映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(1059)

  1. 「ユー・ガット・メール」の額絵 - アンティーク プロムナード

    「ユー・ガット・メール」の額絵

    1999年の古いアメリカ映画「ユー・ガット・メール」を見ていたら、物語の後半に主演のメグ・ライアンの部屋にトム・ハンクスが訪ねてくる場面で、部屋の壁に4枚のボタニカルアートの絵が飾られているのに気が付きました。彼女の役柄は3代続いている小さな絵本の本屋のオーナーですが、彼女の知性、感性を映画を見る人に印象づける小道具になっています。素敵な演出ですね。それにしても二人共若く魅力的ですね。

  2. 共謀罪反対 沖縄施政権返還45周年 岡村淳監督 - ムキンポの exblog.jp

    共謀罪反対 沖縄施政権返還45周年 岡村淳監督

    --------------------------------------共謀罪廃案!議員会館前集会&座り込み行動共催:共謀罪NO!実行委員会https://www.kyobozaino.com/戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会http://sogakari.com/?page_id=67-------------------------------------------...

  3. DRESS★シネマの時間★連載第7回 映画『ありがとう、トニ・エルドマン』 - 佑美帖

    DRESS★シネマの時間★連載第7回 映画『ありがとう...

    【WORK】DRESS★シネマの時間★にて”話題の映画から名作”まで魅力的な映画をご紹介する絵と文のコラムを連載中です。第7回目は、世界中が熱狂したユーモラスで心温まる父と娘の物語!映画『ありがとう、トニ・エルドマン』をご紹介致します。☆☆☆陽気で悪ふざけが大好きなピアノ教師の父親とたまにあっても仕事のことで頭がいっぱいのコンサルト会社で働くキャリア志向の娘。そんな父と娘の関係をユーモラスに...

  4. ザ・マーダー ☆☆☆☆ - The Movie -りんごのページ-

    ザ・マーダー ☆☆☆☆

    THE RIVER MURDERS 2011/米 監督:リッチ・コーワン 出演:レイ・リオッタ、クリスチャン・スレイター、ヴィング・レイムス、ジゼル・フラガ、マイケル・ロドリック ストーリー(Amazon商品紹介より) クリスチャン・スレーターとレイ・リオッタ共演のサイコサスペンス。 プレイボーイとして奔放な生活を送っていた殺人課の敏腕刑事・ジャックは、今は結婚し妻と  ...

  5. 舞台裏が好き(1) 映画「メット・ガラ」 - 観た。見た。みた。

    舞台裏が好き(1) 映画「メット・ガラ」

    「メット・ガラ~ドレスをまとった美術館」観てきました。もっとアナ・ウィンターさんを中心にしたドキュメンタリーかと思ったら実はメインはMETの企画展に奔走するキュレーターのアンドリュー・ボルトンさん(なかなかのイケメンメガネ男子)で、アナ様のパーティーもその展覧会の関連行事なのでした。といってもアナ・ウィンターの自宅の様子が映ったり、普段着が見られたりで興味深かったです。映画の原題は「The ...

  6. 『メッセージ 原題(Arrival)』、不思議とお客はシニアばかり。 - 蛙声DIARY

    『メッセージ 原題(Arrival)』、不思議とお客は...

     『メッセージ』(監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ、2016年)を、観た。 SF超大作との触れ込みにのせられて映画館に足を運んだ。どこが超なのか?ボクには分からないのだが、これまでに視たことのない映像、聴いたことのない音響であることは、確かだ。どうでもいいことだが、突然飛来した未確認宇宙船の形が、おせんべいに似ているらしい。まあ、話題作りだね、ばかばかしい。 ちょと、難解な味付け。ポイントは「時間」...

