日本のタグまとめ (326件)

日本のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by Atelier Botanique COCA-Z

仕入れの途中で見つけた冬の花。ソシンロウバイ(Chimonanthus praecox 'concolor') が花盛り。鳥の仕業か、花や蕾が沢山足元に落ちていたので拾って車のダッシュボードに。信号で停まる度に手に取って 「いい匂いだなぁ。。。」 と楽しみました。w仕入れ先では「ロウバイの葉がもう少し小さかったら、もっと庭園に使いやすい樹木なのに、誰か品種改良してくれないんでしょうか?」 と...

by Chez-Nami

毎年なのですが近くで住んでいる義父は大晦日は我が家で過ごすメインは毎年同じで「天ぷら」その前に何か摘みながらお酒タイムこれが大晦日の我が家の風景今年は最初に前日買ってきた大涌谷の「黒玉子」からこんなの食べちゃったら義父はその後食べられなくなっちゃう?とか思ったけど誰よりも箸が進んでいましたわ天ぷらは娘とワタシが交代で揚げながらです今年はどっちかっていうと娘がメインで天ぷら揚げてくれていました...

日本の高等教育は私費負担が異常に重い=OECD34カ国平均の2倍以上、学生一人当たりで見ても日本の公的支出は低い・・・井上伸さんの力作です。まったく記事のとおりです。「少子化だから日本の教育費のGDP比率が低いのは当たり前」というのも大嘘です。そもそも、日本は国連で157の国が加入している国際人権規約に加入しています。そのうちA規約(社会権規約)の13条は、大学まで含めた教育の無償化を推進す...

by 河童工房('◇')の憤懣本舗

欧米式民主主義に限界が来てるような感じがする。日本は現在王朝交代がなく続く世界最古の国家だが戦争に負けたからではなく建国以前神代から合議制と言う日本式な民主主義があった。欧米は個人と国の契約日本は「家」という共同体の集まりが国を形成していて意思疎通を大事にして話し合うし根回しする。ルソーの『社会契約論』で言う君民同治=「人もし随意に祖国を選べというなら、君主と人民の間に利害関係の対立のない国...

こういうところは、小泉政権とは違った安倍政権の独自外交路線が目立ちます。このあたりが、支持率の底堅さの要因になっているのは間違いありません。日本が中国とロシアを抜き、イラン最大の石油部門の協力国になっています。イラン国営石油精製・石油製品会社のカーゼミー専務取締役が、メフル通信のインタビューで、核合意後のイランの石油精製所の新たなプロジェクトにおいて日本企業が優位に立っていることについて触れ...

★★★★★★★★★☆日本盤DVDで。ようやく観られた。168分、長かったナァ。登場人物が多いし、ほとんどが会話になるので疲れた(笑)しかし、それを飽きさせないのはスゴイ。NY市警の腐敗を描くという点で「セルピコ」と同じだけれど、中身は全然違う。あちらの方がずっと分かりやすくエンタテインメント。その分、こちらの方がより深く、同僚を告発することになった刑事の苦悩がよく出ている。DVDは「復刻シネ...

地図&現地情報充実のガイドブック「まっぷるイタリア」、最新版。ヴェネツィア・ページ、ほんのわずかながら、お手伝いさせていただきました。これからイタリアにいらっしゃる方も、いつか行きたいな・・・という方も、ぜひお手にとってイタリアの旅をお楽しみください。http://ec.shop.mapple.co.jp/shopdetail/012001000002/14 gen 2016

 遠藤周作の小説、『沈黙』を映画化した『沈黙-サイレンス-』が、イタリアでは日本より一足先に、昨日、1月12日に公開されたのを、今夜映画館に見に行きました。遠藤周作は好きな作家で、20歳の頃にいろいろな作品を読み、小説、『沈黙』に感動したのを覚えてはいますが、もう30年近くも昔のことです。興味はありつつも、内容が重いこと、そのため、ただでさえ空がどんより重く、雨が降り北風が吹きすさぶ日に見に...

by ドイツ日和

海外生活をしている人ならきっと多かれ少なかれ経験するであろう母国が恋しくなる瞬間。幸い私はホームシックにはかかっていないが、もちろん日本が恋しいなー。と思うことはある。生魚食べたい。いや、生とは言わないからせめて豊富に魚介類を食べたい。美味しいラーメンが食べたい。太陽の光が恋しい。。。あげればきりがないけど、食に関しては現地の食材で料理する楽しさもあるし、たまに食べる魚介類はありがたみがあっ...

