文楽のタグまとめ

文楽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには文楽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「文楽」タグの記事(6)

  1. この伝統を絶やすな 「山城少掾自伝」&「文五郎芸談」 - 梟通信~ホンの戯言

    この伝統を絶やすな 「山城少掾自伝」&「文五郎芸談」

    暑い暑いと言っててもしょうがない、早起きしてゴミ捨て・洗濯・ストレッチ・掃除、汗をかいてシャワーを浴びてイイキモチ、暑さを逆手に取って老いの反抗だ。きのうの散歩で見つけた、これはセミの抜け殻だろうか、あまりに早いような気もする。これは間違いなくタチアオイ、やっぱり夏が来た。これから長いお付き合いだ。紫陽花ももうすぐだ。ずいぶん前に古本屋で買った本の塵を払った。武智鉄二や扇雀(前の)が徹底的に...

  2. 女忠臣蔵でますます文楽!「加賀見山旧錦絵」@国立劇場 - 梟通信~ホンの戯言

    女忠臣蔵でますます文楽!「加賀見山旧錦絵」@国立劇場

    一昨日は国立劇場で人形浄瑠璃・文楽「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」を観た。豊竹呂太夫襲名披露の第二部というから、それも見ようとチケットを買ったのだったが、行ってみたら、こっちには呂太夫は出ない。銭湯で汗を流して劇場前の名残のツツジを楽しんでいい心持で開演を待つ。「筑摩川の段」、簾内から「雲誘ふ風に降りしく春雨の音や川瀬に紛るらん」、突拍子もない高い一本調子の「雲さそふ」で始...

  3. おさんぽ人形 - キッズクラフト子ども絵画造形教室・大阪市淀川区と豊中・箕面 

    おさんぽ人形

    トコトコどこにでも歩いていくおさんぽ人形を作りました。最近人形づいています。3度目の文楽六代目豊竹呂大夫さんと菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)大学の授業で読まされました。当時は興味なかったけれどこの年齢になって泣けました。4月9日襲名披露公演長井望美「月の仔」なにわ人形劇フェスティバルひとり人形芝居(人形は演者の制作)4月2日天王寺キッズクラフトのおさんぽ人形は円筒形に穴をあ...

  4. 4月文楽公演 楠昔噺 曾根崎心中 - いちじく日記*てんかんをご存知?*

    4月文楽公演 楠昔噺 曾根崎心中

    大阪日本橋、国立文楽劇場の4月公演を観てきました。豊竹呂太夫襲名披露で、第一部に口上があったのです。口上はふだん見ることのない太夫さん三味線さん人形遣いさんの生の声が聞けることもあり楽しいのはわかってるのだけど、午後4時からの第二部は曾根崎心中がある。 NHKドラマ「ちかえもん」から、曾根崎心中がきたら行こうと決めていたのです。通しで観るという選択は厳しい(体力的に)ので、第二部を観ることを...

  5. 人間国宝 竹本住大夫、文楽を語る@堺市東文化会館 - 艶芸サロン

    人間国宝 竹本住大夫、文楽を語る@堺市東文化会館

    2017/2/18堺市がどれだけ遠いか考えず、当選して「あちゃー」。長らく出かけないと、こんなに億劫になるもんかな。引退された竹本住大夫の講演会。お元気そうで嬉しい。お稽古もご覧になるそうで、引退はされても席は文楽にあるとのこと。文楽通の落語作家・小佐田定雄さんが聴き手。昔話は幼少から戦争体験、修行時代とこれからの文楽。楽しい1時間半。せっかく南海沿線に来たので、お友達に連絡。久しぶりに親戚...

  6. 平家女護島 - 和の生活を楽しみたい ☆ 忙中有閑

    平家女護島

    昨日は、東京でも雪が降りました。一日休暇を取りまして(注:今は昨年の年休を取れる時期なのです)、半蔵門の国立劇場に文楽を見に行ってきました。「平家女護島」ひとり鬼界が島に残る俊寛、置いていかれそうになって嘆く千鳥、どれも人形ならではの動き、表現があって、引き込まれました。清盛がこの上ない悪党に描かれていましたが、吉川英治の「新・平家」が好きな私は、清盛をあまり悪者とは思っていないので、「いや...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