  7. 今度こそ・・・ - Yasの“裏”日記・ノア

    今度こそ・・・

    本格的な、復活宣言来ました(笑)宮崎駿、新作長編アニメーション映画制作を本格始動「若い力を貸して下さい」今度こそ、これで最後と仰ってますが・・・ いやぁ、この人はもう、命ある限り引退なんてできませんよ。てか、宮崎駿からアニメーション製作取ったら、何が残るというのでしょう?多分この人が天寿を全うするときは、煌々と光の灯った動画机で、鉛筆を握ったまま打っ臥して、まっ白に燃え尽きてるんじゃないかと...

  8. 『美女と野獣』 - うろ子とカメラ。

    『美女と野獣』

    2週続けて、レディースデーに映画鑑賞です。今週は「美女と野獣」ディズニーアニメではあまりにも有名なので、ストーリーは書きませんが(しかしながらネタバレ注意です!)実写化されたアニメでは、最高の映画でした!ヒロイン役のベルは、ハリーポッターシリーズのハーマイオニー役のエマ・ワトソン。子役のイメージが強すぎて、何を見てもハーマイオニーに見えてしまっていたのですが、見事にベルになっていました!そし...

  9. コーヒー&シガレッツ - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    コーヒー&シガレッツ

     ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ! というわけで、今夜のアルック座は、「コーヒー&シガレッツ」。 13年前の5月14日に公開されました。 ジム・ジャームッシュ監督が2000年代に入って最初に発表したのがこの作品です。 といっても、11の物語からなるオムニバス形式の本作中、最初に撮られたものが1986年だといいますから、...

  10. メッセージ - おうちやさい

    メッセージ

    「メッセージ」の原作本は「あなたの人生の物語」というタイトルだそうで観終わってなるほど!と納得。久々に心に残るSF映画でした。哲学的でもありメモしたいようなセリフもたくさん出てきました。UFOも今までにあまりないデザインで良かったけどエイリアンのお姿がちょっと不満だったかなぁ(^^;)言語を理解するという事がいかに大切か、また時間の概念について考えこんでしまう色々と余韻を残してくれる映画でし...

  11. 23日(火)かようシネマ「東京物語」  シネマまえばし  入場無料   11:00~ - 弁天通青年会長 しゅんこう日記

    23日(火)かようシネマ「東京物語」 シネマまえばし...

    かようシネマシネマまえばし定期上映会火曜日 11:00~ 1日1回上映入場無料5月23日(火) 11:00~東京物語日本映画を代表する傑作の一本。巨匠、小津安二郎監督が戦後変わりつつある家族の関係をテーマに人間の生と死までをも見つめた深淵なドラマ。故郷の尾道から20年ぶりに東京へ出てきた老夫婦。成人した子供たちの家を訪ねるが、皆それぞれの生活に精一杯だった。唯一、戦死した次男の未亡人だけが皮...

  12. It's Only the End of World(たかが世界の終わり) - blog版 がおろ亭

    It's Only the End of World(...

    22歳で家を出て12年帰ってこなかった劇作家が帰郷する話です。この男、何か病気らしく、そのことを家族に告げるために帰ってきたらしい。「らしい」というのは、説明的なシーンがないので、想像するしかないのです。同性愛者というのははっきり分かるようになっているので、HIVかなと思って観てました。あと、台詞中心のドラマのうえフランス語なので字幕を追うのが大変でした。英語なら大丈夫というわけでもないです...

  13. 夏への扉をどっかーんと明ける - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    夏への扉をどっかーんと明ける

    ちょっと今月は本買うのを控えようと思っていたのですが……愛蔵版BOXセット 少年は荒野をめざす 全3巻【分売不可】吉野 朔実/本の雑誌社undefined6480えんですか・・・・いやしかし愛蔵版と言うにふさわしい作品ではあり、素晴らしい装丁ですね。うわー悩みどころですこれ。吉野さんのファンとして敬意をもって感謝を込めて手元に置いておきたい気がしております。社会にとって趣味とは何か:文化社会...

  14. マイビューティフルガーデン - ひびのきろく

    マイビューティフルガーデン

    前回と前々回のブログのタイトルがどちらも「ストレス発散方法」になっていて、笑ってしまいました。家族にすらストレスなさそうな生活を送ってる、と思われていますのに。でも、まあ、ストレスというものは少ないとちょっとあるだけで存在感が大きいですし感じようです。。。このところ、考えなくてはならないことが多いのは本当です。でも、煮詰まることがあるのも本当です。ついつい集中的に考え込みすぎて、休みたくなる...

