想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(140)

  1. 駅の水飲み場が無くなる - 世の中の動き

    駅の水飲み場が無くなる

    駅のホームの水飲み場が急速に姿を消している。飲み物の自動販売機の普及による利用低迷や、いたずら予防のためだ。ホームにいた会社員男性は「のどが乾いたら自販機で買う。ホームの水道は汚そう。飲むのは抵抗がある」と語った。駅の助役は、「普通の上水道なので安全性に問題は無い」と話す。鉄道博物館によると、蒸気機関車が1975年に営業を終えるまで、列車の窓を開けるとススが入って乗客の顔が黒く汚れた、そのた...

  2. 心の癖のおはなし~想いをコントロールするということ~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    心の癖のおはなし~想いをコントロールするということ~

    気持ちいい~~~。よく、“こんな心の癖をつけると良いですよ”、なんてことを書いたり、口にしたりしているのですが、この癖、本当にいろいろありますねぇ。どんなことでも良くないように捉える癖とか、良い人や良い出来事を羨ましいな、と思いたくなる癖とか、人の嫌な面を見たくなる癖とか、良いことを信じない癖とか、なんでも怖いと思うところから入る癖とか、ちょっとしたことでも、まず“辛い”と思う癖とか、これは...

  3. 白虎図、飛鳥時代の後半か - 世の中の動き

    白虎図、飛鳥時代の後半か

    法隆寺が明治時代に皇室に献納した法隆寺献納宝物の一つで、東京国立博物館で保管されてきた絹物に描かれた白虎図が、飛鳥時代後半も作成された可能性の高いことが分かった。白虎は古代中国思想の方角の守護神「四神」の一つ。東の方角を守る青竜に対し、西を守るのが白虎とされている。

  4. 秀吉が茶々に送った手紙が見付かった - 世の中の動き

    秀吉が茶々に送った手紙が見付かった

    兵庫県の旧家で、豊臣秀吉が側室の茶々(淀殿)へ送った自筆の手紙が見付かった。当時、病気を患っていた茶々を優しく気遣う内容で、部下には口うるさく、細かいとされた秀吉像とは、うってかわり、愛情豊かな一面がうかがえる。村井准教授は秀吉の様子や性格を考えうる上で貴重な史料だと話している。手紙は兵庫県立歴史博物館で10月7日~11月26日に開かれる特別展「ひょうごと秀吉」で一般公開される予定。

  5. 「ずっと 変わらずに」 - 光と彩に、あいに。

    「ずっと 変わらずに」

    君は 信じられないくらい 長い間ずっと 変わらずに 輝き続けているんでしょうとは言っても信じられないくらい 長い時をかけて 変化してゆくのでしょうすごいですねどれだけの 生命が 君を見上げて想いを巡らせてその光に癒されたことでしょう

  6. 道心の中に衣食あり、衣食の中に道心なし - そぼくなおかし。パン。

    道心の中に衣食あり、衣食の中に道心なし

    おはようございます。最近持ち歩いている本があるのですが、タイトルはその中の本の言葉。自分の使命を成し遂げようとするならば食べものや着るものに困ることはない。食べものや着るものばかりを求める人には何かを成し遂げようとする心がない。道 を求めて真摯に生きれば自然と生活もついてくる今朝、たまたま読んでいて前にも何度も読んであるのですが、今朝はすーっと心に入ってきた、というか。。毎日すべきことに一生...

  7. 熊本で恐竜の歯の化石発見 - 世の中の動き

    熊本で恐竜の歯の化石発見

    福井県立恐竜博物館は5日熊本県天草町にある白亜紀後期の地層「姫浦層群・軍(いくさ)ヶ浦層」(約8千万年前)から二足歩行の肉食恐竜などが分類される「獣脚類」の歯の化石1個を発見したと発表した。全長7㍍を超えるゴルゴサウルスなどのティラノサウルス科のものと推定される。

  8. 西郷隆盛は征韓論者ではなかった - 世の中の動き

    西郷隆盛は征韓論者ではなかった

    征韓論は武力をもって当時鎖国状態にあった朝鮮を開国させようとした政策の事。明治6年、朝鮮への西郷の使節派遣が決定された。しかし、欧州視察から帰国した大久保らが反対。西郷は、政府の職を辞し、西南戦争に至る。だが。大阪市立大学名誉教授の毛利敏彦氏によると、閣議で征韓論を吐いたのは板垣退助らしい。大久保らが一貫して朝鮮使節に反対していたことは、日記や書簡から直接に証明できない。死後、大西郷が朝鮮侵...

  9. 「ボランティア」 - 光と彩に、あいに。

    「ボランティア」

    参加して 初めて分かったその精神的な きつさが作業自体は どうにかなるのであるが効率よくいかない 気の焦り負のエネルギーがとどまったままの場所にどんどん気が吸い取られてゆくどこから手を付けていいか分からないほどの膨大な作業量に対する己の無力さ戦後の焼け野原から阪神から東北から熊本から被災地と呼ばれる土地でがんばってこられた方々のその後ろ姿に力をもらいながら 続けていこう

  10. 「風景も景色も死ぬのか」 - 光と彩に、あいに。

    「風景も景色も死ぬのか」

    仕事へ向かうときいつも そこにあってあの家も あの川も あの丘も何も言わずに そっとただ送り出してくれていた 疲れ果てて 帰ってくるときいつも そこにあって町や外灯の灯りたちは たくさんの 灯台のようにどうにか今日も帰って来れたんだとそっとだけど やさしく教えてくれいた 当然のように そこにあるものと思っていた これまでと同じようにこれからも ずっと無常とはいうものの無常を思い知らされるため...

