映画・2017のタグまとめ

映画・2017」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画・2017に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画・2017」タグの記事(58)

  1. I, DANIEL BLAKE (わたしは、ダニエル・ブレイク)...★5 - 旦那@八丁堀

    I, DANIEL BLAKE (わたしは、ダニエル・...

    東京テアトル優待鑑賞。公開2週目土曜・初回ほぼ満席。感想↓ 妻を失い独り暮らしの大工・ダニエルは心臓病を抱えて就業できず福祉手当で生活する身だがあるきっかけで役所に「就労可能」カテゴリに分類され手当受給の為の就職活動を指導される。舞台であるイギリスは勝手なイメージ的には日本よりも福祉が手厚いイメージだったが本作で描かれる行政事務が実態なら所謂不正受給は皆無になると思えるほどの厳格(過ぎる)対...

  2. ヤクザと憲法...★4 - 旦那@八丁堀

    ヤクザと憲法...★4

    東京テアトル優待鑑賞。キネカ大森は2回目。感想↓ 正真正銘現役ヤクザしか出てこないが冒頭テロップの通りモザイク一切無しで親分・組員の見た目・挙措の迫力にまずは圧倒される。が、話しぶりを聞いていると(当たり前かもだが)大阪の普通のおっちゃんであり、会話は実に面白い。後半に出てくる山口組顧問弁護士含め、「ヤクザに人権はないんか?」的なアッチ側の都合・主張がちょいちょい挟み込まれるがそこは普通に聞...

  3. PERFECT STRANGERS (おとなの事情)...★5 - 旦那@八丁堀

    PERFECT STRANGERS (おとなの事情)....

    武蔵野興業優待(割引)鑑賞。いやー面白かった。感想↓ 3夫婦+1名が月蝕ディナー中に各々の携帯をテーブルに置き着信したメッセージも通話も全て公開のゲームが始まる。そして予想通り?リラックスディナーは阿鼻叫喚の場に変貌。テーブルディナーのワンシチュエーションだが豊かな感情表現(表情)で目まぐるしい程のアップダウン。夫婦喧嘩の口論すらも美しく聞こえてくるイタリア語。同じシナリオでもハリウッド映画...

  4. 話す犬を、放す...★2 - 旦那@八丁堀

    話す犬を、放す...★2

    スバル興業優待鑑賞。相変わらずの独自路線。ここでしか観ることができない、と言えばそれはその通りなんだけど。感想↓ 念願の映画出演をゲットしたのに認知症の母の世話で思うに任せないつみきみほ。幻視とかはあれどその認知症もさほど深刻では無く、実際には主人公の年齢で一人で支えるのはもっと大変なんだろうなと思いつつ。

  5. ASURA: THE CITY OF MADNESS (アシュラ)...★2 - 旦那@八丁堀

    ASURA: THE CITY OF MADNESS ...

    武蔵野興業優待鑑賞。渋谷で観た後連投。感想↓ 暴力描写がなかなかのエクストリームぶりで観てる方も段々痛くなってくる。なんか為にしているようにも見えてきて最後は食傷気味。

  6. I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー...★4 - 旦那@八丁堀

    I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・フ...

    東京テアトル株主優待割引鑑賞。「未体験ゾーンジリーズ」なんで。先週、「エイミー」チケットとった後、ベイダーのヘルメットが飾ってあるのに気づいて本日最終日に行ってきた。感想↓ 去年暮れに観た『エルストリー1976』に引き続き、SWの裏側を描いた作品だが本作は文字通りベイダー役のデヴィッド・プラウズにスポットライトを当てた作品。声が本人のものではないことは知っていたが、あの"I am your ...

  7. コスメティックウォーズ...★1 - 旦那@八丁堀

    コスメティックウォーズ...★1

    東映株主優待鑑賞。2000株で権利取ったのでノルマ月イチでこれしか観るのなかった。。。感想↓ 脇が甘すぎる産業スパイ役の主人公。頭隠して尻隠さず的な展開に興が乗らない上に奥菜恵の物悲しい演技が涙を誘う。

  8. チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~...★4 - 旦那@八丁堀

    チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃった...

    東急レクリエーション株主優待鑑賞。平日の木場は空いてるから良いね。感想↓ 広瀬すず・中条あやみ・山崎紘菜(TOHOのシネマ広告の印象と全然違うが)のメインキャストがとても良くストーリーの細かいアラは気にならず最後まで楽しんでしまえる青春ムービー。福井弁とのギャップがまた良い。

  9. TRAINWRECK (エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方)...★3 - 旦那@八丁堀

    TRAINWRECK (エイミー、エイミー、エイミー!...

