月光写真のタグまとめ (14件)

月光写真のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには月光写真に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 遥かなる月光の旅

サソリに寄り添うように、月が昇る。中央からやや下には土星が煌めく。波に削られた石は丸くなり大波が寄せる度にカラカラと心地よい音を立てていた。................................................................................月光写真家、石川賢治氏の最新写真集が来月発売されます。イベントや写真展も開催されるようなので、...

by 遥かなる月光の旅

まるで映画 「 ロード・オブ・ザ・リング 」 の世界に飛び込んだかのようなファンタジーゾーン。初めてこの風景と出会い、10年が過ぎた。「 地の果て 」 を月光で撮る。今回、ようやくその夢が叶った。.........................................................................................しかし、月光の 「 ...

by 遥かなる月光の旅

2017.3.11 あれから6年目の月。被災地のひとつ、松島にて19時頃撮影。夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】

by 遥かなる月光の旅

月が沈むに連れ、滝はどんどん暗くなっていく。もう撮影終了か…と名残惜しく感じていると、雲間から「 すばる 」が見えた。カメラを縦にし、目一杯空を広くとってシャッターを。秋保大滝がますます小さくなってしまうのは、少々残念だけど…。......................................................................................

by 遥かなる月光の旅

数年ぶりに雪の秋保大滝に行ってきた。もちろん月明かりだけを頼りに。滝までのアクセスは慣れていないと非常に不気味だけど、自分もだいぶ強くなったもので、月明かりに照らされる雪景色を楽しみながら歩くことができた。深夜の安の滝に比べれば全然余裕。装備はアイゼンを持っていけばよかったと少々後悔。でも手をつきながらゆっくり歩けば大丈夫。深い雪に埋もれないよう慎重に…。しかし、本当に美しい光景だった。積も...

by 遥かなる月光の旅

確かこの日の撮影は、遅番の仕事を終えて直行で撮影地まで向かったような記憶がある。気温は一桁で、流れる水は痛いくらいに冷たかった。長靴かウェーダーだったかは忘れたけど、水に浸かりながらの撮影だった。今思うとこの構図はかなり危険だった。ヌルヌルとした岩場で足を滑らせたら、そのまま甌穴に落ちていたかもしれない。防寒着を着込んだまま水の中に落ちたことを想像すると…。この頃の自分は今よりかなり臆病で、...

by 遥かなる月光の旅

【 月光満ちる 】選) 竹内敏信 氏評) 古市智之 氏評) ◯◯さんはシャドーがつぶれてしまったのが心残りなようだが、逆に暗部が多いことがミステリアスな雰囲気を生んでいるとも言える。この作品の質を大きく損なってはいない。夜間の撮影は足元が見えにくく、撮影するだけでも昼間とは比較にならないくらい困難だ。蔵王のような山岳地ならなおさらだろう。御釜から市街地を見下ろす絶好の位置取りと、朧月夜のやさ...

by 遥かなる月光の旅

いかにも三陸らしい風景。昔はよくこの様な風景を月明かりで撮ってたっけ。一番奥のせり出した断崖のむこうには神割崎、歌津、そして更に北上すると気仙沼市がある。この断崖風景にも3.11の大津波は押し寄せてきたんだよなぁと、昇る北斗七星を眺めながら思いに耽った。夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】

by 遥かなる月光の旅

【 夜の帳 】選考 / 福田健太郎 氏選評 / ひときわ大きなオランダ風車が異国情緒を漂わせ、ここは日本なのにと思う気持ちと、受け入れてしまう日本人の寛容さが面白く、私は強く惹かれてしまった。もちろん、優秀賞に選んだ理由はそこだけではなくて、夕暮れ時に白鳥が集団でねぐらに戻る光景はこの地域の風物詩。タイミングと配置が完璧で、ビジュアルの美しさに引き込まれる。・・・・・・・・・・・・・・・・・...

by 遥かなる月光の旅

縦構図の捨てコマ。本命作品はオリオンと組み合わせたものだけど、現在は出し惜しみ中。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今年は去年訪れた場所に再び通い、撮り直すという撮影が多かった。その結果、より一層写真の完成度を高めることができたと思う。今のところそれら 沢山の写真は非公開にし...

by 遥かなる月光の旅

鬱蒼とした深夜の登山道を歩き、たどり着いた先に現れた大滝。紅葉のピーク、快晴の夜空、大きな月。この3つの条件に恵まれたのは奇跡的。誰もいない月明かりの絶景を、のんびりと一晩中撮影した。※この写真はブログ用、捨てコマ。夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】

by 遥かなる月光の旅

夜の帳が月を落とす夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】

by 遥かなる月光の旅

1番左の奇岩には一本松があったけど、数年前に枯れていつの間にか消えてしまった。よく見ると、まだ幹の部分が確認できる。やっぱり一本松が無いと、浄土ヶ浜の風景はどことなく締りがないような。美しい風景ではあるけれど…。夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】

by 遥かなる月光の旅

4年ぶりかな?久々の三王岩だ。3.11以降、浜辺はすっかり荒れ果てたまま。かつて設置してあったベンチも砕けて転がったまま。崖の崩落も進み安全面でも心配だ。背後の朽木は風が吹く度、 「 ギギギギギーッ 」 と不気味な音を響かせている。それでも三王岩は姿を変えること無く鎮座している。優しい月光が降り注いできたところを見計らいそっとシャッターを押した。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

似ているタグ