戦争もののタグまとめ (5件)

戦争もののタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには戦争ものに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 天井桟敷ノ映画館

 『君の名は。』の大ヒットの陰に隠れながら静かにロングランを続けている本編は、市井の側から戦争を描いた秀作だった。『はだしのゲン』の惨さも『火垂るの墓』の悲壮なヒューマンドラマもないかわり、何気ない日常の愛おしさが次第に奪われていく、どうしようもない悲しみを描く。アニメーションだからできるファンタジックな映像表現で、丁寧に。慈愛に満ちた人間讃歌の物語となっている。広島・呉市の一家に嫁いできた...

by mintoの毎日

昨日はボランティア仲間と映画鑑賞に行って来ました19歳で嫁いだ女性の日常広島生まれ呉市に嫁ぐ戦争 怪我 姪っ子を亡くす配給を受ける原子爆弾(家族がで犠牲者も)空襲呉市は(軍港だから攻撃が激しい)と私が知っている事が描かれていた仲間には経験者も戦争の映画だと知らずに行った苦手でもアニメでとてもスローに描かれていて見る事が出来ましたアニメも初めて観ました(ジブリって言うのかな?)音が大きすぎます...

by 天井桟敷ノ映画館

 1950年代後半、西ドイツのフランクフルト。経済復興が進み、戦争の記憶が風化しようとしていくなか、検事長のフリッツ・バウアー(ブルクハルト・クラウスナー)はナチス戦犯の告発に執念を燃やしていた。ある日彼の元に、アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているとの密告状が届き、部下のカール検事(ロナルト・ツェアフェルト)とともに、潜伏場所の特定に奔走するのだが、ふたりは激しい妨害や圧力にさらされていく...

by It's a wonderful cinema

 2016年/日本 監督/片渕 須直 声の出演/のん      細谷 佳正 同じ日に大ヒット中のアニメ「君の名は。」も観たのですが、正直言って私は「この世界の片隅に」の方が良作だと思いました。 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、呉へとやって来る。やがて戦争は激しくなり、造船の町でもある呉は、激しい空襲にさらされる。そして1945年8月6日。広島に原爆が落とされる...

by 天井桟敷ノ映画館

 ジャパニメーションとはひと味違った魅力が、海外のアニメーションにはある。基盤のちがう異色な手触りがあるけれど、実写では描けない切実ななにかを表現する手段として作られたアニメーション作品には、無二の衝撃が伴う。 旧友との再会をきっかけに、なぜだか戦争の記憶を思い出せないことに気づいたフォルマン監督は、かつての戦友を訪ね歩き、失われた記憶を取り戻そうと試みる。やがてそれは、戦慄の真実として重く...

似ているタグ