日本の小説・文学のタグまとめ

日本の小説・文学」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本の小説・文学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本の小説・文学」タグの記事(2)

  1. 高台にある家 - foggyな読書

    高台にある家

    著者は水村節子。自らの生い立ち、ひいては自らの母親の数奇な運命をたどるという、自伝的小説。著者唯一の小説なのだそうだが、きちんと小説作法の先生について(しかも、最高の批評家を得て)書かれたため、十分に読むに堪える作品になっている。それどころか面白い。で、水村節子の娘である、作家・水村美苗が、あとがきに文章を寄せている。彼女は母親と祖母から話を聞かされて育ち、「これは小説のネタだ」と思っていた...

  2. 有頂天家族 - foggyな読書

    有頂天家族

    森見登美彦の京都ファンタジー。狸の家族の物語です。能天気です。阿呆です。解説を書いているのは上田誠という人。森見原作のアニメ「四畳半神話体系」の脚本を書いた人だそうで。「物語の核を見極めて、それ以外のところをそぎ落していけばいいだろう」と思って脚本を書き始めたら、大変なことになったそうで。なぜなら、そぎ落としてしまうと、物語のいちばんの魅力がなくなってしまった。。。。なるほどね、と思いました...

1 - 2 / 総件数:2 件

似ているタグ