想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(109)

  1. 女性が働き続けること① - 幸せごっこ

    女性が働き続けること①

    最近、通勤時に多く見かけるようになった保育園送りのパパやママたち、ここ郊外の駅のまわりに保育園がいくつか出来たせいかもしれないが、子供が出来ても働く女性が増えているのは確かだ。寿退社という言葉が死語になりつつあり、子供が出来てもキャリアを捨てない女性が増えた。企業の対応も育児休暇など、女性社員に対する仕事継続支援制度が出来てきた。安倍総理は2012年女性活躍推進をうたい、2014年「すべての...

  2. 明日の中崎町まるっとマルシェは出店しません。 - そぼくなおかし。パン。

    明日の中崎町まるっとマルシェは出店しません。

    お久しぶりです。毎日、毎日、仕事に追われ。保育所のお迎えにもロクに行けず。家事もできず休日は身体を休ませ好きな読書もできず勉強もできず、ブログやインスタも書きたいことはたまるもののなかなか まとまった時間も取れず、、な日々でした、、お客さんも増え 納品も増え忙しいということは、パンや菓子が愛されているということでとても幸せなことなんですけどね、雇われでも一生懸命やるし妥協はしたくない良いもの...

  3. ネイルをしてお年寄りの女性が元気に - 世の中の動き

    ネイルをしてお年寄りの女性が元気に

    一般社殿法人「シニアチャレンジッドメンタルビューティー協会」が、ネイルをして、お年寄りの女性に自信や元気を取り戻してもらおうと活動している。認証した福祉ネイリストは300人。ネイルのお洒落をした高齢者の女性が積極性が増したり、認知症の改善がみられた例もあったという。将来は増え続ける介護保険料の支出が抑えられるかもしれないとの期待も。

  4. 子供用国語辞典がカラフルに - 世の中の動き

    子供用国語辞典がカラフルに

    小学低学年から授業で国語辞典が使われるようになり、フルカラーや幼児向けも登場し、様変わりしている。学研プラスの小学国語辞典のミッキー&ミニー版は、売り上げが1年間で4倍の売り上げとなった。小学館も「ドラえもん はじめての国語辞典は12万部を超える大ヒットになった。

  5. 警告文でカラスが来なくなった - 世の中の動き

    警告文でカラスが来なくなった

    岩手県大槌町(おおつちちょう)にある東大研究施設で、「カラス進入禁止」と書いた紙を吊るしたらカラスが来なくなった。今年で3年目。春になると警告文を出している。効果の原因は、警告文を目にした職員や学生がカラスに視線を向けたり、指をさしたりすることで、カラスが警戒して、寄り付かなくなるという事らしい。

  6. オーストラリアで今も、秋月新太郎が人気 - 世の中の動き

    オーストラリアで今も、秋月新太郎が人気

    去年8月16日にTBSテレビで放映された「所さんのニッポンの出番」で、忍者ブームを起こした「隠密剣士」の主人公・秋月新太郎が今でもオーストラリアで人気があると紹介されました。東京オリンピック開催された1964年、日本はこんな国ですと、オーストラリアのシドニーの大手テレビ局が「隠密剣士」を放映しました。タイトルは「ザ・サムライ」。オーストラリアの子供たちは、忍者ごっこに夢中になったそうです。次...

  7. 自転車の高速道路への侵入相次ぐ - 世の中の動き

    自転車の高速道路への侵入相次ぐ

    スマートフォーンでナビアプリを利用しながら自転車に乗る人が増えている。その結果、高速道路に誤って進入するケースが増えているという。ナビ機能を歩行者用に切り替えても同じように高速道路に導かれるという。進入してしまった人は「ナビが案内したので走行可能だと思った」「進入禁止だと知らなかった」などと話している。スマホを見ながら運転するので進入禁止の看板などに気付かない例が多いという。

  8. お見舞い - 風の中で~

    お見舞い

    病気の具合が悪くなり福島市に住む娘の所で世話になっていた叔母さんが物を食べることができなくなり病院に入院したのは、数日前の事。今日、お見舞いに行って驚いた。やせ細った、その姿…その帰り道で、もうすぐの、父の誕生日のケーキを買う。誕生日がくれば87歳。いわゆる米寿という年齢になり、少し気弱になってきた父。もう少し…いや、まだまだ長生きしてほしい。

  9. 暗闇フィットネスが人気 - 世の中の動き

    暗闇フィットネスが人気

    運動はしたい。でも、人目が気になるという女性のための、他人の目を気にすることが無い、暗闇フィットネスが人気。DJが音楽をかけるフィットネスクラブが続々と7オープン。暗闇フィットネスには、バイク・トランポリン・ボクシングジム系などがある。客層は、7割が女性で、20代から40代が中心。ポイントは、従来のスポーツジムには必ず設置されている全身を映す大きな鏡が無いこと。女性だけの30分フィットネスを...

