映画・2017のタグまとめ

映画・2017」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画・2017に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画・2017」タグの記事(70)

  1. ALIEN: COVENANT (エイリアン:コヴェナント)...★3 - 旦那@八丁堀

    ALIEN: COVENANT (エイリアン:コヴェナ...

    連日のエイリアンものだがこちらは元祖。楽天地の6F、大きい方なので上映中の「出入り」が気にならず有難い。感想↓ 生命体からのシグナルを追ってちょっと寄り道はマアいいとして未知の惑星・マスクも付けずにズンズン突き進みエイリアン菌はあっという間に体内へ、と言うスペースエクスプローラーにあるまじき軽はずみな行動が気になったが前半のお約束「誕生」の緊迫感は流石。そう長続きはしないけどね。

  2. 散歩する侵略者...★3 - 旦那@八丁堀

    散歩する侵略者...★3

    このタイトルはシアターの選択肢が幾つかあったがリーブル池袋で決定。理由は1)5000株に減ったにも関わらずテアトルの優待が余り気味、2)レストランモールの音漏れが酷いリーブルの小さい方のハコじゃなかったので(マジで子供の泣き声とかバンバン入ってくるので何とかしてよテアトルさん)。感想↓ エイリアン先遣隊が地球人の「概念」を盗んで学習、本格侵略の先鞭をつける。先遣隊は長澤まさみの旦那=松田龍平...

  3. DUNKIRK (ダンケルク)...★3 - 旦那@八丁堀

    DUNKIRK (ダンケルク)...★3

    あの東京DEEP案内が書籍化された『首都圏住みたくない街』がkindleになっていたので早速読んでみた。わざわざ本で読むほどの内容じゃないかもだがそれなりに楽しめる。当然、ここ錦糸町なんて格好のネタなんだけど僕は「香ばしい」街、決して嫌いじゃない。さて本日は楽天地で話題のダンケルク。感想↓ 海岸でドイツの急降下爆撃機が飛来、迫り来る不吉な爆音を聞いた時はちょっと鳥肌。スピットファイアvsユン...

  4. THE SHACK (アメイジング・ジャーニー 神の小屋より)...★4 - 旦那@八丁堀

    THE SHACK (アメイジング・ジャーニー 神の小...

    スバル座にしては珍しく?メジャー感あるタイトル。スピリチュアル系・驚くような展開は無いが「赦しの調べ」に身を委ねたら観ている自分も赦されたような...感想↓ 末娘をシリアルキラーに奪われ絶望の淵に沈んだ男が足を踏み入れた「あの世」。神々は黒人女性・東洋人・ヒスパニックの姿をしていて湖畔のロッジで普通に暮らしている。男は娘を見殺しにした神々に呪詛の言葉を投げつける。一方で物語の冒頭、男が幼い頃...

  5. 三度目の殺人...★3 - 旦那@八丁堀

    三度目の殺人...★3

    本日は十月歌舞伎のチケット予約開始日(松竹歌舞伎会員向け)。10時にiPad携えてスタンバイ、昼の部・夜の部共に今回は一等席・二階桟敷席を確保。目線を変えてみてね。色々試してマイベストポジションを。歌舞伎の予約は無事完了で本日午後の映画は是枝監督新作。感想↓ 社会派の正反対・欲得ずくの弁護士、福山雅治が「からっぽの男」=役所広司の弁護を請ける。犯人の証言は二転三転、苛立つ福山。殺人そのものは...

  6. BABY DRIVER (ベイビー・ドライバー)...★4 - 旦那@八丁堀

    BABY DRIVER (ベイビー・ドライバー)...★4

    文春の映画評者が全員満点つけてた『ベイビー・ドライバー』をようやく鑑賞。近くの東宝・東急・楽天地系で上映してなくて品川・お初のシアターで東映優待鑑賞。傾斜が付いていて観やすい。感想↓ 冒頭から全開、クライムサスペンス・カーチェイサー。窃盗団頭目ケビン・スペイシーの連続強盗プランが狭域すぎて心配になるが主人公・ベイビードライバーの超絶ドラテクで逃げ切り率100%。この一見腺病質風の若者がiPo...

