息長く売れ続ける。だが近年は、爆発的に売れ出す本が多く出てきている。そして、SMSによる口コミ...

  5. 吉田松陰はテロリスト - 世の中の動き

    吉田松陰はテロリスト

    吉田松陰は30歳の若さで生涯を終わった。1857年、松下村塾を主催。後に明治政府を担った高官が輩出した。59年、安政の大獄に連座する形で斬首されている。萩博物館特別学芸員の一坂太郎さんは、「松陰の本質は要人の暗殺により政局転換を図ることをいとわない点からテロリストと言ってもおかしくない」と語る。米のペリー提督の暗殺も考えていたという。作家の原田伊織さんは著書「明治維新という過ち」で、その後の...

  6. ねぎぼうず - 高橋愛のBLOG

    ねぎぼうず

    この前の土曜日にオープンした牛タンと葱のおみせねぎぼうずにオープン初日にいってきました☆生の牛タン☆ねぎまみれ薄牛タン☆分厚い焼き牛タン☆横には笑顔の浜ちゃん☆美味しかったですし、なにより店員さんの感じが良かったです☆Chronoから高架下を駅に向かって100mぐらいです。是非☆ここで本日の一句牛タンとねぎ食べるならねぎぼうずではまた、

  7. 外国人観光客に日本文化の体験 - 世の中の動き

    外国人観光客に日本文化の体験

    外国人観光客に日本独自の学校文化を体験してもらう取り組みが、青森県平川市で始まる。市教育委員によると、ツアーでは児童らと一緒に給食を配膳したり味わったりする。市教委の担当者は「外国人にとって、給食や掃除体験は珍しいはず。児童も国際交流ができ、お互いウィンウィンだ」と話す。すでにインターネットで募集を始めている。観光庁によると、訪れる外国人観光ブームは買い物中心から日本らしい文化などに触れる体...

  8. 「年甲斐もなく」 - 光と彩に、あいに。

    「年甲斐もなく」

    きみを見てるとあと10年若かったらなそう思わされてしどろもどろになってとりあえず頭を掻いてしまいます

  9. 「今日という日は」 - 光と彩に、あいに。

    「今日という日は」

    パソコンの前とトイレとを あなたを想いながら行き来する一日でした

  10. 「見えないけれど」 - 光と彩に、あいに。

    「見えないけれど」

    生きてゆくのになくてはならない空気失わないと気付かない大切なものなのに目に見えないけれど当たり前にそこら中にいて 地球を包み必要とする すべてを満たしている同じように目に見えないけれど祈りや願い喜怒哀楽いろいろな想いが世界を包んでいる感じられないかもしれないけれど

  11. 「元気を拾う」 - 光と彩に、あいに。

    「元気を拾う」

    俯いて歩いていたら流れてゆく黒いアスファルトに桜があらわれてちょっと上を向いて歩きだしたよ

  12. 「あんなに好きだったのに」 - 光と彩に、あいに。

    「あんなに好きだったのに」

    不覚にもあなたの柔らかさを忘れていた

  13. 「見えてるようで聞こえてるようで」 - 光と彩に、あいに。

    「見えてるようで聞こえてるようで」

    いつもの廊下で不意に耳に届いた虫の音に今まで気付かなかった余裕のない己を教えられる

  14. 狂ったように花を生けたい - 花音色 はなねいろ

    狂ったように花を生けたい

    どうしてこうもあがるのかしら自信がないから?それもある上手くできなかったらどうしよう否定されたらどうしようそして、一番私を苦しめているのはどのように活けたら、どのような行動をしたら 褒めてもらえるだろうかいい歳をしていったい私は何をやっているのだろう人には誰しも少なからず自己顕示欲はあるだろうし 評価もされたら嬉しいし 他人の役に立つ存在になれたなら なお嬉しいものだ上手くやろうと思うばかり...

  15. 松永弾正は忠義の人 - 世の中の動き

    松永弾正は忠義の人

    戦国時代の下剋上を代表する武将、松永久秀(弾正)。信長が久秀について家康に「普通の人が出来ない事を三つした」と語った。一、将軍を殺した。二、主君を殺した。三、東大寺大仏殿を焼いた。事である。ところが、天理大の天野忠幸准教授の研究で、これらの逸話は、後世の創作や誇張で、実際には忠義の人だったことが明らかになってきた。天野氏の説によると、一、足利義輝は殺されるが、攻め込んだのは、息子の久通だった...

  16. 日本人監督による捕鯨ドキュメンタリー - 世の中の動き

    日本人監督による捕鯨ドキュメンタリー

    米国在住の佐々木芽生(めぐみ)監督が、和歌山県太地町の捕鯨をテーマに撮影したドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」が9日から渋谷で公開された。佐々木さんは、反捕鯨団体「シー・シェパード」と町の漁師たちに交互にカメラを向けた。映画ではそれぞれの登場人物の立場や考えが紹介される。試写会で映画を見た人々からは「見た後に色々なことを語りたくなる」と感想が寄せられたという。

  17. 一からやり直し - 花音色 はなねいろ

    一からやり直し

    お勤めしていたお店のオーナーが変わり悲しい別れなどもありました。新しい出会いや苦しくて惨めな思いも経験しました。生きていた証みたいなものと 自分があまりに混乱して本当の自分がわからなくなることが多くなる日々ですからここに丁寧に残していこうかと思うようになりました。最近本当に自信がなくなって・・・苦しい日々です今お勤めさせて頂いていますお店は花のクオリティが高く求められるものも今までの数倍です...

  18. ネットで特別養子縁組 - 世の中の動き

    ネットで特別養子縁組

    ネットを通じて特別養子縁組を仲介するサイト「インターネット赤ちゃんポスト」は大阪市のNPO法人・全国おやこ福祉支援センターが運営する。子供が欲しい夫婦は登録時に職業、年収など77項目を入力する。毎月3千円の利用料で、赤ちゃんの詳しい情報を見る事が出来る。通常、赤ちゃん1人に50組前後の申し込みがあり、ポイント制で、候補を決める。高収入で安定した職業ほど高くなるほか、専業主婦も高得点になる。国...

  19. 「歳をとるとはこういうことか」 - 光と彩に、あいに。

    「歳をとるとはこういうことか」

    すきだなって感じたら好きだなってその場で 何も考えずに想いのままに伝えていたのにいつからだろうそうしなくなったのはそうできなくなったのは

  20. 「一期一会とは言うものの」 - 光と彩に、あいに。

    「一期一会とは言うものの」

    今日から ふたりで一つの幸せそうな云え幸せそのもののお二人に出会えてそのような時空に居合わせたことに感謝せずにはいられません選ぶことのできないながれゆくときのなかで素敵なことに出会える奇跡ありがたいことです

1 - 20 / 総件数:156 件

似ているタグ