時代劇のタグまとめ (12件)

時代劇のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには時代劇に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by Cooper's Chronicle

先週、ブルーレイディスクレコーダーが故障してから直るまでの数日、録画した時代劇が観られませんでした。意外にも、一日の「予定」に組み込まれた感が大きくて、観ないとどうも、落ち着きませんでした。これまでも書きましたが、今は「暴れん坊将軍Ⅲ」と、プラスして1987年頃の「江戸を斬る」(注:遠山の金さん=北町奉行が里見浩太郎)を観てましたが、「江戸を斬る」を観るのは初めてで、新鮮で面白かった。もう終...

by doppler

悪者に追われたら

by 天井桟敷ノ映画館

 遠藤周作の傑作小説を巨匠マーティン・スコセッシが映像化。非情なキリシタン弾圧が行われている江戸初期の長崎を舞台に、自らの信仰心を極限まで試される若いポルトガル人宣教師の壮絶な葛藤の行方を描く― (allcinemaより) 見終えたあと真っ先に覚えたのは、こんな物語だったっけというものだった。帰ってから原作を読み返してみて、映画がいかに小説に忠実であったかを思い出した。同時に、原作小説がどん...

by 診療室日記

長女が春休みになり、帰ってくる。「何時に帰る?行けたら駅まで迎えに行くわ」とメールしたら、「お昼頃に出る予定です。『暴れん坊将軍』が終わったら」と返事が来た。そうなんだ。長女とチビと私は、時代劇が好きなのよね~。”21のうら若き乙女が、時代劇かぁ”という気もしないではないけど~(^▽^;)。

蜂寅企画第十二回公演忘れな三助~大江戸絢爛湯屋物語~【時】2017年4月19日(水)~23日(日)【於】中野ザ・ポケット【物語】 不穏なご時世、あくせく働く江戸の人々の小さな救い・・・それは「お湯屋」!世知辛い毎日のつらいかなしいを落とすのが、お湯屋の勤めにござい。湯に浸かってる時ゃ、お侍だろうが職人だろうが、別嬪サンも不細工も爺も婆も洟垂れ小僧も、ナァニ鬼も仏も関係ねえ。化粧も着物も世間様...

2月!如月!ひと月の過ぎ去る速度が、どんどんと加速しておりますね。一月は元気よく走ってゆき、後からどーんと2月がやってきました。さて。「忘れな三助」の支度も着々と整ってきておりますよ。戯曲に向きあっているこのシーズンが一番しんどいといえばしんどい時期ではありますが、いちばんたのしい時間でもあります。お風呂や銭湯の歴史資料を紐解いて、想像の江戸をてくてく歩いております。着実に。さて今月もワーク...

by テディベアのブログ Urslazuli

ぼんやりしすぎて、あれ?今日はもうブログ書いたっけ?ってなり、記事の一覧を見て「あーまだだったよね〜」ってなったりしている今日この頃です。いろいろ考え事ってあると思うんです。私もアリアリです…。だけど考えても変わらない(わからない)こともある…。なので、今年に入ったところでやっていることは、自分の家にいる時はバカバカしいレベルでバカバカしくしよう。ということです。。そんなこんなで、最近の私の...

年末年始は各放送局とも特番だらけでどれを観たらいいのだろうかと思ってしまう。スポーツ観戦好きなものにとって、元旦はニューイヤー駅伝、そして2、3日は箱根駅伝を観て楽しんでいる。そしてNFLも最終週がお正月に重なり、CSで2試合が放送される。2日早朝の試合はドルフィンズ対ペイトリオッツ戦であるのでぜひ元旦は早寝して観ようかと思っている。「陽炎の辻」という時代劇をNHKで放映していたが、この番組...

by Cooper's Chronicle

例によって時代劇の話ですが、テレビ朝日の早朝の放送が、暴れん坊将軍の「Ⅺ」と2001年頃まで進んだ後、一気に「Ⅲ(1988年〜)まで戻りました。再放送が多いので、これまでも観たことのあるシリーズをまた観ることもありましたが、「Ⅲ」は初めて!確かに、当時から人気時代劇だったとは思いますが、当時は私はまだ24歳くらいだ。仕事もバブルの頃で忙しく、そもそもテレビ観る余裕もなく、ましてや時代劇なんて...

by 続☆今日が一番・・・♪

今年も日本橋浜町の交差点のところでカレンダー市やってました。信号待ちのついでにチラッと見たらやっぱり気になって中をのぞいてしまった。そして買ってしまった。猫のイラストと筆文字のタッチが気に入りました。自分の部屋に飾ります。来年はこれと、手作りGD卓上カレンダーで。はぁ~ぁ、一年て本当にあっという間ね。***そしてこちらは年明けてのお話ですがNHK正月時代劇「陽炎の辻 完結編」。な、なんと磐音...

by とまとま日記

考えてみると時代劇って久しぶりに見た。 昔は結構あったのに、今地上波でほとんどやらないもんね。今回見てみて、昔時代劇を見ていたのはそのわかり易い勧善懲悪のせいだったのかも、と感じた。 その『勧善懲悪』も現代のそれとはだいぶ違うようだしwこの前編では、何と『殺人犯』が無罪放免。 しかも、犯人本人が罪の意識に苛まれているのに対して主人公長谷川平蔵が言った言葉が「夢を見たんだよ」。いいね、いいねw...

2016年の新語・流行語大賞が発表された。25年ぶりにプロ野球セリーグを制覇した広島カープの鈴木誠也の活躍を評して緒方監督がインタビューで発した「神ってる」が見事に大賞受賞となった。広島の独走優勝を支えた戦力であっただけに大賞受賞は文句のないところだと思う。日本シリーズでは日本ハムに負けてしまった(監督采配の差に負けたといってもいい)ので来シーズンは緒方監督も短期決戦での采配を身につけて頑張...

似ているタグ