放射能汚染のタグまとめ

放射能汚染」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには放射能汚染に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「放射能汚染」タグの記事(15)

  1. 「放射性物質の飛散心配」福島の山林火災やっと鎮火「県の安全強調は拙速」ダスト測定数値上昇 /こちら特報部 東京新聞 - 瀬戸の風

    「放射性物質の飛散心配」福島の山林火災やっと鎮火「県の...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源  【 要約 】 浪江、双葉両町の山林火災は5月10日、12日目にようやく鎮火した。現場が帰宅困難区域だっただけに、インターネット上では「放射性物質が飛散する」などの情報が飛び交った。 周辺の空間線量率に大きな変化は見られず、県は当初から「周辺環境に影響が及んでいる事実は...

  2. 双葉町、大熊町の今 /こちら原発取材班 東京新聞  - 瀬戸の風

    双葉町、大熊町の今 /こちら原発取材班 東京新聞 

    F1事故から6年が過ぎても、原発が立地する大熊、双葉両町の大半の地区は、許可がなければ立ち入りすら出来ない。 放射線量の状況は5月3日と10日付の本欄でお伝えした。今回は、南側の富岡町から北側の浪江町までの広域の線量マップとともに、大熊、双葉両町の様子を写真で報告する。 JR双葉駅近くの通りでは、倒壊した家屋が多く残っていた。 復興拠点とされるJR常磐線双葉駅周辺では、除染作業が進んでいた。...

  3. 韓国の原発で事故が起きれば… 韓国の研究者燃料プールで火災想定 /こちら特報部 東京新聞 - 瀬戸の風

    韓国の原発で事故が起きれば… 韓国の研究者燃料プールで...

    韓国の物理学者 姜政敏(カンジョンミン)博士が都内で講演し、「韓国古里原発3号機で使用済み燃料プール火災が起きたら、西日本が放射能で汚染される」という衝的なシュミレーション結果を説明した。原発事故は一国だけの問題ではないと警鐘を鳴らす。4月28日衆院第一議員開館の講演会で、姜博士がスクリーンに東アジアの地図を投影すると、聴衆は息をのんだ。韓国南東部の沿岸から、火炎放射器が火を噴いたような赤や...

  4. 福島・浪江の帰還困難区域 山林火災11日間消えず 除染手つかず防護服で消化/東京新聞 - 瀬戸の風

    福島・浪江の帰還困難区域 山林火災11日間消えず 除染...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】F1事故で帰還困難区域になっている浪江町の4月29日に起きた火災は、消火活動が難航し、9日夕時点でも鎮火出来ていない。インターネットで「放射能が飛散する」といったうわさが飛び交い、県は測定データを公表し「現時点では影響はない」と説明。消失面積は50ヘクタール以上。...

  5. 福島・双葉町の放射線は今 北西と西に高線量の帯 /こちら原発取材班 東京新聞 - 瀬戸の風

    福島・双葉町の放射線は今 北西と西に高線量の帯 /こち...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】双葉町は「帰宅困難区域」に指定されている。調査は4月17日。現実に見る街は想像以上に厳しかった。山側に行くと状況は一変。山田地区では10μSvを超える地点が多く、線量計のアラームはなりっぱなし。今回の最高値は14.05μSv/hだった。       東京新聞29...

  6. 福島・大熊町の放射線は今 南と西に高線量地帯 /こちら原発取材班 東京新聞 - 瀬戸の風

    福島・大熊町の放射線は今 南と西に高線量地帯 /こちら...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】原発取材班は双葉町に続き、大熊町の帰還困難区域に入り、放射線の状況を調べた。F1の南と西に10マイクロシーベルト/時を超える高線量地帯が広がっていた。高い線量を示す赤い帯が北西の飯館村方向に延びている様子が見て取れる。大熊町は全体的に線量が高かった。大熊町の中心は...

  7. 幼児用ヨウ素剤自治体購入可能に メーカー一転受注応じる。/東京新聞 - 瀬戸の風

    幼児用ヨウ素剤自治体購入可能に メーカー一転受注応じる...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】安定ヨウ素剤のゼリー剤について、内閣府からの受注生産のみ対応していた開発メーカーが、自治体からの注文も受け付ける。「日医工」(富山県)がゼリー剤を開発した。納品まで約3ヶ月かかると言う。          東京新聞29年4月28日・・・311で東電はヨウ素剤を用意...

