手仕事のタグまとめ (105件)

手仕事のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには手仕事に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 吾唯足知な日々

今週はアッと言う間に終わりました。昨日は初腹部エコーを体験し、腹式呼吸に四苦八苦。肝臓、脾臓、胆嚢、膵臓、腎臓、胃、腸、婦人科系まで、丹念に調べて下さりましたが、どれも綺麗だと。ふふふ、内臓美人。なんて、にやけてる場合じゃない!次は胃カメラじゃ〜 mirucoコレクション、とどっくお包みは、なんとなく冬のイメージ。クールな大人な雰囲気です。ヘリンボーンのがま口乙女オヤジさま、ヘリンボーン熱発...

by Blanche  

タティングレースが大好きで、日々、色々なものづくりを楽しんでいます。小さいものから大きいもの、太い糸から細い糸。こうするとどんなものができるかな・・・と、考えては作り、ほどき、また結っていく。その繰り返しにとてもドキドキしてしまいます。そんなタティングレースのあれこれや、その他の手仕事のことなどこれから少しずつ綴っていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

三重県は桑名市で姉妹で制作活動されている、yukiesinbasiさん。一点もののウェディングドレスと陶器を作られています。なかなか東京では買える機会がなく、指をくわえてみていましたが。。。オンラインショップがオープンしました!!!オープン日の10時にスタンバイし、血眼でクリッククリック、入力クリック。ぎょぎょぎょ!!1枚既に最終画面で売り切れ(@_@;)パニくりながら、画面戻って買い物かご...

by codica

刺し子のミニふきん14枚目は「柿の花」を刺しました*柿の花は刺し方によって様々な模様ができます。今までにも柿の花を何枚か刺しましたが、今回は十字が入る模様にしてみました。糸は青の段染め糸です。とても綺麗な青。刺し進めると自然に表れる濃淡が美しいです。一緒に写っているのは、おやつの六花亭のチョコレート♪六花亭のパッケージデザインが昔から好きです^^※非売品です

by 「む一ちょ写真日記」

 過日、「大人の着物コーディネイトブック」(主婦と生活社)でお世話になった編集さんからお誘いいただき、東北の手仕事を扱うお店「ゆずりは」さんの東京展に、桜新町の呉服屋「なぐも」の女将とヘアメイクのちかさんの4人で出かけてきた。ゆずりはもなぐももちかさんもこの本に登場する面々。何か東北産なものを身につけて・・・と思ったけれど、あいにく米沢の紅花染めの反物は単衣で仕立ててしまいほかになく、去年夏...

by 直やのおうち・展示室

緊急開催!きものフリマ 直とゆみ編2月末の土日、ちょいとテイストの違う きものフリマになりそうです!2/25(土),26(日)土曜日13:00〜18:00、日曜日12:00〜17:00於 仕立直や 曳舟以下ゆみさんから!仕立直やさんの好評企画、きもの市フリマ編に今回はyumiutsugi bead works(ゆみ) も参戦です!コレクションからふだん使いにぴったりの着物やよそ行きにも活躍す...

by coton

移動雑貨店Skip、無事に二日間を終えました。雪の中、足を運んでくださりありがとうございました(^^)久しぶりのイベント、楽しかったなーー!すてきな空間に癒されてきました☆お世話になったみなさん、ありがとう!次のSkip待ち遠しいな。今週末もイベントあります!ワークショップもありますよ(^^)楽しみですーー

by 日々の暮らし

もうすぐ一年以上かけて作った本が発売になります。この季節から始める手仕事に一冊お供させていただけると嬉しいです。四季を愉しむ手仕事https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4309286208/ref=mp_s_a_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&qid=1486600480&sr...

by codica

刺し子のミニふきん13枚目は銭刺しを刺しました*この模様好きです♪それほど複雑な模様ではないけど、シンプルな模様は刺すのが難しい。。。四角がちっとも綺麗に刺せなくてくじけそうになりました^^;糸は小鳥屋さんのチャコールグレーです。(画像は青くなってしまいましたが・・・)この模様は渋い色の糸が似合うって勝手に思ってチャコールグレーをチョイスしました^^裏側のとても可愛いので、裏表を逆にして刺し...

by 建具やカフェ通信

先日、とても嬉しいことがありました。キッチンのリフォームを計画していて、杉の建具を作る予定のお客様が シンクの色を決めるためショウルームへ行ったそうです。その際、杉のサンプルも持っていって、杉に合わせてシンクの色を決めたとの事。 「やはり180年の杉の力はすごいね。杉をメインにキッチンの色を決めたよ。」とお電話がありました。 話を聞いた杉が大好きの社長もニコニコして嬉しそうでした。180年前...