  11. 産んだら子育て、そして…。~できない、から、できるへ。~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    産んだら子育て、そして…。~できない、から、できるへ。~

    先日は、赤ちゃんのお話でした。出産の物語は、子どもの数だけあると聞いたことがあります。それほど産む人、生まれる子ごとに状況が違ってきます。私も、ここに書くのを躊躇してしまうような恥ずかしい出産話があります。(^_^;)いつか、躊躇しない年齢になったら(笑)ご紹介したいと思います。もし、お会いしたり、直接お電話等でお話しできる機会があるときには聞いてみてくださいね。いつでも話します。(笑)さて...

  12. 鎧(よろい)を着た猫が人気 - 世の中の動き

    鎧(よろい)を着た猫が人気

    犬や猫に着せられるペット用鎧(よろいがSNSで話題になっている。製造元の福岡市のシルクスクリーン印刷「会社スタッフ」には世界中から問い合わせが相次ぐ。素材は、梱包などに使う発泡樹脂。リアルの重々しい印刷を施し、約100㌘と軽量。価格は、猫用は14,000円~16,000円程。犬用は要相談。

  13. Untitled - kopiを飲みながら・・・ 2

    Untitled

  14. 将来はリンゴと言えば黄色になる - 世の中の動き

    将来はリンゴと言えば黄色になる

    労働力不足に悩むリンゴ農家の間で、色づき管理が大変な赤リンゴから、手間のかからない黄色リンゴに植え替える動きが広がっている。青森市の農家工藤武春さんは少しずつ木を植え替えて、今では黄色品種が6割だという。赤色は着色管理が大変で、日光にむらなく日を当てる必要がある。黄色品種では、こうした作業がほとんど不要。黄色品種はアジア圏で人気が高い。中国人観光客が赤よりも黄色品種を好んで買う光景が見られた...

  15. 君が為季節外れの暦買う - 日々の出来事

    君が為季節外れの暦買う

    喪中の新しくできた友人の心中を想い、もう年半ば過ぎの七月になってしまったが、今年の暦を買って運気を見る。喪中の時はどう過ごしたら良いのかな、自分はどうだったのか、父を亡くした年はどう過ごしたのか・・・。身体に気を付けて、運気の流れに逆らわないで、穏やかに過ごしたいい。でも、何か役に立てることがあったなら、すぐに行くから、できることならなんでもするよ。何も求めていない、ただ、自分のような失敗は...

  16. 埼玉県が山岳救助を有料化 - 世の中の動き

    埼玉県が山岳救助を有料化

    埼玉県が防災ヘリコプターを使った山岳遭難救助を有料化すると、決めた。県内の山で遭難し、県の防災ヘリに救助された登山者などから手数料を徴収する。1時間当たり5万円程度という。国土交通省は今回、埼玉県に対し、防災ヘリを用いた救助は、社会通念上、事業に当たらず、国の許可は必要ないとし、ゴーサインを出した。

  17. 雨の日も - 風の中で~

    雨の日も

    伯父さん(母の兄)が、亡くなり本日、葬儀・告別式と相成りました。地元の親戚はもちろん、東京や京都からも、普段会えない親戚がやって来て何だか楽しい時間を過ごしてしまいましたが皆が去った後、柱を一本失った家族はその喪失感に途方に暮れるのかと思うと、切ない気がします。でも、ウチの子と同じくらいの歳の元気な孫娘たちがまた違った形の、明るい未来を運んでくれるような気がしてそれはそれで、楽しみです。

  18. ティラノサウルスは、やはり、ウロコに覆(おお)われていた - 世の中の動き

    ティラノサウルスは、やはり、ウロコに覆(おお)われていた

    大型肉食恐竜ティラノサウルスは当初、ウロコに覆われていると考えられていたが、祖先にあたる2種の恐竜に羽毛の証拠が発見され、ティラノサウルスも羽毛が生えているとする説が高まった。ところが、ウロコに覆われた化石を再発見。羽毛を持つ小型の祖先から大型に進化する中で、ウロコを持つようになったと結論付けられた。

  19. おんぶひも「もっこ」が人気 - 世の中の動き

    おんぶひも「もっこ」が人気

    熊本県天草地方で「もっこ」の名前だ受け継がれてきた、おんぶひもが人気を集めている。現代風にアレンジしてネットで売り出したところ、各地から注文が相次いでいる。熊本県の野崎さんは「市販の抱っこひもをおんぶに使うと腰あたりまで下がってしまうが、もっこだと高く背負えて、子供と目を合わせられるのがいい」と語った。

  20. 中世戦国期の城が人気上昇 - 世の中の動き

    中世戦国期の城が人気上昇

    石垣以前の中世戦国期の板塀や木柵に囲まれ、木造の櫓などを構えた城が今、城好きの人気を集めている。上杉家に仕えた長野業政(なりまさ)が築城した群馬県高崎市の箕輪(みのわ)城。1598年に廃城。そんな同城の整備が6年前に始まった。昨秋に郭馬出西虎口門(かくうまだしこぐちもん)が完成した。現存する古い城門や絵図などを参考に再現された。今後、本丸などの整備を進める方針という。この他、八王子城、鉢形城...

1 - 20 / 総件数:140 件

似ているタグ