文春文庫のタグまとめ

文春文庫」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには文春文庫に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「文春文庫」タグの記事(3)

  1. [時代小説]佐伯泰英:「新・酔いどれ小籐次(八)夢三夜」 - 新・日々の雑感

    [時代小説]佐伯泰英:「新・酔いどれ小籐次(八)夢三夜」

     佐伯泰英さんの「新・酔いどれ小籐次(八)夢三夜」(文春文庫)を読了。この8巻と次の9巻は2か月連続の刊行だ。 年が変わって文政八年(1825)になった。今巻は正月早々の小籐次が見た夢からはじまる。小籐次は昔の夢を見るようになったのは年をとったせいかと思うが、“老い”というのも、このシリーズのテーマのひとつなのかもしれない。老いたとはいえ、小籐次は、血は繋がっていないものの、自分の子として駿...

  2. 「悲しみのイレーヌ」 - 道草日和。

    「悲しみのイレーヌ」

    「悲しみのイレーヌ」ピエール・ルメートル文春文庫信じて読んできて、あるところで「いや違う」と気づかされる。その衝撃。いつもピエール・ルメートルはそうしたものをくれる。ぜひ「その女アレックス」より前に本書を読んで。なぜ、日本語訳出版が「アレックス」を先にしてしまったのか。「アレックス」を先に読んでしまった私は、「イレーヌ」の結末を知っていたのだから残念。

  3. 【お仕事】6/8発売『空棺の烏』阿部智里著(文春文庫)装画を担当しています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】6/8発売『空棺の烏』阿部智里著(文春文庫)...

    装画を担当した『空棺の烏』阿部智里著(文春文庫)が、6/8に発売予定です。発売まであと10日程ありますが、先日見本をいただきました。帯を見て驚きましたが、とうとうシリーズ累計80万部突破だそうです。(2015年「空棺の烏」単行本発売時は15万部)そういえば、先日装画を担当した「縁見屋の娘」三好昌子著(宝島文庫)は20万部突破、他にも担当した装画は何冊かありますが、合わせると私が表紙を描いた本...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