成虫のタグまとめ

成虫」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには成虫に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「成虫」タグの記事(39)

  1. 実験中ウラギンヒョウモン - 秩父の蝶

    実験中ウラギンヒョウモン

    5/20から羽化の始まった実験中ウラギンヒョウモン(Fabriciana adippe)ですが、8/17現在とうとう1頭になってしまいました。まぁ夏眠もせず、よく、ここまで生き続けたものです。野外では夏眠明け個体があと1ヶ月弱で現れますが、そこまでは、ちょっと厳しそうです。

  2. サトキマダラヒカゲの2化 - 秩父の蝶

    サトキマダラヒカゲの2化

    いつもの散歩道で、サトキマダラヒカゲ(Neope goschkevitschii)の2化が見られました。昨年の2化初見は8/10だったので平年並みの発生でしょうか。

  3. 夏眠中?メスグロヒョウモン - 秩父の蝶

    夏眠中?メスグロヒョウモン

    いつもの散歩道を歩いていると、足元からゴマダラのメスと思われる個体が飛び出し、コナラの枝にとまった。双眼鏡で覗いてみると何とメスグロヒョウモン(Damora sagana)のメスだった。メスグロヒョウモンは今夏3回目の目撃である。やはり、本種の夏眠は浅いと思う。それにしても7~8m先の枝にとまったメスグロヒョウモンを光学40倍のコンデジキャノンSX720HSの手持ちで同定できるレベルの写真が...

  4. ジャコウアゲハの交尾 - 秩父の蝶

    ジャコウアゲハの交尾

    いつもの散歩道で、羽化直後と思われるジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)のメスを観察しました。数枚写真を撮った後、移動し10分後再び訪れてみると、しっかりと手の早いオスが交尾してました。

  5. ヒメキマダラセセリ2化初見 - 秩父の蝶

    ヒメキマダラセセリ2化初見

    いつもの散歩道で、ヒメキマダラセセリ(Ochlodes ochraceus)の2化が見られました。昨年の2化初見が8/9だったので、例年並みの発生でしょうか。

  6. 予想通りのウラミスジ - 秩父の蝶

    予想通りのウラミスジ

    いつもの散歩道で、ウラミスジシジミ(Wagimo signatus)が観察できました。今日は35℃超の予想気温、時期は8月上旬ウラミスジが林床に降りる条件が揃いました。予想通り2頭もの本種が林床に降りていました。明日も同条件です。是非近くの雑木林を訪れてみては如何でしょうか?意外と近くにウラミスジが生息しているかもしれませんよ。

  7. スミナガシ - 秩父の蝶

    スミナガシ

    いつもの散歩道で、スミナガシ(Dichorragia nesimachus)が見られました。データを見直すと今年初でした。もともと食樹アワブキが少ないので個体数は多くはないのですが、最近、本種とアオバセセリを見る機会が、ここでは少なくなりました。

  8. 樹液のオオムラサキ - 秩父の蝶

    樹液のオオムラサキ

    いつもの散歩道では、樹液にオオムラサキ(Sasakia charonda)が沢山集まりピークを迎えています。多い木には10頭ほどついていました。(殆どメス)既に羽化のピークは過ぎているのですが、樹液には今、一番多くのオオムラサキが見られます。メスたちが産卵を控え栄養補給しているためでしょうか?それとも樹液の出が良くなったためでしょうか

  9. 真夏のメスグロヒョウモン - 秩父の蝶

    真夏のメスグロヒョウモン

    いつもの散歩道で、メスグロヒョウモン(Damora sagana)が見られました。まだ、夏眠明けの覚醒にはちょっと早いのですが・・・。

  10. 夏休眠中テングチョウ - 秩父の蝶

    夏休眠中テングチョウ

    ウラギンヒョウモンと一緒に飼育しているテングチョウですが、ウラギンヒョウモンと違ってある程度簡単に夏休眠するようです。

  11. 初撮りホソバセセリ - 秩父の蝶

    初撮りホソバセセリ

    近くの山(標高1000m)へ大型ヒョウモンの活動状況を見に行ってきました。曇り空という天気の影響もあってか、活動していたのは、ツマグロヒョウモンだけでした。過去の状況からみて、標高1000m付近では、まだ殆ど夏眠するようです。私が考えるに1500m位が境界のように思いますところで、ここでホソバセセリ(Isoteinon lamprospilus)が見られました。今年は、いつもの散歩道で、成虫...

  12. 夏眠実験中ウラギンヒョウモン - 秩父の蝶

    夏眠実験中ウラギンヒョウモン

    夏眠の実験中ウラギンヒョウモン(Fabriciana adippe)ですが、5/20からの羽化に始まり、現在(8/1)まで5頭が夏眠せず活動し続けています。夏眠の実験ではなく、長寿の実験になってしまったようです。

  13. ジャノメチョウの避暑 - 秩父の蝶

    ジャノメチョウの避暑

    いつもの散歩道では、夏場になるとジャノメチョウ(Minois dryas)が、樹林内で時々見られます。樹液にも来ますが、メインは秋までの避暑でしょうか?

  14. コチャバネセセリ2化 - 秩父の蝶

    コチャバネセセリ2化

    霧雨の中、いつもの散歩道に出かけてみました。思ったより沢山のチョウが見られ、その中で、コチャバネセセリ(Thoressa varia)の2化が出始めていました。

  15. ゴマダラチョウ初見 - 秩父の蝶

    ゴマダラチョウ初見

    いつもの散歩道で、ゴマダラチョウ(Hestina persimilis)が見られました。初見です。ここでは結構珍しい種で、年間3~4頭しか見られません。本種は河原の蝶なのかなぁ・・?誰かがエノキは河原の木だと言っていたような気がする。

  16. ウラナミアカシジミ - 秩父の蝶

    ウラナミアカシジミ

    いつもの散歩道で、ウラナミアカシジミ(Japonica saepestriata)が見られました。もう直ぐ8月というのに長生きですね。

  17. モンキアゲハ - 秩父の蝶

    モンキアゲハ

    いつもの散歩道で、モンキアゲハ(Papilio helenus)が見られました。止まっている時は紋が隠れます。

  18. 夏眠中?ミドリヒョウモン - 秩父の蝶

    夏眠中?ミドリヒョウモン

    いつもの散歩道で、ミドリヒョウモン (Argynnis paphia )が見られました。真夏に本種を観察したのは初めてです。これで、クモガタヒョウモン、メスグロヒョウモンに続き、本種も移動せずに発生地付近で夏眠に入っている可能性が大きくなりました。(当地では発生時の初夏は個体数が少なく、秋になると個体数が増えるので、発生地での夏眠ではなく、移動を考えていました)

  19. 夏眠中?ヒオドシチョウ - 秩父の蝶

    夏眠中?ヒオドシチョウ

    近くの山(標高1000m)へ行ったら、ヒオドシチョウ(Nymphalis xanthomelas)のボロがいた。少し標高が高いので、越冬個体かと思ったが、よく見るとボロなのはビークマークの影響で鱗粉は新鮮そうであった。しかし、ここでの新成虫の発生は6月上旬なので、もしかすると、この個体は休眠中、鳥に噛まれて、驚いて出てきたのかもしれない。どうも飛び方が弱々しかった。貴重な記録になりそうだ。

  20. ジャコウアゲハが羽化 - 秩父の蝶

    ジャコウアゲハが羽化

    いつもの散歩道で、見つけたジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)の蛹が今日羽化しました。7/7に蛹化したので10日間で羽化したことになります。早いですね、この暑さのためでしょうかね。

1 - 20 / 総件数:39 件

似ているタグ