日本映画のタグまとめ

日本映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本映画」タグの記事(24)

  1. 「三度目の殺人」 - ひとりあそび

    「三度目の殺人」

    昨日急に時間が空いたので、見たかった映画「三度目の殺人」を見に行った。実は、「誰も知らない」以来私は是枝監督の映画はできるだけ見るようにしている。ただ、家族を描いた作品よりも、「誰も知らない」「空気人形」が殊の外好き。さて、この「三度目の殺人」も、是枝映画のある意味代表作だと思った。非常に実験的な作品であること、にもかかわらず是枝色が濃厚に出ているように思う。映画は初めから終わりまで、ピンと...

  2. 湯を沸かすほどの熱い愛 - 龍眼日記  Longan Diary

    湯を沸かすほどの熱い愛

    これ、劇場鑑賞しなくてよかった。面白くないから、ではなく、涙と鼻水でスゴイ顔に・・・。(笑)もちろん泣ければ良い作品だなんて考えはサラサラない。不治の病、家族の絆なんていうアイテムがそろえばとりあえず泣ける作品は出来上がるということも想像がつく。しかし本作は私の予想を軽々と超えていった。まず予想外だったのは途中双葉(宮沢りえ)と娘2人が旅に出ること。更にあ、これは自分の病について娘に話をする...

  3. 「鉄砲玉の美学」 Aesthetics of a Bullet  (1973) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「鉄砲玉の美学」 Aesthetics of a Bu...

    監督:中島貞夫企画:天尾完次脚本:野上龍雄撮影:増田敏雄編集:市田勇音楽:頭脳警察音楽監修:荒木一郎出演:渡瀬恒彦   杉本美樹   碧川ジュン   森みつる   小池朝雄   荒木一郎   望月節子   城恵美   松井康子   川谷拓三   片桐竜次日本映画/97分/カラー作品 <あらすじ>関西を拠点にする暴力団・天佑会は南九州への進出を狙い、血気盛んな若いチンピラを鉄砲玉として宮崎へ送...

  4. 散歩する侵略者 - 龍眼日記  Longan Diary

    散歩する侵略者

    久しぶりに自転車に乗り、駐輪場でカギを抜こうとしたら抜けない。ダンナにその話をしたら「ロックはかかるけどカギが抜けないのか?」と聞かれた。そこで初めて気が付いた。「ロックかけずに必死にカギを抜こうとしていた」と。一体どういうことだろう。自分で自分が怖くなった。「散歩する侵略者」を観て思った。そうか、私は宇宙人に遭遇して「自転車のロックをかける」という概念を奪われてしまったのだ。そうとしか思え...

  5. 見ちゃだめ!(PART 1) - デンマンの書きたい放題

    見ちゃだめ!(PART 1)

     見ちゃだめ!(PART 1) (ken203g.jpg)(ken303.jpg) (himiko22b.gif)デンマンさん。。。 和服姿の女性のお尻に惹かれるのでござ~♪~ますか?(kato3.gif)ん。。。? 僕が和服姿の女性の尻に惹かれている、と卑弥子さんは思うのですか?だってぇ~、上のイラストを見ると、そうとしか考えられないじゃありませんかァ!あのね...

  6. 見ちゃだめ!(PART 2) - デンマンの書きたい放題

    見ちゃだめ!(PART 2)

     見ちゃだめ!(PART 2)【卑弥子の独り言】(himiko22.gif) ですってぇ~。。。あなたも、素直には信じられないでしょう?でも、『雨月物語』は確かに感動する映画ですわ。。。あなたも、まだ観たことがないのならば、ぜひDVDを借りて観てくださいねぇ~。。。(ugetsu7.jpg)雨月物語 (映画)(ugetsu1.jpg)あたくしも感動いたしましたわァ~♪~。。。ところ...

  7. 八月に観た戦争映画 - ひとりあそび

    八月に観た戦争映画

    今朝「海辺の生と死」のレビューを書きながら、八月に観た戦争映画のことを思い出した。戦争映画といっても戦闘場面のない戦争映画なのだが、全て観たのは八月である。毎年八月になると、戦争について、あるいは平和について考える機会が急に増える。そして、これは封切り映画についても言えることなのかもしれない。このブログを手掛かりにすると次のような映画である。2008年 「YASUKUNI」2010年 「キャ...

  8. 「海辺の生と死」 - ひとりあそび

    「海辺の生と死」

    昨日、半年以上足が遠のいていた岡山シネマクレールへ急に行くことになった。「海辺の生と死」が今週限りの上映だと知ったからである。つくづく私の人生、思い立ったが吉日そのままやんか、と思う。太平洋戦争末期の奄美群島・加計呂麻島を舞台に、国民学校教員トエと海軍特攻艇隊の隊長朔中尉との激しくも儚い恋が描かれる。けれどこの映画は、やはり私の中では戦争映画として分類されるものではある。二人の恋も、戦争とい...

  9. いつまた、君と ~何日君再来~(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    いつまた、君と ~何日君再来~(日本映画・2017年)

    日17-102  ★★★(ショートコメント)                    <TOHOシネマズ西宮OS>                    2017(平成29)年6月24日鑑賞                    2017(平成29)年6月28日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意...

