文化・芸術ジャンル×映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(386)

  1. 「バーニング・オーシャン」 - ここなつ映画レビュー

    「バーニング・オーシャン」

    2010年に起こったメキシコ湾油田流出事故。まだ記憶に残っている出来事であるが、遠く日本にいる私には、テレビの報道の仕方も手伝ってからか、羽根を油で固められて身動きが取れなくなってしまった海鳥の印象が強く、何故この事故が起こったのか?事故現場に居た人々はどうしていたのか?については、全く知らなかったと言っていい。本作では、この「何故この事故が起こったのか?事故現場に居た人々はどうしていたのか...

  2. チャッピー  (映画) - 扉の扉ー

    チャッピー  (映画)

    キュートなロボットが出てきますひょんなことから意識を持ってしまったロボット赤ん坊状態なのでおぼつかないけれど・・・チャッピーと名付けられて ギャング夫婦に育てられる「黒い羊と小鳥」という絵本をお母さんに読んでもらうシーンは何度も見てしまった廃棄寸前だったので テキトウに付けてもらった赤い耳黒い羊と重なる チャッピーの赤い耳・・・☆「第9地区」の監督作品で 舞台はやはりヨハネスブルグギャング夫...

  3. DVD「永遠の0」百田尚樹 - うまうまひんひん

    DVD「永遠の0」百田尚樹

    ほぼ原作通りだった。144分。ゼロ戦がおもちゃかと思った。本は面白かった。勢いがある文章で一気読みした。だが映画になって人間が動いてしゃべって演じてストーリーを作っていくと、わざとらしかったりありえなかったりおかしかったりするところが結構あって入り込めなかった。姉(吹石)と弟(三浦春馬)が気持ち悪い。姉が弟をひじでつついたり目くばせしたり夜遅く車で迎えに行ったりするのが気持ち悪い。頼りない弟...

  4. 「イップ・マン 継承」 - おきらくごくらく(出張版)

    「イップ・マン 継承」

     「イップ・マン 継承」を見てきました。  ブルース・リーの師匠である武術家イップ・マンを主人公としたアクション映画の第3弾。 前作・前々作を見逃していたのですが、全然問題ありませんでした。これ1本でも十分に楽しめます。  なんといってもドニー・イェンが凄すぎます。ジャッキー・チャン、ジェット・リー亡き後(まだ死んでませんが)は、もう彼に尽きますね。素晴らしいキレキレのカンフーアクションを見...

  5. ダグラス・サーク『僕の彼女はどこ? 』 - 【こぐれ日乗】京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化プロデュース 公共政策        

    ダグラス・サーク『僕の彼女はどこ? 』

    2017/4/28(金)買っていたDVDを楽しむ。あっという間。もうすこし長くても良かったけれど、初期カラー映画だしね。音楽もあるけれど、基本はさらりとした喜劇。禁酒時代へのライトな批評もできそうだ。でも、どこか教訓的でもあるし、そういえば、エリック・ロメール監督にもそういうタイトルのシリーズがあったなとか思い出したりもした。ダグラス・サーク『僕の彼女はどこ? 』(1952年、89分、HAS...

  6. アメリ - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    アメリ

     ”好きな映画がロードショー公開された季節感を追体験してみたい”シリーズ! というわけで、今夜のアルック座は、「アメリ」。 16年前の4月25日に公開されました。少女の頃から空想の世界で遊ぶのが好きだった22歳のアメリ。古いアパートで一人暮らししながらモンマルトルのカフェで働く彼女は、他人を少しだけ幸せにするお節介を焼くのが楽しみ。そんなある日、遊園地のお化け屋敷とセックスショップで働く不思...

  7. 「美女と野獣」 - ここなつ映画レビュー

    「美女と野獣」

    よく考えてみたら、私は「美女と野獣」の正しいストーリーをこれまで知らなかった。「美女と野獣」ってこういうお話だったのね。もうもう、目一杯、「女の子」させてもらえる時間!素晴らしい夢の世界。お城、ドレス、舞踏会。真っ赤なバラの花、喋る調度品たち。王子様がかかった魔法を解くのは「愛してる」の一言と熱いキス…。かつて「女の子」だった私がその時と変わらず…ではなく、その頃の気持ちを思い出して幸福の余...

