文学温泉紀行のタグまとめ

文学温泉紀行」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには文学温泉紀行に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「文学温泉紀行」タグの記事(4)

  1. 「文学温泉紀行」まとめ編⑤ ちっちゃな旅の想い出 - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    「文学温泉紀行」まとめ編⑤ ちっちゃな旅の想い出

    2017年5月29日(月)旅はかみさんの手作り弁当から始まった。(有馬での昼食)酢牡蠣とハイボールで旅の無事を祈念する。(相生湾でペーロン祭の練習の太鼓を聞きながら・・・)日東第一形勝の地で仙酔島巡りをしたあと対潮楼へ立ち寄ったがもう閉まっていた。その代わり付近に龍馬の隠れ宿を見つける。志賀直哉の旧居は急坂な上にあった。降り道から船が見えた。広島の中心街にお好み焼き村がある。開業して53年、...

  2. 「文学温泉紀行」まとめ編③ 湯めぐり - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    「文学温泉紀行」まとめ編③ 湯めぐり

    2017年5月28日(日)今回訪れた温泉は、全部で12温泉14か所であった。有馬温泉(陶泉御所坊、共同浴場・銀の湯)鞆の浦温泉(鞆シーサイドホテル)羅漢温泉(道の駅スパ羅漢)湯田温泉(共同浴場・亀の湯)萩本陣温泉(萩本陣)温泉津温泉(長命館・元湯)玉造温泉(保性館)皆生温泉(夢寛歩皆生)関金温泉(共同浴場・関の湯)三朝温泉(依山楼岩崎)岩井温泉(共同浴場・ゆかむり温泉)城崎温泉(外湯・御所の...

  3. 「文学温泉紀行」まとめ編② 「七変化」する萩焼 - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    「文学温泉紀行」まとめ編② 「七変化」する萩焼

    2017年5月27日(土)萩焼は古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきた。陶土と釉薬の具合によって生じる「貫入」、さらに、使い込むことによって生じてくる「七変化」に特徴がある。貫入は器の表面の釉薬がひび割れたような状態になることで、七変化はその貫入が原因で、長年使い込むとそこに茶や酒が浸透し、表面の色が変化して枯れた味わいを見せることである。開窯は400年前、毛利家...

  4. 「文学温泉紀行」まとめ編① 9日間総走行距離1650km - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    「文学温泉紀行」まとめ編① 9日間総走行距離1650km

    2017年5月27日(土)9日間/総走行距離1650km (2017.5.18~26)1日目 大津~相生   有馬温泉 姫路城 旧船坂小学校2日目 相生~福山  鞆の浦温泉 鞆の浦島巡り 岡山城3日目 福山~廿日市 羅漢温泉 尾道 広島市内見物(原爆ドーム・宮島) 4日目 廿日市~美東 湯田温泉 中原中也記念館 雪舟庭園 瑠璃光寺 SL号5日目 美東~萩   萩本陣温泉 秋吉台 秋芳洞 萩城...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