  10. テルマエ・ロマエⅡ ☆☆☆☆☆ - The Movie -りんごのページ-

    テルマエ・ロマエⅡ ☆☆☆☆☆

    2014/米 監督:武内英樹 出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢ストーリー(映画.comより) 斬新なテルマエ(浴場)を作ったことで一躍人気者になった古代ローマの浴場設計士ルシウスは、  コロッセオにグラディエーターたちを癒す浴場を作ってほしいと頼まれ頭を悩ませる。 そんな時、またしても現代日本へタイムスリップしたルシウスは、平たい顔族(=日...

  11. テルマエ・ロマエ ☆☆☆☆☆☆☆☆ - The Movie -りんごのページ-

    テルマエ・ロマエ ☆☆☆☆☆☆☆☆

    2012/米 監督:武内英樹 出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢ストーリー(映画.comより) 生真面目な性格で古き良きローマの風呂文化を重んじる浴場設計師のルシウスは、ふとした  きっかけで現代日本にタイムスリップ。 そこで出会った漫画家志望の真実ら 「平たい顔族(=日本人)」 の洗練された風呂文化に  衝撃を受ける。 古代ローマに戻りその...

  12. ろくでなし(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    ろくでなし(日本映画・2017年)

    日17-99  ★★★(ショートコメント)                    <ビジュアルアーツ大阪試写室>                    2017年6月23日鑑賞                    2017年6月27日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!↓↓↓監督:...

  13. 22年目の告白 -私が殺人犯です-(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    22年目の告白 -私が殺人犯です-(日本映画・2017年)

    日17-92  ★★★★                    <TOHOシネマズ西宮OS>                    2017年6月11日鑑賞                    2017年6月16日記 1995年に起きた連続殺人事件でも、「公訴時効」が完成すれば犯人は自由。そして出版も自由。その殺人犯が自ら書いた暴露本はベストセラーに。犯人がイケメンなら、なおさらだ。 そん...

  14. 花戦さ(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    花戦さ(日本映画・2017年)

    洋17-89  ★★★(ショートコメント)                    <梅田ブルグ7>                    2017年6月9日鑑賞                    2017年6月14日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!↓↓↓監督:篠原哲雄脚本:森...

  15. 武曲 MUKOKU(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    武曲 MUKOKU(日本映画・2017年)

    日17-88  ★★★★                    <シネ・リーブル梅田>                    2017年6月6日鑑賞                    2017年6月9日記 チャンバラと剣道はハッキリ違うはずだが、「武」の綾野剛に対する「曲」の村上虹郎を見ていると・・・? 藤沢周平ならぬ藤沢周の原作を熊切和嘉監督が映画化した本作は、綾野剛の筋肉美が強調され...

  16. 「ドーベルマン刑事(デカ)」 Doberman Cop  (1977) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「ドーベルマン刑事(デカ)」 Doberman Cop...

    監督:深作欣二企画:松平乗道   奈村協原作:武論尊   平松伸二脚本:高田宏冶撮影:中島徹主題歌:西浜鉄雄挿入歌:弘田三枝子出演:千葉真一   ジャネット八田   松方弘樹   松田英子   岩城滉一   室田日出夫   川谷拓三   志賀勝   橘麻紀   藤岡重慶   遠藤太津朗   星野じゅん   小林稔侍   成瀬正   穂積隆信日本映画/90分/カラー作品 <あらすじ>新宿のアパ...

  17. 君の膵臓をたべたい - 陽だまりcafe

    君の膵臓をたべたい

    「君の膵臓をたべたい」。原作本が気になっていたけれど映画を観てから読もうとぐっと我慢。。そんなこんなの映画鑑賞。。。ちょっと怖そうなタイトルとは全然対極、心の琴線にぐっとくる素敵な素敵な物語だった。。美しくも儚い言葉が散りばめられ若い高校生二人の瑞々しい青春の煌めきがとても眩しかった。老若男女、年齢は問わない映画かもしれない。。寿命ってなんだろう。生きるってなんだろう。。。自分は本当に一日一...

  18. 映画「海賊と呼ばれた男」 - 読書の時間

    映画「海賊と呼ばれた男」

    海賊とよばれた男 [DVD]posted with amazlet at 17.07.08Sony Music Marketing inc. (JDS) = DVD = (2017-07-05)売り上げランキング: 107Amazon.co.jpで詳細を見る海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)posted with amazlet at 17.07.08海賊とよばれた男(上) (講談社文庫...

  19. FAKE - 龍眼日記  Longan Diary

    FAKE

    佐村河内守氏の一連のゴーストライター騒動は記憶に新しい。例の騒動で私は初めて佐村河内氏の存在を知った。つまり一方的にマスコミに叩かれる彼の姿とメディアから発信される彼に関しての疑惑でしか彼を知らなかった。佐村河内氏のゴーストライターであったと告白した新垣隆氏の姿がメディアで頻繁に露出するに伴い、あの騒動は一体何だったのだろうとうっすら考えた。そんなことで昨年の劇場公開時に「是非観たい」と思っ...

  20. 夜空はいつでも最高密度の青色だ(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    夜空はいつでも最高密度の青色だ(日本映画・2017年)

    日17-86   ★★★(ショートコメント)                    <テアトル梅田>                    2017年6月4日鑑賞                    2017年6月8日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!↓↓↓監督・脚本:石井裕也原...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