  8. 浪江町の放射線量は今 山側に近づくにつれ上昇 グーグル地図 /こちら原発取材班 東京新聞 - 瀬戸の風

    浪江町の放射線量は今 山側に近づくにつれ上昇 グーグル...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】 3月末に常磐道より海側地域の避難指示が解除された浪江町で、原発取材班は、放射線量の状況を調べ、マップにまとめた。 山側に近づくにつれ線量は上昇。0.5μSv/h前後まで上昇した。 1.6μSv/hを示した地点の表土を持ち帰って調べると放射性セシウム約12万Bq...

  9. 福島 樽葉・富岡町の空間線量は こちら原発取材班 /東京新聞 - 瀬戸の風

    福島 樽葉・富岡町の空間線量は こちら原発取材班 /東京新聞

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源 【 要約 】 F1事故による避難指示が解除されてか1年半がたった樽葉町と、4月1日に解除される富岡町を走り、空間線量の状況を調べた。 住民が一割ほど戻った樽葉町では、北部を除けば、おおむね毎時0.2マイクロシーベルトを下回っていた。除染が行き届いていない山間部やF1に近づく...

  10. 樽葉町・富岡町の住民帰還 若い世代は戻らぬ現実 夜は人の姿ぱったり /こちら原発取材班 東京新聞 - 瀬戸の風

    樽葉町・富岡町の住民帰還 若い世代は戻らぬ現実 夜は人...

    こちら原発取材班 東京新聞今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】本紙原発取材班は1年半前にF1事故の避難指示が解除された樽葉町と、4月1日に解除される富岡町を車でくまなく回り、住民の帰還状況を調べた。樽葉町 全世帯数 2826 取材班が確認 430 町が確認した帰還世帯 441富岡町 全世帯数 545...

  11. 原発事故による 指定廃棄物の総量と内訳 首都圏2万3000トン進まぬ処分/東京新聞 - 瀬戸の風

    原発事故による 指定廃棄物の総量と内訳 首都圏2万30...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】F1で発生した首都圏の「指定廃棄物」は約2万3000トン。高濃度の放射性物質を含むが、一時保管は長引き、事故から6年たつ今も最終的な行き先や処分の見通しが立たないままだ。福島     157,937 トン栃木      13,533 トン千葉      3,7...

  12. F1 減らぬ汚染水 険しい廃炉 たまる汚染水 デブリどこまでわかった?/東京新聞 - 瀬戸の風

    F1 減らぬ汚染水 険しい廃炉 たまる汚染水 デブリど...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】F1では、2号機でデブリの調査が1歩進んだものの詳細は不明だ。6年たっても、日々大量に発生する汚染水に足を取られ、苦しい闘いが続く。「廃炉まで30,40年」はあくまで目標。道筋は見えない。汚染水の悩みは消えず、100万トンを突破。凍土壁も、効果は確認出来ない。  ...

  13. 避難先移住1万件に迫る 帰れない苦渋の移住 福島指示解除の現実厳しく/東京新聞 - 瀬戸の風

    避難先移住1万件に迫る 帰れない苦渋の移住 福島指示解...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】故郷を追われた人たちが、避難先で住宅を取得して移り住む動きが強まり、1万件近くにのぼる。政府は次々と避難指示を解除し帰還を推し進めようとするが、避難住民の多くは厳しい故郷の現実を前に、避難先で落ち着こうとする様子がうかがえる。原発事故避難者福島県内外で   約8万...

  14. 「原発の隣に帰れるか」「若い意見聞かぬまま」「五輪を利用して幕引きか」浪江町住民説明会 /東京新聞 - 瀬戸の風

    「原発の隣に帰れるか」「若い意見聞かぬまま」「五輪を利...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】2月1日浪江町と国が開いた説明会146人の町民が参加「廃炉作業中にまた事故が起きたらどうするの」相次いだのは不安の声だ。全町避難を余儀なくされている。18,493人が県内外で ちりじり に暮らしている。「第一原発では大量の燃料が処理されまいままになっている。どのく...

  15. 「いじめ話すと母に迷惑かける…」千葉に原発避難の高一女子 転校直後の体験証言/東京新聞 - 瀬戸の風

    「いじめ話すと母に迷惑かける…」千葉に原発避難の高一女...

    今日、 ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源【 要約 】「いじめに遭う子が減ってほしい」「放射能は うんち みたいで汚いから近寄るな」「福島から来たから原発の放射能がくっついてくる」他の女子児童が男子児童に「そんなこといわないで」と注意したり「汚くないから」と言い返したことで、いじめはやんだ。「引っ越したばかりで、母や...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