  7. WONDER WOMAN (ワンダーウーマン)...★2 - 旦那@八丁堀

    WONDER WOMAN (ワンダーウーマン)...★2

    テアトルにしては珍しい?シネコン系タイトルの上映。渋谷の斜めっている方のハコ。感想↓ 主演女優はなかなかワンダーなのだが男性の相手役、脇役、そして敵役は特にパッとしない為、ワンダーなウーマンだけが浮いている状態。尺が長めな割には話は薄いし。

  8. TRAIN TO BUSAN (新感染 ファイナル・エクスプレス)...★4 - 旦那@八丁堀

    TRAIN TO BUSAN (新感染 ファイナル・エ...

    コリアのパンデミックムービー。『アイアムアヒーロー』と同じような内容だけど、こっちの方がずっと面白い。感想↓ 定番のプロットと思って観ていたがエクスプレス内に感染が拡がり、高速移動する密室内のゾンビバトルがスピード感・迫力。ゾンビが押し寄せる・降ってくる・数珠つなぎになるなど集団描写のバリエーションで飽きさせず、生き残り組もただ恐怖するだけでなくゾンビに立ち向かう勇者とお約束の卑怯者に加えて...

  9. PATERSON (パターソン)...★3 - 旦那@八丁堀

    PATERSON (パターソン)...★3

    土曜朝イチ有楽町。9:30スタートの回、結構入ってる。有楽町と言えば今週マリオンのTOHO日劇閉館のアナウンス。日比谷に集約とは聞いていたものの一抹の寂しさも。シャンテもね。日比谷は六本木や新宿同様、2枚出しになっちゃうのかなあ?であれば東映はやはりクロスしておいた方がいいか、とか。閑話休題で本日はブルドックが可愛いパターソン。感想↓ ニュージャジー片田舎の街パターソンでバスの運転手をしてい...

  10. CROSS OF IRON/STEINER - DAS EISERNE KREUZ (戦争のはらわた)...★3 - 旦那@八丁堀

    CROSS OF IRON/STEINER - DAS...

    映画の日。折角なので?優待タダ鑑賞できないタイトルが良いかなと思ってサーチしてHITしたのがコレ。これまで観る機会が無かったので(もしかしたら大昔にTVで観てたかもしれないんだけど)どんなんかな、と。最終回、カリテの大きい方のハコが満席になっててちょっとビックリ。感想↓ 40年前の作品だがデジタル・リマスターでそこそこ絵は綺麗。冒頭、ドイツ軍大尉役で出演の俳優は本作前年に製作されていた『オー...

  11. 関ヶ原...★2 - 旦那@八丁堀

    関ヶ原...★2

    久々に木場。東宝製作・配給なのでちょっと期待したんだけど...感想↓ 石田三成の立ち位置・性格・人柄とかそこそこ知ってないと出だしからよく分からず前半退屈→私のこと。終盤・合戦シーンは大迫力と言いたいところだがエキストラやアクションのレベルは大河ドラマレベルで大作映画感期待する向きには物足りないかも。岡田・有村のラブストーリーはとってつけたような感じ。

  12. エル ELLE...★1 - 旦那@八丁堀

    エル ELLE...★1

    8月にして150本/年に到達、年200ペースを今年はキープ。・・・ってこれだけ観ているとハズレもある。こりゃ酷い仏映画。シャンテ、結構入ってて空気的には悪くない反応にも思えたが。感想↓ レイプされてもへっちゃらな?女と暴力的にヤらないと気持ちよくならない男。いつでもやる気満々すぎる不倫相手。ストーリーはエロティック・スリラー?コメディー?何とも名状しがたい展開なのだが何にせよ登場人物で共感で...

  13. GLEASON (ギフト 僕がきみに残せるもの)...★3 - 旦那@八丁堀

    GLEASON (ギフト 僕がきみに残せるもの)...★3

    難病闘病ドキュメンタリー。予告編観てこのテは苦手だから観ない方がいいな、と思ってたんだけど時間が合ってしまい。。感想↓ NFLの元スタープレイヤー、スティーブ・グリーソンがALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断された直後に子供を授かる。子供が成長する頃には自由に動くどころか喋ることすら出来ないかもしれない。だからビデオにして「動ける・喋れる自分」を記録に残しておこうと言う思いで始めた日記ビデオが...

  14. 幼な子われらに生まれ...★3 - 旦那@八丁堀

    幼な子われらに生まれ...★3

    楽天地の優待券、錦糸町ローカルな方。本日封切りの「関ヶ原」か未見の「トランスフォーマー」か?と思ってたがどっちも混雑していたので急遽こちらに。テアトル系でもやってるけどね。感想↓ バツイチ同士の結婚、しかもお互い子連れで妻の子供を育て、自分の子は元嫁が引き取って年4回会いに行く生活で更に新嫁=田中麗奈との間に子供が出来る...と言う、なかなか複雑な環境に置かれた40才リーマン浅野忠信。6年生...