  8. ビル・コンドン『ドリームガールズ』 - 【こぐれ日乗】京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化プロデュース 公共政策        

    ビル・コンドン『ドリームガールズ』

    2017/4/26(水)もうすぐ5月。ちょっと先週半ばまで、ハイ状態だったようで、この1週間はその反動がきたように思う。まあ、なんとか乗り切りそうだ。65kgに戻すのは道半ば以下だけど(笑)。 イベントデザイン演習はグループワークなので、うちのゼミ生(3回生)の中には、2回ゼミをしているようだという学生がいるが、どうも嫌ではないようなので安心する。 学生部委員会のあと大学評議会。そのあと、新...

  9. Met Live Viewing, ロメオとジュリエット - ハドソン川の西岸で

    Met Live Viewing, ロメオとジュリエット

    2月26日、Met Live Viewing でロメオとジュリエットを観ました。もう、ヴィットーリオ・グリゴーロが素晴らしくて、感動してしまいました。オペラは映画と違って、ヴィジュアルがなかなか役柄と一致しないことが多いのですが、グリゴーロのロメオは、さすがに二十歳そこそこの若者には見えませんが、うっとりするには十分。そして歌唱力がその魅力をさらにパワーアップ。ディアナ・ダムラウのジュリエッ...

  10. アスペクト超入門 永遠の厨二におくる - 河童式占星術 Follow your bliss

    アスペクト超入門 永遠の厨二におくる

    永遠の厨二に捧げるアスペクト超入門占星術をお勉強し始めて、アスペクトでつまづく、ってことが結構多いのかなって思いますが、どんどんつまづいて転べばよいよー。路上で泣いてても助け起こしてはあげないけどね~~と非情につぶやいている河童です。まず、サインとハウスと惑星が自分なりにつかめてきたら、アスペクトが立体的に見えてきます。そこまでが結構長い道のりかもしれません。行ったり来たりを繰り返し、深まっ...

  11. 映画:『退屈な日々にさようならを』渋谷アップリンクで上映 - 地獄のけだまゾーン

    映画:『退屈な日々にさようならを』渋谷アップリンクで上映

    4月29日は、りりかさん舞台挨拶に参加します。オンライン予約しましょうりりかさんのTwitterより今泉力哉監督 映画『退屈な日々にさようならを』渋谷アップリンクにて上映がはじまります!あす4月29日(土)は上映後の舞台挨拶に参加させていただきます。チケットはオンライン予約も出来るようなのでぜひ。ご覧下さい。 https://t.co/CPq4e7eW3L pic.twitter.com/N...

  12. 映画 「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」 - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    映画 「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」

    ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディの視点から描いた伝記ドラマでした。半生を描いた伝記ではなく、大統領暗殺後5年にギリシャの大富豪アリストテレス・オナシスと再婚し世界を驚かせたエピソードはもちろんなく、1961年から1963年までアメリカのファーストレディであった(彼女が32歳から34歳)約2年に凝縮した...

  13. 試写会にて鑑賞・映画「カフェ・ソサエティ」 - SOMEWHERE

    試写会にて鑑賞・映画「カフェ・ソサエティ」

    ウディ・アレンの洗練5月に公開されるウディ・アレンの新作「カフェ・ソサエティ」NYで父親の仕事を手伝う毎日にうんざりしハリウッドの映画産業で成功しているおじのフィルを頼って LAにやって来たユダヤ人純朴青年・ボビーフィルの雑用係の職を得て友人もいないボビーのためにおじが紹介してくれた美しいヴォニーことヴェロニカに一目惚れしたボビーは彼女を得ようと必死にアプローチをしていくが・・・・・・・・・...