    東京テアトル株主優待鑑賞。今年50本目。感想↓ 父親が娘たちを前に一夫一婦制を批判する冒頭のシーンが笑える。主人公が「落ち着きたくない」のはこの父親が原因。『ブリジット・ジョーンズ』と(女優の体型も)カブる開けっ広げのガールズトークだがもっと強力か?スーパーマッチョと天才外科医の恋人役2名もキャラが立ってて面白い。

  10. THE WAILING (哭声/コクソン)...★4 - 旦那@八丁堀

    THE WAILING (哭声/コクソン)...★4

    東京楽天地株主優待鑑賞。感想↓ 國村隼が演じる得体の知れない日本人が村落を恐怖のどん底に。中盤のアジア版エクソシズムは迫力あり、見せ場・山場も盛り沢山で楽しめる。フィニッシュがややダレ・蛇足気味でもう少し尺が短くて良かったかも。

  11. THE HANDMAIDEN (お嬢さん)...★1 - 旦那@八丁堀

    THE HANDMAIDEN (お嬢さん)...★1

    東京楽天地株主優待鑑賞。レビューは良さげだったんだけど。。感想↓ 何かの企みが絶賛進行中なのだが話が遅々として全く進まず猛烈な眠気に襲われる。エログロバイオレンスで盛り上げる?も最後はあらぬ方向へ。尺の長さを苦痛に感じた。

  12. COLLATERAL BEAUTY (素晴らしきかな、人生)...★1 - 旦那@八丁堀

    COLLATERAL BEAUTY (素晴らしきかな、...

    東急レクリエーション株主優待鑑賞。感想↓ 6歳の子を病気で失い悲嘆に暮れるウィル・スミスを立ち直らせようとする作戦。その仕掛けが真剣に観る気が失せる茶番でここまでしょうもないと逆に笑えてきた。

  13. TIGERS (汚れたミルク/あるセールスマンの告発)...★4 - 旦那@八丁堀

    TIGERS (汚れたミルク/あるセールスマンの告発)...

    武蔵野興業株主割引鑑賞。意外と?良かった。感想↓ パキスタンで実際に起こった粉ミルクによる健康被害。製造業者は実在の多国籍企業で、営業担当者の内部告発により事件が明るみになるが、告発者が語る事件の顛末と、告発を基に(架空の)映画製作を企図するチームの製作プロセスを同時並行で描くことで視点・時制を自在に変えて緊迫感を盛り上げているのがうまい。演出の妙。

  14. SNOW WOMAN (雪女)...★3 - 旦那@八丁堀

    SNOW WOMAN (雪女)...★3

    東京テアトル株主優待鑑賞。感想↓ ユキの出自に疑心を抱く...筈の巳之吉だが内心の葛藤が今ひとつ伝わってこなくて来るべきラストもさほど盛り上がらない訳だが、そのユキはソッチ方面の雰囲気あり。もう少し怖いと良かったんだけど。

  15. BANGKOK NITES (バンコクナイツ)...★2 - 旦那@八丁堀

    BANGKOK NITES (バンコクナイツ)...★2

    東京テアトル株主優待割引鑑賞。公開二週目の週末だが満席。感想↓ 日経金曜夕刊は★5評価、出だしもバンコク美女たち総出で今後のカオス展開を期待したが中盤以降どんどん話が薄くなるのとほぼ素人?な出演者たちの棒読み台詞に段々興ざめていく。タイの田園風景とか絵は綺麗なんだけどこのプロットで3時間は長すぎ。

  16. EGON SCHIELE: DEATH AND THE MAIDEN (エゴン・シーレ 死と乙女)...★2 - 旦那@八丁堀

    EGON SCHIELE: DEATH AND THE...

    東京テアトル株主優待鑑賞。総当たりで行く感じ。感想↓ 本作で初めてエゴン・シーレの名を知るというレベルで出来を云々するのも如何なものかと思うが、シーレの短い生涯を淡々と。愛欲、と言うが淡泊な印象。

  17. MAN DOWN (マン・ダウン 戦士の約束)...★3 - 旦那@八丁堀

    MAN DOWN (マン・ダウン 戦士の約束)...★3

    武蔵野興業株主優待鑑賞。感想↓ 時制をズラしてパラレルに走るストーリーがいつか交わるのは分かるがどう転がるのか&繋がるのか?な興味をちょっと上手に引っ張ってくれる感じ。最後はいい加減クドいなとは思ったけど。

  18. LA LA LAND (ラ・ラ・ランド)...★4 - 旦那@八丁堀

    LA LA LAND (ラ・ラ・ランド)...★4

    東急レクリエーション株主優待鑑賞。感想↓ スクリーン狭しと躍動する二人。歌いクルクルとダンスを踊り続け行き着く先は辿り着いてから聞いてくれ。。今・刹那を生きる二人が美しく輝いていて眩しかった。話は無いに等しいがサービス精神横溢で楽しい。

  19. THE NICE GUYS (ナイスガイズ!)...★2 - 旦那@八丁堀

    THE NICE GUYS (ナイスガイズ!)...★2

    東京テアトル株主優待鑑賞。今年は早や40本目。感想↓ ラッセル・クロウがボケてライアン・ゴズリングがツッコミなのだけどライアンのツッコミは今ひとつ。と言うか笑いのツボが「そこじゃない」。ところどころ「波」は来るんだけどね。。。

  20. CRIMINAL (クリミナル 2人の記憶を持つ男)...★3 - 旦那@八丁堀

    CRIMINAL (クリミナル 2人の記憶を持つ男)....

    東映株主優待鑑賞。封切り週末だがいつも通り?ガラガラ。観終わって出るといっぱい人がいたので驚いたが本作でなく「この世界の片隅に」の客だった。息長いヒット。感想↓ 亡くなったCIAエージェントの記憶を犯罪者に転送して欲しい情報を引き出す。よくあるパターンだが「執刀」するのがトミー・リー・ジョーンズなので何かやってくれるかと思ったらほぼ何にもしなかった。。記憶と人格はやっぱり別物じゃないんだね。

1 - 20 / 総件数:58 件

似ているタグ