映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(988)

  1. オフ時間を自ら楽しむ - smile home ~ 整理収納アドバイザー須藤有紀が綴る ゆるゆるお片づけ日記@三重県四日市 ~

    オフ時間を自ら楽しむ

    今日の四日市は綺麗な青空が広がっていますそんないいお天気の中 今日の私はオフ♡家事を終え 少し横になりながらぼ~っと一息「デスクワークを少ししてから バッグを探しに買い物に行こうかなぁ」「あぁ、でも このまま寝ちゃいそう。。まずいな」と思った瞬間に ふと「そうだ!一人で映画に行っちゃえ」と思いついたのが 8時55分そこから 映画の時間を検索し 映画館に到着したのが9時10分思いたったら 即行...

  2. ネットフリックスの世界での会員数が1億人を突破。メディアは激変する。 - 香取俊介・東京日記

    ネットフリックスの世界での会員数が1億人を突破。メディ...

    2017/4/18今後メディアは大きく変わりそう。 なかでも、柱になるのはネットフリックスだろう。 ――調査会社eMarketerの最新データによるとネットフリックスは米国のビデオ・オン・デマンド市場のトップを独走している。ネットフリックスの会員数は現在、会員数は9875万人だという。(共同通信) さらに今週末には世界で会員数は1億人突破するらしい。...  凄いですね。僕もときどき見ている...

  3. 韓国映画『不汗党:悪者の世界』 - アンニョン! ハーモニーマート 明洞 ブログ★

    韓国映画『不汗党:悪者の世界』

    こんにちは。ハーモニーマートです昨日今日と韓国でも天気が悪く、午後から雨の日が続いています韓国で話題になっている5月公開予定の映画『不汗党:悪者の世界』ソル・ギョングと、ZE:A シワン主演の映画です!簡単なあらすじです。犯罪組織の第一人者を狙うジェホ(ソル・ギョング)と、世の中に怖いものがなく、覇気に満ちたヒョンス(シワン)が刑務所で知り合い、お互いに惹かれ、次第に友情を深めていく義理と裏...

  4. Hans Zimmer Live at Coachella2017にみるフェスでの劇伴音楽奏演のエクスクルーシヴな可能性 - 鴎庵

    Hans Zimmer Live at Coachel...

    Hans Zimmer - Inception - Live at Coachella 2017 Sunday, April 16thHans Zimmer - Pirates - Live at Coachella 2017 Sunday, April 16thHans Zimmer - Lion King // Coachella 2017 Weekend 1Hans zimmer li...

  5. 「1秒24コマの美 黒澤明・小津安二郎・溝口健二」 - 隊長ブログ

    「1秒24コマの美 黒澤明・小津安二郎・溝口健二」

    「1秒24コマの美 黒澤明・小津安二郎・溝口健二」  古賀 重樹 (著)  単行本 – 2010/11/30  Amazon中古1,874円1秒間に24コマ撮るフイルムを連続して写すのが映画。この本で知ったことは三人共、絵画に造詣があったこと。三人共東京の下町で生まれ育ったこと。溝口健二はヨーロッパでは黒澤より人気があり、当時のヌーベルバーグ(1960年代)の監督たちに多大な影響を与えている...

  6. 三上智恵監督『標的の島 風かたか』 - ムキンポの exblog.jp

    三上智恵監督『標的の島 風かたか』

    ポレポレ東中野で三上智恵監督『標的の島 風かたか』を観ました。映画『標的の島 風(かじ)かたか』公式サイトhttp://hyotekinoshima.com/

  7. 「ICHI]//よいではないか!綾瀬はるかの座頭市物語 - 蛙声DIARY

    「ICHI]//よいではないか!綾瀬はるかの座頭市物語

     「ICHI」(監督・曽根文彦、2008年)、Aプライムで観た。大いに楽しめた。娯楽映画とはこういうものだ。女座頭市なんて下手物風に思われそうだが、按摩ではなく離れ瞽女としたところが、現代に繋がる。案外、勝座頭市より深い所に到達できそうな気がする。とにかく、綾瀬はるかでなければ、こうはいかない。シリーズ化したらよかったのにと思う。決め台詞は、胸を打つ。「なに斬るかわかんないよ、見えないんだからさ」

  8. 【2chが修羅場】映画「となり●トトロ」を見ると、怒りの感情が込み上げて来る。修羅場 - 「社長」と元上司からあだ名をもらったので、社長になることにしました

    【2chが修羅場】映画「となり●トトロ」を見ると、怒り...

