感染症のタグまとめ

感染症」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには感染症に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「感染症」タグの記事(8)

  1. マイコプラズマ - For You

    マイコプラズマ

    喉がいがらっぽくて20日前・・・風邪かな~って漢方薬とか飲んでいたがまったく良くならない5月17日病院へ検査結果・・・マイコプラズマですね薬を飲むこと約10日間やっと少し楽になった・・・この10日間仕事も忙しく大変でしたがようやく落ち着いてきたかな?病気の時は休みたいけど・・・それができない時もあるんですよね(-_-;)完治するまでもう少し・・・皆様気を付けてくださいね・・・。

  2. 第15回 Symposiium of Ocular Surface and Infection その6 (1017) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第15回 Symposiium of Ocular S...

    ひばりの後ろ姿特別講演眼感染症診断法の温故知新 ~培養から次世代シークエンス解析まで~   近畿大学堺 江口洋http://takeganka.exblog.jp/25371074/ 起炎菌とは『ロベルト・コッホの原則』に従えば、①伝染病に罹患した生体には特定の病原体が存在する。②その病原体は生体外で分離・培養される。③その分離・培養された病原体で別の生体にその疾患を再現することができる。だ...

  3. 第15回 Symposiium of Ocular Surface and Infection その4 (1015) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第15回 Symposiium of Ocular S...

    領域横断セッション『術後眼内炎ZERO』を目指したパーフェクトマネージメント  日本大学 中静裕之術後眼内炎は、白内障手術で0.052%。硝子体手術でもほぼ同様。濾過手術は、0.19%と一桁多い。ポピドンヨード洗眼後でも、結膜から細菌の検出率は10-13%、眼表面灌流液で5-7%、前房内でさえ5%ほど。術後眼内炎は、術中感染が多くて、病原菌は術野から持ち込まれる。蛍光ビーズを用いたコンタミネ...

  4. 第15回 Symposiium of Ocular Surface and Infection その3 (1014) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第15回 Symposiium of Ocular S...

    エースは君だ!招待講演眼感染症における腸球菌の研究 群馬大 戸所大輔 ちょっと難しすぎて、理解できなかったのだが・・・まず、腸球菌は乳酸菌の仲間で、基本的には無害だが、日和見感染は成立する。ただ、表在感染は稀。以前は連鎖球菌に分類されていた。遺伝的特徴:高頻度接合伝達性プラスミドの存在。グラム陽性菌では腸球菌のみ?このプラスミドが、バンコマイシン耐性などの薬剤耐性遺伝子の拡散・伝播に関与して...

  5. 娘、溶連菌に - liradays

    娘、溶連菌に

    この4月、娘が無事入学しなんとか学校や学童にも慣れたかな、、と思った矢先、発熱。40度近い熱が出たため母会社を休み病院へ。(入学式、家庭訪問、懇談会で4月入って何度有休とったことでしょう(涙)) 溶連菌に感染していることが判明。溶連菌といえば、2015年に家族でかかり大変な思いをしたことを思い出す。ブログを見直したらちょうど5月で時期も今頃だったのね→★溶連菌は市の条例で出席停止が定められて...

  6. 感染症を減らす我が家の予防法 ~ペーパータオルで清潔に暮らす~ - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    感染症を減らす我が家の予防法 ~ペーパータオルで清潔に...

    子供たちが春休みに入り、インフルエンザやノロウイルスの話を聞かなくなりました。もう何年も感染症には罹っていませんが、油断は禁物‼ 溶連菌、ロタウイルス、おたふく風邪・・・まだまだ春は感染症に気を付けなければならない季節。私なりではありますが、家族が健康でいられるために、家庭での予防を心がけています。顔を拭いたりするタオルは、1度使ったら洗います。以前、ご紹介した、キッチンで使っているハンドタ...

  7. 第3回KCS  その2 (1006) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第3回KCS  その2 (1006)

    車じゃなかったら、ちょっと一杯に最高の場所^^;特別講演「角膜感染症治療の実情」 JCHO星ヶ丘医療センター 眼科部長 佐々木香る 流石専門家。ドロドロした一癖も二癖もある角膜感染症を粘り強く、少しずつ少しずつ紐解いていく。専門家向けに語られる難治症例の治療経過は、門外漢には理解困難でした。 症例1:74歳女性。草刈り中の角膜損傷。クラビット無効で、不整形潰瘍+スリガラス様角膜+endoth...

  8. 第3回KCS  その1 (1005) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第3回KCS  その1 (1005)

    第3回KCS(Kansai Medical University Cornea Seminar)2017/03/04@ホテル京阪 京橋 7階『かがやきの間』 角膜の専門家ではないので、若干場違いだったかもしれないのだが、この日京橋で大切なミーティングがあるので、ついでと言っては失礼だが、KCSという角膜を専門にしている医師達のセミナーに出かけてきました。案の定難しくて消化不良に・・ 一般講...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