採集のタグまとめ

採集」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには採集に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「採集」タグの記事(15)

  1. 6月22日 ジャンヒラ狙いのクワガタ採集!またノコギリばっかり~。 - くわがた散歩道

    6月22日 ジャンヒラ狙いのクワガタ採集!またノコギリ...

    昨晩は20時にyosukeさんお迎え行って、どこ行こうか迷いながら南に高速のってビューンって。途中食事して、いざ!!最初のポイントは相変わらず樹液出ず・・・微妙に出てたけど、虫らしいものはコクワくらい。銀座みたいなスポットも見ますが、採集されまくってるようで、高い所にノコが居たくらいでダメ。洞がいっぱいある場所も藪コキして突き進むも・・・コクワか、ヒラタは50㎜クラスばっかり。ノコギリはそれ...

  2. トガリバホソコバネカミキリ - 蝶と

    トガリバホソコバネカミキリ

    ハチに擬態し過ぎて鞘翅を短くしちゃったうえに刺す真似までするというホソコバネカミキリというカミキリムシの仲間の中でも、一番ハチっぽいと言われるトガリバホソコバネカミキリです。短くなってるさや翅の先が尖ってるから「トガリバ」ということみたい。場所と時期さえ合えばいっぱいいる所が見られるといいますが、確かにいっぱいいました。アシナガバチみたいです。トガリバホソコバネカミキリは、黄色いのと黒いのが...

  3. 6月17日 洞のクワガタ採集はジャンヒラを求めて! - くわがた散歩道

    6月17日 洞のクワガタ採集はジャンヒラを求めて!

    いよいよ梅雨って感じになりましたね!それでも北部九州は30度に届かない、どちらかと言うと冷夏みたいな涼しい状況。経験から言えば、暖冬の時は虫の発生は遅く、ダラダラ出てくる傾向にある。やっぱりしっかりした寒さと、はっきりとした季節変化が一度にしっかりした発生を生むのだろう。今年は雪もほぼ降らなかったし、そこまで寒いって日も少なかった。ヤマメに行く時も凍結で通行止めもなかったし、こういうのを考え...

  4. カミキリモドキ - 蝶と

    カミキリモドキ

    玄関の明かりにキバネカミキリモドキが来ていました。サイズは1.5㎝、黄土色の翅鞘以外は胸部も頭部も触角も足も真っ黒です。触ると甲虫らしからぬフワッと感。ジョウカイボンやカミキリモドキのあの、ビニール系脂取り紙を触った時のようなしっとりした柔らかい感触があります。甲虫に興味持ち始め程度の私としては、ん?カミキリか?いや多分この感触はカミキリじゃなくてジョウカイボンか?カミキリモドキか?いやまて...

  5. 6月15日 連日連夜のクワガタ採集!ノコギリばっかり~凹む~。 - くわがた散歩道

    6月15日 連日連夜のクワガタ採集!ノコギリばっかり~...

    ジャンヒラまだ採ってないんで連日連夜!!正直、まだ早いのが北部九州ですね。これはどこ行ってもそんな樹液が出てる木が少ない、そしてカシワやコナラの持ち球が少ない、ここが僕のスタートを躓きさせました。この日は飲み会のyosukeさんの帰宅を待って、睡眠不足、泥酔で採集。(yosukeさんがね!良い子は真似しないように(笑)「もう俺は歩けんからね」と連呼するんで、ほぼほぼ歩いてすぐのような場所をし...

  6. 春のヒメキマダラヒカゲ - 蝶と

    春のヒメキマダラヒカゲ

    昨年、8月中旬に愛知県でヒメキマダラヒカゲを採集。こりゃ絶対2化だろうと思って、ぜひ愛知県の春のヒメキマダラヒカゲも見てみたいと思っていたのです。 去年捕った場所には5月から何度も何度も足を運びましたが、捕れず。諦めかけていたら本日偶然ちょっと離れた別の場所で捕れました。けっこう擦れてるし、やっぱりもうちょっと前から出てたに違いない。春のヒメキマダラヒカゲ↓夏のがこちら↓色の濃いのは同じです...

  7. ジャンヒラコンテスト&ロクヒラコンテスト中間発表第1弾! - くわがた散歩道

    ジャンヒラコンテスト&ロクヒラコンテスト中間発表第1弾!