  15. マンチェスターバイザシーと大きすぎるやろ… - LaPetiteCloche プチクローシュ

    マンチェスターバイザシーと大きすぎるやろ…

    昨日は朝一番で観たい観たい!と思っていた「マンチェスターバイザシー」を見にKBCシネマへ朝活割引なるものがあって朝イチの上映時間は1,100円結構多くて半分くらいは座席が埋まっていた。アカデミー主演男優賞を受賞したケイシー・アフレックはベン・アフレックの弟です。心に傷を抱えて生きる役を淡々と演じきっています。マット・デイモンが演じる予定だったそうですがジェイソン・ボーンのイメージが強くて彼が...

  16. 「帝一の國」 - おきらくごくらく(出張版)

    「帝一の國」

     「帝一の國」を見てきました。  古屋兎丸原作マンガの映画化。監督は永井聡。  よくあるイケメン学園物(色物系)と思って敬遠していましたが、仲間内でも結構評判がいいので、重い腰を上げて見て来ました。 案の定、周りは女子高生やお姉さんばかりで、アウェイ感まじまじと感じました(笑)これって久しぶりにやっちまったかーーと思いきや映画はめちゃ面白かったです。  なんと言っても個性豊かなキャラたちを菅...

  17. メンマと写真 - 365歩のマーチ

    メンマと写真

    「追憶」いい映画。心に沁み込む。今日は夫を空港まで送り、帰りに一人追憶@2度め。1回目は先週末に夫と観た。両日とも年齢層はかなり高め。驚くことに1回目より2回目の今日の方が大盛況。小さい箱だけど半分以上埋まってた。観る前の腹ごしらえはタリーズでワッフルを♪フワフワのワッフルだった。映画の感想は置いといて、先輩刑事さんがラーメン屋で見せた写真!あれ、本当にビックリする(笑)スクリーンに思いっき...

  18. 2回目も爆笑した帝一の國 - アラサー独身OLのぼくみた。

    2回目も爆笑した帝一の國

    毎月14日はTOHOの日で映画1,100円なので、帝一の國を観てきた。2回目だけど、やっぱり面白い!好きなシーン、ベスト5はやっぱこうなるかな。①外部試験対決の父親との掛け合いシーン②マイムマイム事変③大鷹弾が白票の説明をするシーン④美美子との糸電話シーン⑤氷室ローランドが飛び降りて、帝一用にマットを用意したと光明が明かすシーン惜しくもベスト5には入らなかったけど、和太鼓のシーンも一体感がも...

  19. ムーンライト / Moonlight - little good things

    ムーンライト / Moonlight

    最初の30分足らずで、グルグルと登場人物達の周りを回るアングルに三半規管がついていけず、回転性めまいで失神しそうになりながら鑑賞。途中で観るのを諦めたら、主人公の半生の半分も知らずに終わっちゃう。しかし、もし主人公が悲しい結末なんて迎えてしまったら、こんだけ辛抱しているオレが報われない。そういう幕切れだけは勘弁してよ…と、願いながら耐えた甲斐があった締め括り。(C)A24 Distribut...

  20. 冷えとり瞑眩 ぷち風邪☆久しぶりに食べた朝御飯 - SUPICA'S  BLOG

    冷えとり瞑眩 ぷち風邪☆久しぶりに食べた朝御飯

    おはようございますネムネム日曜まで体力もつでしょうか風邪気味ですメープルシロップを舐めよう子どもの頃舐めさせられたシロップが化学薬品の塊だと思うとゾッとします写真はお宿ニュー向洋の朝食 写り切れて無いもの有りオーガニック納豆や温泉卵わぁい 普段朝は食べませんが美味しくいただきました

61 - 80 / 総件数:1059 件

似ているタグ