  14. 「美女と野獣」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「美女と野獣」を観てきました

    アンコールワット観光ブログがまだ全然進んでいませんが、昨日「美女と野獣」を字幕版で観てきましたので、先にアップします。かつてアニメ版のレーザーディスク(時代だね〜)を買って、何度も観たものでした。そうそう、CDも持ってたので曲も結構覚えてます。って、有名ですもんね〜f(^_^;。ネタバレあります。 基本のストーリーは変わらず、キャストもまるでコスプレの如くアニメのまま。なので、世界観は全く壊...

  15. GW!チビッ子と見たい、見せたい!ご自宅洋画劇場!! - ウラケン

    GW!チビッ子と見たい、見せたい!ご自宅洋画劇場!!

    Webマガジン『FILMAGA』。土曜更新の記事はゴールデンウィークを目前に控えてということで、「GW!チビッ子と見たい、見せたい ご自宅洋画劇場! 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』  洋画の入口として最強説!! 」です。と、言うわけで最後までTwitterとインスタに#ご自宅洋画劇場 ってタグを作りましたので、チビっ子にこれ見て欲しい!っていう懐かしの名作映画(なるべくアニメ以外)をガン...

  16. 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」(アンダーソン監督 2013)観ました - 本日の中・東欧

    映画「グランド・ブダペスト・ホテル」(アンダーソン監督...

    映画「グランド・ブダペスト・ホテル」をDVDで観ました。劇場公開時はポスターを見て、オシャレなドタバタ喜劇なのかなと思い、見逃してもさほど気にしていなかったのですが、町山智浩さんの『映画と本の意外な関係!』を読んだところ、この映画、オーストリアの作家ツヴァイクの作品にインスパイアされたものとわかりました。こちらに書評掲載しています。ツヴァイクは世紀転換期のウィーンで活躍したユダヤ人作家です。...

  17. 「The Shape of Water」の全米公開日が12月8日に決定。 - ギレルモ・デル・トロの部屋

    「The Shape of Water」の全米公開日が...

    ギレルモ・デル・トロ監督新作「The Shape of Water」の全米公開日が12月8日に決定。米ソ冷戦下の1963年を舞台に、孤独な女性と謎のフィッシュマンの逃避行を描く。サリー・ホーキンス、ダグ・ジョーンズ、オクタヴィア・スペンサー、マイケル・シャノンら出演。これ「ヘルボーイ」のエイブをおもいだしちゃうんですけど、どんな感じになってるんでしょうかねえ。ダグ・ジョーンズがフィッシュマン...

  18. 2017年のアカデミー作品賞受賞作 「ムーンライト」 - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    2017年のアカデミー作品賞受賞作 「ムーンライト」

    今年のアカデミー賞で大本命の「ラ・ラ・ランド」をハプニングの末破って、最優秀作品賞を受賞した話題作です。剛腕トランプ政権で少数派に対する偏見や差別が助長される中ハリウッドの映画人がそうした流れに逆らう良心の証として選んでくれた作品として注目していました。同性愛、差別、いじめ、麻薬中毒、親子の断絶とテーマが重たくて暗いのですが、映画を観てみると斬新さを感じました。刺激的な印象から程遠く、むしろ...

  19. 「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 - ここなつ映画レビュー

    「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」

    感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に動き出してしまい、遥か彼方に離れたカルカッタまで運ばれて、たった一人になってしまったインド人の少年が、その後ストリート、孤児院と流され、オーストラリアの養子先で大学生となる。だが、どうしても自分の出身地、家族の行方を知りたくて、...

  20. 映画『グレートウォール』(2016)ノベライズとアートブック - *さいはての西*

    映画『グレートウォール』(2016)ノベライズとアートブック

    映画『グレートウォール』のノベライズ(小説版)と、アートブック(設定資料集)がすばらしかったので、ご紹介します。一部、映画のネタバレもありますので、未見の方はご注意ください。(左)原書、(右)邦訳書。(右)『グレートウォール』マーク・モリス・ノヴェライズ/平澤薫訳(竹書房文庫)竹書房(2017年4月12日初版第一刷)原案:マックス・ブルックス、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィ...

1 - 20 / 総件数:386 件

似ているタグ