by 建具やカフェ通信

10月の市民茶会にむけたお稽古がはじまりました。 先生から「一手ぬけた」と言われることも多いのですが・・・建具の世界でも「その一手の有り無しで出来上がりが全然違う」という事があります。 例えば、墨付け(材木に印をつける作業)の際、鉛筆ではなく白引き(しらびき)という先端が刃物になっている道具を使います。その刃をよく切れるように研いで、刃先が墨をつける外側に向けるようにします。 四角の穴を掘る...

by 建具やカフェ通信

先月21日から24日に開催された三渓園での日本の夏じたく。 四日間に渡り沢山ご来場頂き、ありがとうございました。 「簾戸の楽しみ方」という講座も行いました。 社長が20代の時に作った約40年前の簾戸を表具屋さんからお借りして、それを見ながら、簾戸を使い込む楽しさについてお話をしました。やはり40年ものの簾戸は年月を経た重みがあり、会場でもいぶし銀の輝きを放って いました。 長く使い込みその変...

by 建具やカフェ通信

今回のメルマガは白雲邸での講座についてお知らせします。 日本の夏じたくにて「簾戸の楽しみ方」の講座を開催します。21日(木)15時~16時 22日(金)~24日(日)11時~12時 40年以上前に社長が作った簾戸をお客様よりお借りして、それを見ながら「簾戸を使い込む楽しさ」を 鉋掛けや、組み立ての実演も交えてお話します。 ...

by 建具やカフェ通信

堀商店さんは、弊社社長も職人さんも大ファンでワークショップ開催は夢のようです。ご厚意に心より感謝申し上げます。 堀商店さんのホームページよりご紹介します。http://www.hori-locks.co.jp/company.html東京は新橋。近代的なビルが建ち並ぶ中、スクラッチタイル張りの重厚なビルが見えます。 堀商店の店舗です。そこでは120 年以上にわたり、私たちスタッフがお客様との...

by 建具やカフェ通信

2月のワークショップのテーマは茶室建具でした。 前日まで徹夜で茶室について調べ、資料を作ったのですが、 社長が途中から全然違う話を始めて、資料の出番はなく・・・残念でしただ、いい話でした!そこでの話を少し紹介します。 「茶室建具というと、特別なイメージがありますが、そんなことはなく茶室には障子もあり襖があり板戸がありますが、住宅にも障子があり襖があり板戸があります。」 「建築の方は詳しくない...

by 建具やカフェ通信

先日、神戸の竹中大工道具館へ行ってきました。 大学の教授で茶室の本も沢山書いていらっしゃる中村晶生先生の講演「日本の伝統建築の真・行・草」と先生と大工の升田志郎棟梁の対談を聞くためです。 会場は熱気にあふれ、作業服を着ていなくても大工さん だとすぐにわかる眼光鋭い大工さんも大勢来ていました。 立ち見の方も大勢で会場に入りきらない程でした。今回の口伝のコーナーは、そこでの話を少しご紹介します。...

by 建具やカフェ通信

「同じ形でも違う」 普通の障子、同じように同じ形で作っても違ってくるのです。どこが違うのかはっきりとは言えないのですが、佇まいが違います。その違いは、社長いわく・・・「こしらえる時の気持ち」なのだそうです。 長くきれいに使って欲しいな・・・と思いながら作ると ここはもう少し丈夫にしよう、とか、仕上げる前に鉋の刃を研いでおこうという事になるそうです。この気持ちを大事に、来年も精進しようと思います。

by 建具やカフェ通信

ためして入れる新潟の方言かもしれませんが、加減をみながら組むとい意味で、社内でよく使う言葉です。 先日、岡山からのお客様より、香川の美味しいうどんの話を聞きました。 香川で美味しいうどんのお店では、 湿度やお天気でやり方を微妙に変えているそうです。これは、建具も一緒でしょ?と。 社長も大きく頷いていました。マニュアルはなくて、 失敗を繰り返して、感覚で覚えていくしかない。 建具を組むときも、...

by 建具やカフェ通信

9月に開催された「ふるさとしばた職人祭り」 沢山のご来場ありがとうございました。 毎年恒例の職人体験では、マイ金鎚を持ってきてくれた小学生もいて、楽しい2日間となりました。そこで、建具をいくつか展示したのですが、 今年のダントツ1番人気は・・・枠はこげ茶色で、スリと透明の2種類のガラスが入った格子戸。 花子とアンの花子さんが最初に勤めた出版社にあるような、 雰囲気のある格子戸です。 真ん中だ...

by 建具やカフェ通信

先日、雪見障子の硝子が割れて、硝子の入れ替えをしました。 雪見障子の額の上部が外れるようになっていて、そこから硝子を入れるのですが、 上の額の部分、中に溝がしゃくってありました。これは、外す時に、木がしなってやりやすい ように、しゃくりを入れているそうです。このやり方は、建具屋さんで色々あるとの事。 硝子の入り方は、色々で、「へ~っ」というものが幾つか あるので、次回も引き続き・・ お楽しみに。

似ているタグ