★★★★★★★★☆☆日本映画専門チャンネルで。長良川河口堰を扱ったドキュメンタリー。河口堰のすぐ近くの赤須賀漁協と30km上流の岐阜県羽島市で川魚漁を長年営む兄弟の漁師を追っている。農地が必要と言って干潟を埋め立てたものの、農政の変化のために40年もの間、その地は放置されたまま。中京工業地帯の水不足解消のため、洪水対策のためと河口堰を作ったのに、知事が変わった途端に堰の存在を再検討、開門する...

by Atelier Botanique COCA-Z

正月明けに寝込んでいました。。。年末と比べて確実に日が長くなっていて 「春遠からじ」 と思う今日このごろ。写真は打ち合わせや現場に向かう、年末年始の景色。こういった素材を組み合わせれば、日本の温暖地域ならではの冬景色やウィンターガーデンを創り出せそうです。キクの残り花 (2017年1月11日大阪市中央区にて撮影)チガヤ (Imperata cylindrica) の紅葉 (2016年12月2...

鎌倉「表駅」から、小町通りに入ってすぐ右手にある、むかーし風の喫茶店。昭和23年(1948年、だがあえて昭和表記で)創業、かつては川端康成や大佛次郎ら文豪も通ったという正真正銘の老舗は、モーニングやクラシックなケーキも魅力的。なのだが、なんといってもこちらの名物は、厚焼きホットケーキ! 1人前2枚重ね、バターと、ふつうのメイプルシロップの、シンプルなシンプルなホットケーキ。シンプルながらイン...

by Phyto Bar

【 1月1日/日曜日 : 食べ飲み日記 】『 祝 Iwai Sparkling 2014 : Domaine Oyamada 』*紅芯大根とからすみ*落部のボタン海老*スモークサーモンとアボカド『 Crozes-Hermitage Blanc K(Les Karrieres) 2006 : Dard et Ribo 』*ピコドンphyto bar

★★★★★★★★★★日本映画専門チャンネルで。光市殺人事件や和歌山カレー事件などで被告を弁護した安田弁護士を追ったドキュメンタリー。そもそも警察や検察が事実を事実として告訴しているのか?という点が映画の核心。警察や検察も主にマスコミによって形作られる世論に左右されていないのか。被告を裁くのなら本当の事実のみを<事実>としないことには反省も贖罪もないのではないのか。そう説く安田弁護士。死刑が求...

by KAMMY'S HOMEPAGE:別館(予備館)

キリンチャレンジ杯2005.1.29 横浜国 日本 4-0 カザフスタン  まー、結果としては予想通りたが。 しかし、阿部勇樹のFKにはわくわくできたが、他の選手を試すのには、時間短すぎ。日記はこちら。

熱海にやって来ました.プーケットの海とは違った楽しさですね.我が家のチビ、『海の色が違うね』っとビックリ!確かに違いますね.日本一短いロープウェイに乗るトリックアートへ♪親子で楽しそうですね.マレーシアとはちょっと違います.日本の方が完成度が高いような...楽しい時間ですね.家族旅行、『子供の日』です.きっと10年後も同じ事やってそうですね.人生楽しく.....人生仕事も楽しく.....とて...

★★★★★★★★☆☆日本映画専門チャンネルで。袴田事件と名張毒ぶどう酒事件を扱っている。名張の事件については「約束」で描かれたときより後の部分となる。よく分からない物証、有罪を決定付けているのは自白という点でよく似ている。でも、司法の2人に対する判断は対照的と言っても良いぐらい。特に名張の事件の奥西勝については年齢的な理由で亡くなるのを待っていたのではないかと勘ぐりたくなるぐらい。「すべての...

★★★★★★★★★★日本映画専門チャンネルで。当時のニュース・フィルムや製作当時の取材映像などに再現ドラマを混在させた作り。再現ドラマと言っても、老年の死刑囚役が仲代達也、その母親役が樹木希林なので見ごたえ十分。しかし、やはりドラマ部分よりもドキュメンタリー部分に目が行く。特に後半に語られる司法への不信を表明する部分は驚きの一語。退職した裁判官が語るが、裁判官が唯一逆らえないものは縦の関係だ...

ミラノでは、日伊修好150周年記念で大規模な「北斎・広重・歌麿」展開催中だが、鎌倉の鶴岡八幡宮の境内にある国宝館で北斎に加え、広重、歌麿ほかの作品を紹介する企画展が始まった。小さな博物館で、展示スペースも一部屋のみ、展示作品は大小合わせ約60点、とこじんまりした展覧会、規模でいえばミラノとは比べものにならないが、見応えは全くひけをとらない。 葛飾北斎を中心に、広重、歌麿のほか、菱川師宣、鈴木...

by ハギスはお好き?

みなさま、2017年もよろしくお願いいたします。前回のグラナダの記事、日本に行く飛行機を待つ間、iPadでアップしたら、なんか写真の向きが変でしたね。 いくつかはアップしなおしてみましたが、失礼しました。さて、年末年始は久しぶりに日本で過ごしました。日本の朝ごはん!今回は夫も一緒に帰省だったのですが、諸事情により、飛行機は別々。朝到着のBA便だった私だけの特権。こちらは母が、アヒージョよ、と...

似ているタグ