  9. ダニエル・クレイグになってからの007を一気に見る - 断酒と子育ての日々

    ダニエル・クレイグになってからの007を一気に見る

    007シリーズは大好きなんだがジェームズ・ボンドがダニエル・クレイグになってから1本も見ていない。決して金髪ボンドに抵抗があった訳ではなく我が子が生まれて映画どころじゃなくなったのが原因なんだけどまたもやAmazonプライムで見放題になってて19日で終わるらしいので一気に見た。ダニエル・クレイグ最後の作品SPECTREいやーかっこええなーーーーこれは後でまた語るとして、、007と言えばまぁ私...

  10. 「信長協奏曲」 - おきらくごくらく(出張版)

    「信長協奏曲」

     「信長協奏曲」を見ました。 石井あゆみ原作マンガのドラマ化を経ての映画化完結編。監督は松山博昭。  原作とアニメがとても良く、ドラマ化も期待したのですが、大幅なキャラ設定の変更(特におしとやかな帰蝶が、男勝りの女性になったのは、演じる柴咲コウのためか?)、合戦の大げささ(桶狭間の戦いは酷すぎた・・・)と目に余るほどの改悪ぶり。ホント残念な作品でした。 それからはや3年後(ドラマは2014年...

  11. 「LEGO(R)ムービー 」 - おきらくごくらく(出張版)

    「LEGO(R)ムービー 」

     「LEGO(R)ムービー 」を見ました。  デンマーク発のブロック玩具、LEGO(R)をフィーチャーしたアドベンチャー。平凡な男が伝説のヒーローに勘違いされたために起こる大活劇。監督はフィル・ロード、クリストファー・ミラー。  LEGO(R)は世代が違うためか、遊んだことが無いのですが、これって遊んだことのある人にはたまらない作品になっています。なんせ背景乗り物全てがLEGO(R)で出来て...

  12. 「SING/シング」 - おきらくごくらく(出張版)

    「SING/シング」

     「SING/シング」を見てきました。  自分自身を変えたい!という動物たちが、歌唱コンテストで奮闘する姿を数々のヒットソングに乗せて描くミュージカルアニメ。監督はガース・ジェニングス。 まさに映画「のど自慢」を彷彿させる作品。まあよくある題材で、先がすぐ見える物語です(笑) 確かに様々なキャラクターが出てきますが、どれもエピソードが貧弱すぎて、まさに子供向け。でもそんな設定はどうでもいいん...

  13. 小鳥くる。 - bakubaku on reading

    小鳥くる。

    ▲めずらしく本を読まない(読めない)時間がここしばらく続いている。それでも、こどもの時分からの癖で毎晩本を持って布団にもぐりこんで。目をとじる。眠れなくて目を開ける。ふたたび目を閉じる。いつも枕元に本があるのは、たぶんわたしの安心のしるし。読んでも、読めなくても。▲このあいだ(というてもだいぶ前になるけど)思い立って友人とドキュメンタリー映画『人生フルーツ』を観に行って来た。この映画のことは...

  14. ヨアキム・トリアー『母の残像』 ペルソナが剥がれる"本当の瞬間"の家族の肖像 - 鴎庵

    ヨアキム・トリアー『母の残像』 ペルソナが剥がれる"本...

    「母の残像」予告編伊勢佐木町のジャック&ベティでヨアキム・トリアー監督による『母の残像』をみました。大変に心揺さぶられました。交通事故で死んだ戦場写真家の母と、残された父兄弟の物語。この三人それぞれに私自身を観た思いで。『カルテット』や『人間の値打ち』等、昨今の人間ドラマの傑作群にこの作品も連なると想います。何しろ役者たちの演技が上手い。イザベル・ユペールのキャリア・ウーマン然とした不敵な笑...

