映画:タ行のタグまとめ

映画:タ行」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画:タ行に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画:タ行」タグの記事(5)

  1. 映画「トンネル~闇に鎖(とざ)された男」 - マチの、映画と日々のよしなしごと

    映画「トンネル~闇に鎖(とざ)された男」

    叔母と洋食屋さんに行ったその前に見た映画が、公開初日の韓国映画「トンネル」サブタイトルは「闇に鎖(とざ)された男」上映館はシネマート心斎橋。「トンネル」を見そう出ない女性客が多いなぁって思ったら、もう片方の劇場でイ・ジュンギ主演の「シチリアの恋」が上映されていて、女性客は皆さんそちらの方に。「トンネル」上映のこっちは男性客が目につく。手抜き工事が原因で、崩落したトンネルに閉じ込められてしまっ...

  2. 映画「追憶」 - マチの、映画と日々のよしなしごと

    映画「追憶」

    GWの土曜日の朝「サワコの朝」のゲストが岡田准一君。で、やっぱり観る予定じゃなかったけど、その気になってしまって、駅前のイオンシネマまで自転車走らせて見に行って来た。「映画、どうだった?」って訊かれたら「う~ん、オーソドックスにフツウ~」って答えるしかないかな。それと気になったのが、音楽が映像を煽りすぎ、盛り上げすぎで……もっと抑え気味に使って欲しかったなってのは私の感想。劇場の音響調節もた...

  3. 映画「T2 トレインスポッティング」 - マチの、映画と日々のよしなしごと

    映画「T2 トレインスポッティング」

    人生を選べ!とばかりに、大金を持ち逃げしたレントンで終った「トレインスポッティング」。そのレントンが20年ぶりに故郷スコットランド・エディンバラに帰ってきた。完全に同窓会映画で楽しませて頂きました。毎年毎年ではなくって、なにせ20年ぶりの同窓会だから、なんだかんだ言うこと無しに、楽しいもんです。しょっぱなの映像のこの髭面の男性が、20年前のあのレントンがちらちらっと重なるのだけれど、レントン...

  4. 映画「正しく生きよう」 - マチの、映画と日々のよしなしごと

    映画「正しく生きよう」

    1991年公開のもっ君主演の「遊びの時間は終らない」を見たところで、リメイクの2007年公開の韓国映画「正しく生きよう」をx見なければ!でNetflixで本作を見る。監督はこれがデビュー作のラ・ヒチャン。企画・脚本はチャン・ジン蛇足だけれど彼は韓国の三谷幸喜とも呼ばれているんだそうだ。私的には三谷作品よりチャン作品の方が素直に笑えるなぁって思いますけどね。本作はチャン・ジンが設立した制作会社...

  5. 映画「たかが世界の終わり」 - マチの、映画と日々のよしなしごと

    映画「たかが世界の終わり」

    グザヴィエ・ドランの最新作。ドラン君の映画って「胸騒ぎの恋人」などはオゾン作品にも通じるようなオシャレ感があってお気に入り。で、こんなタッチの監督かなって思っていたら、それ以外の作品は真正面から向き合っていて、けっこう重たくって、辛いところもある。もうちょい若い時は、ひりひり沁みるようなイタイ映画はお好みだったんだけど、齢を重ねるにしたがって痛さ辛さに対する抵抗力が弱くなってきている最近。で...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