映画のタグまとめ (839件)

映画のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by お洒落狂女改め 私的日録

この記事はブログのファンのみ閲覧出来ます

by little good things

文化庁芸術祭「テレビ・ドキュメンタリー部門」大賞受賞作。生粋の映画作品ではないのですが、映画館のスクリーンでニコニコと微笑む英子さんと修一さんの暮らしぶりは、素晴らしく端正な生き様の物語みたい。(C)東海テレビ放送津幡修一さんは、丹下健三に師事しアントニン・レーモンド事務所や大学教授の職を経て、建築家から雑木林のお家で半農生活を営む "自由時間評論家" となったヒト。妻・英子さんは、収穫され...

by Les Films de la Colombe d'Or

沖縄の心を映像で伝えて,また戦争の悲惨さの伝えるために1フィート運動を行ったシネマ沖縄のプロデューサーでカメラマンの上地完道さんが心筋梗塞で死去されました。御生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 合 掌今夜、日本記録映画協会の研究会に一年ぶりにオブバーザーで出席しましたら、上地完道の訃報を息子さんから聞いた次第です。本日は上地完道プロデュースした新作作品「沖縄(うちなぁ)ぬ思...

by 蛙声DIARY

 「虐殺器官」(監督・村瀬修功、2017年)を、観た。 この映画は、伊藤計劃の「虐殺器官」に概ね忠実に従っていた。 ボクは、この小説に感心していた。 その記憶から観に行ったのだ。 アニメと云えば、「この世界の片隅に」にやられた記憶がまだ残っている。 そこで、「虐殺器官」を観ると、まあものが違うのだが、できればもっと、ゴリゴリやって欲しかった。 原作を突っつきまわして、もう一歩先に、「今日に」...

by 海の古書店

雪ノ下、24日午後1時半。曇り。ミモザのリースがきれいな春の扉。紫色のガーデンもますます美しくなっていました。そろそろ「春の小川」になりますね。鉄の扉にフリージア。組み合わせの妙。川喜多映画記念館の庭も芽吹きの色に。昨日は初めてこちらで映画を鑑賞させていただきました。デジタル・リマスター版『バべットの晩餐会』。映画館の解説員の方によれば、この映画が製作された1987年ごろまでは、料理が映画の...

by のろまなかめ日記

ラ・ラ・ランド観てきました。ピアノも踊りも歌も全てライアン・ゴズリング凄い~❤優しそう~なイケメンで❤素敵でした。

ヒト・コト・モノとの絆を深める整理収納アドバイザー 河合善水です☆公式HPより画像をお借りしました映画「人生フルーツ」主人と一緒に観に行ってきました。高蔵寺ニュータウンの開発に携わった建築家・津端修一さん夫妻の暮らしを撮り続けたドキュメンタリーです。「これは見なくては!」と、夫婦でスケジュールを合わせて映画館に観に行く映画はわが家では珍しいことです。それもそのはず、この映画の主人公であるつば...

by 本日の中・東欧

2017年第8弾。実話をもとにした映画です。同志社の授業で受講生から教えてもらってディスクを買っていながら一年経ちました。「黄金のアデーレ」は、19世紀末から20世紀初頭に活躍したグスタフ・クリムトの名画です。絵のモデルであるアデーレはウィーンの裕福なユダヤ人一家の一員で、芸術家のパトロンでした。アデーレ自身は若くして病気で亡くなるのですが、そのあとにナチスがオーストリアを併合し、ウィーンの...

by Would-be ちょい不良親父の世迷言

遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化した史実に基づいたヒューマンドラマでした。キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものや人間の弱さとは何かを描き出しています。17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師の...

by 十色生活

主人が単身赴任中で、普段は一人なので、洗濯は3日に1回くらいです。(小さな節約のつもり)そもそもこの3日に1回くらいというアバウトさが、つい うっかりと忘れる元なのです。洗濯をするのを忘れるんじゃなくて、先日は干すのを忘れたんです。今日は洗濯したよな~ そろそろ取り込もうとベランダに出ると、あれ?ない。。。たしかしたよな~  で、急いで洗面所に行って洗濯機をのぞき込むと、洗濯が終わったままの...