  15. JATTEN/THE GIANT (いつも心はジャイアント)...★3 - 旦那@八丁堀

    JATTEN/THE GIANT (いつも心はジャイア...

    来週火曜の権利落ちに向けて映画株「初クロス」やってみようかとも思ったんだけどアレコレ考えて結句止める。ただ思うところはあって来週以降ポートフォリオを(自分としては)ちょっと大きめにイジってみるつもり。映画は新宿出没率高しで今日もカリテ。文春の映画評で見て気になってる『ベイビー・ドライバー』も観たかったが行ける回が満席になりそうだったので本日はこれで。感想↓ 顔面等が大きく変形するハンディキャ...

  16. DEATH RACE 2000 (デス・レース2000年)...★1 - 旦那@八丁堀

    DEATH RACE 2000 (デス・レース2000...

    何となくね。このポスター見ると「キャノンボール」とか想起してしまい、オッチャン的にはときめいてしまう。「キャノン」をパロって面白く?を勝手に期待して予習もせずに臨む。感想↓ ・・・・で、期待はしたものの、立派なサーキットからスタートのアメリカ横断レースのエントリー紹介は5台で終わってしまいアレレ?たったこれだけ?という侘しさに加えセンスの欠片も感じられないガラクタそのものの車ゆえ寒々しさだけ...

  17. RE:BORN リボーン...★2 - 旦那@八丁堀

    RE:BORN リボーン...★2

    武蔵野館で一日1回レイト上映なんだけど今週満席になっている回有り・本日金曜も夕方チェックした時点で8割埋まってたのでこれから行っても無理かな?(優待なのでネット予約は出来ない)と思いつつ行ったら上映1.5時間前でラス2席の1席をゲット。ラッキーと思って鑑賞したのだが...感想↓ かっこいい武闘アクション映画を撮りたいという意図・志は分からないでもないがストーリーがほぼ皆無・殺陣だけで十分って...

  18. シネマ歌舞伎  喜撰/棒しばり...★4 - 旦那@八丁堀

    シネマ歌舞伎 喜撰/棒しばり...★4

    今月の月一シネマ歌舞伎は旧作で『喜撰・棒しばり』の二本立てで上映時間は80分程の小品。特別興行だが松竹の株主優待が使えるのが大きい...と言うか、『東海道中膝栗毛』『阿弖流為』を鑑賞して完全にハマったので毎月皆勤賞の前提で先月松竹を買い増しした次第。感想↓ 前半は『棒しばり』。事前にネットで筋書きを軽く予習していたが、要らなかったかも?主君は月曜日の生歌舞伎に引き続き大和屋・坂東彌十郎。役者...

  19. ANTHROPOID (ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦)...★4 - 旦那@八丁堀

    ANTHROPOID (ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣...

    武蔵野館2本目はまたまたまたの極悪ナチスもの。昨日の歌舞伎疲れで?冒頭不覚にも一瞬舟を漕いでしまったが後半はバッチリ覚醒。本作はいつも以上にナチスの『執念・狂気』を感じた。感想↓ 暗殺の標的となるナチスの高官ラインハルト・ハイドリヒはホロコーストを立案・決定したヴァンゼー会議の議長だった人物。あのアイヒマンは同会議のコーディネーターであり、ホロコーストを実質的に主導した人物はハイドリヒだった...

  20. LES INNOCENTES/THE INNOCENTS (夜明けの祈り)...★2 - 旦那@八丁堀

    LES INNOCENTES/THE INNOCENT...

    武蔵野館Wヘッダー1本目。最近、こことヒューマントラスト有楽町で上映するタイトルカブり気味。ここは独自色が良かったのだけど。感想↓ WWII末期に旧ソ連兵が修道院を襲い修道女を陵辱、結果妊娠してしまった彼女たちの悲劇と救いの手を差し伸べる赤十字の奮闘を描く。話は事件「後」からなので、蛮行に及んだ兵士たちその人は出てこないのだがチョイ役で出演のソ連兵は例によって軍規ゼロ・性欲100%の山賊集団...

1 - 20 / 総件数:70 件

似ているタグ