  15. 「ムーンライト」 - ここなつ映画レビュー

    「ムーンライト」

    地味だけど、良作。良作だけど、胸が苦しい。アカデミー賞作品賞受賞の本作、事前知識など何も持たずに観に行った。つまり私が本作について知っている事と言えばアカデミー賞作品賞受賞作品だという事のみであった。ストーリーも展開もテーマも、ここまで何も知らずに観に行った作品は久方ぶりである。「好きな俳優が出てるからー」とか「◯◯監督の作品だからー」とか「香港(イタリアでもフランスでも何でも当て嵌められる...

  16. 本庁と所轄 - ★彡Amenbou-GPS★彡  ※個人の感想・意見です。

    本庁と所轄

    日曜劇場「小さな巨人」第1話をみてしまった(予定がなかった)。亡き父が勤めた警視庁捜査一課長をめざす主人公(長谷川博巳)が、所轄署から捜査一課長にのし上がった(香川照之)の罠によって所轄署に叩き堕とされるというストーリーだった。本庁vs所轄という構図は、ヒットした日曜劇場の「下町ロケット」の町の工務店vs大手企業という対立パターンを踏襲し視聴者を惹き付けるというワケだ。桂文枝演じる企業家誘拐...

  17. 「パッセンジャー」 - おきらくごくらく(出張版)

    「パッセンジャー」

     「パッセンジャー」を見てきました。  航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。監督はモルテン・ティルドゥム。 究極の選択を何度も強いられるため、結構見ていて疲れる映画です(笑) シナリオの強引さをクリス・プラットとジェニファー・ローレンスの好演でなんとか持ったという感じ。 特にジェニファー・ローレンスの知的でクールな美女が恋に落ちて可愛い女...

  18. サイレンスの強さ優しさ呪わしさ - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    サイレンスの強さ優しさ呪わしさ

    映画を観たのは3月の頭で、もうずいぶん前のこと。紅海感もずいぶん少なくなってはいるのですが、なにしろ原作を再読したくなって図書館にリクエスト。みなさん考えることは同じようで、リクエストは100人待ち。ようやく手元に届きました。沈黙 (新潮文庫)遠藤 周作/新潮社undefined読みはじめるとひと息。小学校高学年で北杜夫に傾倒して、そのつながりで遠藤周作へ、教会学校にかよっていた流れもあって...

  19. 中国では絶対ヒットすると予言しておく! - ★彡Amenbou-GPS★彡  ※個人の感想・意見です。

    中国では絶対ヒットすると予言しておく!

    予備知識なしでマット・デイモン主演なので『グレートウォール/長城』をみた。エンドロールでジョン・ウー監督作品かと思っていたから、なんとそれがチャン・イーモウ監督だったのでびっくりした。シルクロードを辿って中国の黒色火薬をヨーロッパに持ち帰り一儲けを企むマット・デイモンの二人組。途中に襲われた饕餮(トウテツ)という化け物動物と戦った情報と弓の腕をかわれ傭兵となる。長城を防衛する禁軍の鶴の軍団隊...

  20. DVD「ものすごくうるさくてありえないほど近い」 - うまうまひんひん

    DVD「ものすごくうるさくてありえないほど近い」

    メドベゼワのFSの楽曲なので国別までには観ておきたいとあわてて見た。最初によく聞くテーマ曲がかかって、あらほんとにめどべの曲だと感激した。男のコは瞳が印象的なきれいな子で、リプニツカヤに似ている。めどべの曲だがリプに似てるのが因縁ぽくて面白いと思った。映画のあらすじは、3・11で父親のトムハンクスが死ぬ(遺体は見つからない)。青い花瓶の中に鍵が入っているのを見つける。ブラックというワード。男...

61 - 80 / 総件数:988 件

似ているタグ