「新作DVD4本、借りて来ました~」って一番安いレンタル料で借りてくるわけだから一泊なの、4本とも。一晩で4本観るの。ざっと8時間かかるんですよね?え?というよりは?ですわ。はい、私の目の前にいるアナタですよ。シェフ!!!で、結局、私も観るよね。***24(金)25(土)残席わずか3月5日(日)営業します*** 福岡 白金 イタリア料理 リストランテ木下 営業時間18:00~23:00 09...

by 遅咲きイングリッシュ

英会話学校に通っていたある週末、クラスの後お茶をしたカナダ人の女性先生と、ふたりで映画を観に行くことになった。まだ英語もヨチヨチなので、かなりチャレンジングな試みだった。その先生が好きなニコラス・ケイジの映画がやっているということで、「ザ・ロック」という映画を観た。映画だったら、少なくとも観ている間は英語での会話はしなくて済む。ナイスアイディアだ。しかしながら、そこには違うストレスが。映画の...

by 今日も笑って、明日も笑おう。

また1人映画です。こうして強くなっていくのね〜( ̄▽ ̄)すごく心を打った作品でした。色々考えさせられた。。。実話を元にしたストーリーで、5歳で家族と離れてしまったインドの男の子が、オーストラリアのカップルに養子として引き取られ、成人後自分の本当の家族を探したくてGoogle Earthを駆使して探し当てるというお話。自分のルーツを知るって、なんでしょう、自分の中にある芯とか核とか根っこみたい...

by ギレルモ・デル・トロの部屋

ギレルモ・デル・トロ監督が22日、映画『ヘルボーイ』第3弾を制作する可能性は100%なくなったとTwitterでファンに報告した。 『ヘルボーイ』は、人気アメコミを原作に、異形のヒーロー・ヘルボーイの活躍を描いたアクションアドベンチャー。第1弾『ヘルボーイ』が2004年に、第2弾『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』が2008年に制作され、2012年より第3弾が企画中だと報じられてきた。 デル...

by ギレルモ・デル・トロの部屋

『パシフィック・リム2』=『Uprising』のロゴをジョン・ボイエガが公開!スコット・イーストウッド、真剣佑、マックス・チャン共演、ギレルモ・デルトロ製作、スティーヴン・S・デナイト監督、来年2月23日全米公開 https://twitter.com/JohnBoyega #HIHOnewsまあ、可もなく不可もなく…って感じですね。

by ぶん屋の抽斗

1968年のアルバム。同年に封切られた映画「卒業」のサウンドトラックでありまして、大好きなサイモン&ガーファンクルが音楽を担当しております。映画の方の主役はダスティンホフマン。後に「真夜中のカウボーイ」や「クレイマー・クレイマー」で当たり役を。 メインのテーマソングは "The Sounds of Silence"であります。これはね、本当によく耳に残っておりまして、ラストシーンのバ...

風が吹けば、枯れ葉が落ちる。枯れ葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。こつこつ、ゆっくり。人生、フルーツ。ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」を見た。大好きなラジオで紹介されていて面白そうと見に行った。 津端修一さん(90)英子さん(87)夫婦の日常を描くとびきり仲の良い高齢夫婦が、自らが設計し、山を切り崩して造成した団地に住む。コンクリートに囲まれた箱だらけの建物が並ぶ団地に...

by  All About 身辺雑事

ソフィー・マルソーのSEX■LOVE&セラピー [DVD]ソフィー・マルソー,パトリック・ブリュエル,アンドレイ・ウィルム,ジャン=ピエール・マリエール,マリー・リヴィエール/インターフィルムundefinedソフィー・マルソーが超肉食の美魔女を演じた一作。ソフィー・マルソーといえば、アラフィフ世代にとってはなんといっても『ラ・ブーム』でしょう。思春期を迎え、恋心に目覚めていく可憐な...

2017/2/22(水)校務の会議の日。夜は、ぼんやり観られる映画を探す。録画していた中で、この『猿の惑星:創世記』がいいかなと観始めたら、なかなかに面白く、猿たちと人間たちの逆転までがアルツハイマー治療薬で儲けようとする話から始まるのがいま的だなあ。 ルパート・ワイアット『猿の惑星:創世記』2011年、106分、20世紀フォックス。http://movies.yahoo.co.jp/mov...

by グルグルつばめ食堂

11月からずっと見に行きたかった映画「この世界の片隅に」。単館上映から始まってあれよあれよ注目を浴びて、キネマ旬報の「日本映画ベストテン」で1位になってました。アニメ部門じゃなくって日本映画全体の1位はすごいな。独特の面白さ「ぼおるぺん古事記」の、こうの史代さんだったから観たかったのですが、映画を観終わってから、この漫画を読んだ記憶はないのに、最後の、被爆した妹がアザのある手をかざすシーンに...

似ているタグ