    書くのが遅くなりましたが、第1回目のジャンヒラコンテスト&ロクヒラコンテストの順位経過でーーーす!なんとどちらも一名だけの応募でした。いやー僕も66㎜止まり。山口県のUさんも同じでメールきてました。ありがとおーーございます♪いっぱい応募が来たら別で記事にする予定ですが、今のところ一緒にUPします。ということで今現在の1位は・・・・ジャンヒラコンテスト暫定1位6月4日採集 宮崎県日南市産 69...

  8. クロコノマチョウ 幼虫 - 蝶と

    クロコノマチョウ 幼虫

    クロコノマチョウの幼虫を見つけました。青虫に黒いウサギのお面をつけたわけじゃないです。もともとこういう姿の幼虫です。顔と胴体のギャップがすごいです。最近は、オオムラサキの幼虫がかわいいといって話題になっているようですが、この子もかなりかわいいと思います。成虫が枯葉の間で越冬するとかで、豪雪地帯にはいないということになっているのですが、最近は温暖化の影響なのか、生息地がどんどん北上していて、長...

  9. 近所のウラゴマダラシジミ - 蝶と

    近所のウラゴマダラシジミ

    近所のウラゴマダラシジミを探してみました。結局、自分の街のウラゴマダラシジミは見つけられず。自分の街のすぐ隣の町…ほんの少し入ったところで見つけました。おしい。自分の街にもいると思うんだけどなー。くっそー愛知県のウラゴマダラシジミは、本来山の方の黒っぽいウラゴマダラシジミが主流って話だから、多分隣町のも黒っぽいウラゴマダラシジミというやつなんだろうと思います。でも、なんせ速くて速くて。そして...

  10. ウラゴマダラシジミ - 蝶と

    ウラゴマダラシジミ

    最近、海沿いに生息地を見つけたので雄雌一頭ずつ持って帰ってきました。ウラゴマダラシジミはこれまで見たことは多々ありますが、捕ったことはほとんどありませんでした。飛んでいる所を見ると、見た目はちょっと小さめのモンシロチョウです。が、だいたいすごいスピードで飛んでいるので、すぐにモンシロチョウではないとわかります。じゃあ、ウラギンシジミか?とあれこれ頭の中に浮かんでいるうちに、ハイスピードでどこ...

  11. オオクワガタ採集 2017 その1 - チラシの裏 VerⅢ

    オオクワガタ採集 2017 その1

     執筆中・・・・。

  12. ミカドアゲハ - 蝶と

    ミカドアゲハ

    愛知県の超有名産地です。さすが人が多いー平日なのに。ミカドアゲハが一番舞い降りてくるという、食樹の目の前の花のあるポイントに、本日6名程が集結。採集者4人に写真屋2人…さらにちょっと離れたところに採集者もう2人。たまに降りてきても互いに遠慮し合って捕れやしません。これだからネットにあがるような超有名産地は辛い。今日は嫌な思いをしました。主に、ある二人組の採集者に。そりゃ、これじゃ採集者が悪者...

  13. カバシャクは今年も… - 蝶と

    カバシャクは今年も…

    2014年、クモマツマキチョウを探していて、雪の積もる山の上でオレンジ色のセセリチョウが飛んでいる気がして不思議に思っていました。2015年、違う山の上でヒメギフチョウを探していて、オレンジ色のセセリチョウのようなものがたくさん飛んでいました。地面に止まっているその虫をよく見ると、セセリチョウではなくて蛾だということがわかりました。写真にとって後で調べたら、その虫の正体がカバシャクだとわかり...

  14. モンキチョウ - 蝶と

    モンキチョウ

    モンキチョウは都会でも割とよく見られる身近な蝶ですが、「モンキ=紋黄」と言うくせに黄色いのは主に雄で、実は雌は白いということは、虫捕りでもやっていなければ知らないことではないでしょうか。雄だけ黄色くても雌が白いなら、雌は紋黄じゃなくて紋白じゃないかと若干納得いかない気持ちになります。ところが最近、モンキチョウの雌は白でなく黄色いものがいると知りました。それでこそまさにモンキチョウです。知った...

  15. スギタニルリシジミの山 - 蝶と

    スギタニルリシジミの山

    私にとってスギタニルリシジミは、春先に山の中でギフチョウやヒメギフチョウを探していると出会う、くすんだルリシジミのような蝶です。くすんだルリシジミってどんな感じかというと、こんな感じ↓左がルリシジミ♀、右がスギタニルリシジミ♀。見ての通り、地色がちょっと濃いか薄いかの違いくらいで、ほとんど同じ蝶です。写真のものはサイズは違いますが、同じ蝶の中でも幼虫の頃の栄養状態の差でこの程度のサイズの違い...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