  10. 動物園も少子高齢化 - 世の中の動き

    動物園も少子高齢化

    上野動物園で天寿を全うし亡くなる動物が相次いでいる。他の動物園でも事情は同じ。多摩動物公園・よこはま動物園ズーラシア・井の頭自然文化園など。高齢化の背景には獣医学や栄養学の進歩がある。手厚く世話されれば、野生よりずっと長生きする。今、動物の輸出入を規制するワシントン条約の対象種は増え続け、検疫も厳しくなってきている。さらに、動物の価格が高騰し、買い入れが厳しい。中国・ベトナム・ミャンマーなど...

  11. 蓋をする理由 - どんぐりしおり

    蓋をする理由

    聞いてもらうと少しはこころが晴れるかもしれないけれどひと言でも口にするとつぎつぎとあふれ出てきそうだからやっぱり口をつぐんでしまうどんなときでも強くいたいからなにがあってもいつもと同じでいたいからそういう私になりたいから☆溢れないように蓋している瞼いつだって私ですありがとう

  12. 日本でのカップルの前撮りが増えている - 世の中の動き

    日本でのカップルの前撮りが増えている

    結婚式会場に飾る写真をプロのカメラマンに撮ってもらう「前撮り」のために来日するアジアのカップルが増えている。日本の色々な観光地や人気映画の舞台でドレスや和装姿で撮影する人も多い。中国や台湾、シンガポールなど経済発展した国の人々が、海外で前撮りするカップルが増えている。日本以外のアジアでは写真重視。挙式の時に飾り、招待客に見せる文化となっている。

  13. リカちゃん人形、50周年 - 世の中の動き

    リカちゃん人形、50周年

    リカちゃん人形が発売から50周年を迎える。5月3日は、リカちゃんの誕生日。累計6千万体以上が販売され、国内の認知度99%。フランス人の父と日本人の母を持つ11歳の小学5年生と、人形に設定があるのは、当時珍しかった。誕生日が5月3日なのは、子供の成長を祝う3月の桃の節句と5月の端午(たんご)の節句から数字を取ったから。

  14. 無常・・・ - kopiを飲みながら・・・ 2

    無常・・・

    あの懐かしい、遠い日の記憶が風に乗って、あっと云う間に吹き抜けて行った・・・心が、チクチクするけれど母に感謝しながらもっと前向きにならないとね・・・

  15. 北名古屋市の昭和日常博物館 - 世の中の動き

    北名古屋市の昭和日常博物館

    愛知県北名古屋市の「昭和日常博物館」は、駄菓子屋やたばこ屋などの街並み、お茶の間の生活用品などで昭和の懐かしさを表現している。昔の生活道具などを前に、思い出や体験を語り合うことで、脳が活性化し、認知症予防などに繋がる。そのために、市内外から高齢者施設からの見学が相次いでいる。テレビ・冷蔵庫などの電化製品が普及し、日常生活が劇的に変わった昭和30年代を軸にしてある。

  16. 風になって・・・ - kopiを飲みながら・・・ 2

    風になって・・・

    行けそうで・・・行けない・・・

  17. 風になったら--- - kopiを飲みながら・・・ 2

    風になったら---

  18. 読むのがしんどいのに… - 自分遺産

    読むのがしんどいのに…

    小説を読もうと思って本屋で物色してもなかなか手に取るものがなかった日が続き、もう読む本がなく、今日買おうと思って地元の書店で文庫を探して決めた。本の雑誌が選ぶ2016年度文庫ベストテンの第1位作品である。『雪の鉄樹』(遠田潤子著、光文社文庫)肉親から徹底的に無視され成長した男。今、彼は少年を育てつつ、愛した女を待つ。心の傷と、凄惨な過去を見つめながら、13年間──。なぜ彼は待ち続けるのか?過...

  19. アイケンの日 - dropノート

    アイケンの日

    十三日です。月日が経つのはのは早いものですね。。。そろそろ~自分の為にも~周りの為にも~色々と変えていかないとな~っと真剣に思っております。どの星なのかな~?っと この親子の様に~夜空を見上げ~探しております。ほしのはなし(絵本)人はみんな 自分の星を 持っているんだ。 北野武 作・絵

  20. ネット上に、韓国や中国を嫌うコメントが目立つ - 世の中の動き

    ネット上に、韓国や中国を嫌うコメントが目立つ

    ネットのニュースに対するコメントについて、立教大の木村忠正教授によると、韓国や中国の人たちに対する排斥意識の強い言説(げんせつ)が目立つという。ヤフーニュースでの閲覧者の感想や意見などのコメントで、頻度の高い言葉のベスト3は「日本」「韓国」「中国」。韓国絡みのコメントが全体の20%。中国と合わせると25%を占める。その多くが嫌韓や嫌中を意識したコメント。ある政治サイトの運営者は、記事に保守的...

1 - 20 / 総件数:109 件

似ているタグ