朝陽・夕景のタグまとめ

朝陽・夕景」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝陽・夕景に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝陽・夕景」タグの記事(9)

  1. 富山散歩~県東部386~4月の朝、白い絨毯 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部386~4月の朝、白い絨毯

    富山の中心、呉羽山(くれはやま)山の名称はあるものの、標高80mの丘陵です。夜明け前、呉羽山で迎える日の出足元には梨畑呉羽山には、丘陵斜面を活かして梨畑が広がります梨畑から見る、4月の朝陽桜が散ると、すぐに咲く梨の花富山には花見が2度あると言ってもよいかもしれない。朝陽を浴びて、より可憐な白を感じさせる花です簡単に見下ろせ、遠くまで見渡せる梨の木は・・・1m50cmほどの低木です。低くなけれ...

  2. 富山散歩~県西部282~夕暮れの越ノ潟フェリー - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部282~夕暮れの越ノ潟フェリー

    何気ない風景ながら、ナゼか心が惹かれる風景がある。この越ノ潟フェリーも、そんな風景の1つ。越ノ潟フェリーは通称で、「富山県営渡船」が正式名称。富山県射水市の富山新港を渡る県営の渡し船です。富山新港内の航路は、越ノ潟~堀岡間770メートル、所要時間約5分です。新湊大橋が2012年9月23日に開通。この渡船も、当時の政権による俗に言う"事業仕分け"の対象になり廃止濃厚と耳にし、残念ながらも時の流...

  3. 能登の夕陽~増穂浦海岸のさくら貝と能登二見の夕陽 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    能登の夕陽~増穂浦海岸のさくら貝と能登二見の夕陽

    能登半島の能登金剛エリア国道249号線は能登の西側の海岸線を走る249号線沿いに続く、長さ4キロの砂浜「増穂浦海岸」増穂浦海岸は、日本の小貝三名所の一つ。冬の時期に海岸に打ち寄せられる『さくら貝』は「幸せを呼ぶ貝」と呼ばれ、縁起の良い物として親しまれています。同じく国道249号線沿いに「機具岩」(はたごいわ)があります16メートルと12メートルの高さの二つの岩が寄り添う夫婦岩で、女岩(左)と...

  4. 富山散歩~県東部382~朝に夕に立山連峰を望む - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部382~朝に夕に立山連峰を望む

    北陸の富山の冬は、晴天を殆ど望めず、ただひたすらに鉛色の空が続く・・・・それでも稀有な晴天の日には、立山連峰を手に届くような近さにクッキリ見られるというプレゼントがあります。天気予報で晴れと確認すれば、早朝から出動するのは私だけではなかろう・・・呉羽山から夜明け前立山連峰の輪郭がよく分かりますいよいよ、日の出近づき剱岳はオレンジに染まり日の出眼下には、朝陽に照らされた北陸新幹線晴天が夕方まで...

  5. Vol.29「雨晴海岸、気嵐撮影」2017 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    Vol.29「雨晴海岸、気嵐撮影」2017

    高岡市太田の「雨晴海岸」は、風光明媚な景観が楽しめる場所です。特に冬の気嵐(けあらし)の風景は、年々全国的に知名度を上げつつあるようです。当日も早朝からレンタカーのマイクロバスを仕立てて来た一団もありました。個人的な感覚で言うならば・・・・気嵐の発生現象は、恐ろしく低い確率にもかかわらず、全くもってご苦労様です!!朝の6時日の出までに30分、まだ夜の空が広がっています日の出の位置は、剱岳より...

  6. 河口湖畔から、富士山を仰ぎ見る - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    河口湖畔から、富士山を仰ぎ見る

    朝3時の長野県松本市内のビジネスホテル(ちなみに前夜は、松本城の夜景撮影をしておりました)ここからは、ひたすら南へ途中、諏訪湖SAに立ち寄り・・・SA展望台から諏訪湖を臨むも、なんとなくしか分からずそして、AM5:30には河口湖畔到着富士山はクリアに見えるようです。では、日の出を待ちます 陽が昇ったようです。太陽に正対して「ダイヤモンド富士」なるものを狙っている人は沢山いるのでしょう。しかし...

  7. 富山散歩~県東部378~田尻池、酉年ゆえに鳥を撮らねば-2- - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部378~田尻池、酉年ゆえに鳥を撮らねば-2-

    2017年の初めにあたり・・・☆酉年ゆえに、鳥で撮り初めとしたい。☆Nikon 80-400mmレンズを使いたい。そんな思いからの田尻池(たじりいけ)は、富山県富山市にある農業用のため池。県内有数のオオハクチョウの飛来地で知られています。しかしながら、オオハクチョウは夜間にはいますが・・・日中は餌をとるために何処かへ行きますので出会えるのは早朝か夕方になります。ゆえに日の出から田尻池に佇み、...

  8. 富山散歩~県東部378~田尻池、酉年ゆえに鳥を撮らねば-1- - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部378~田尻池、酉年ゆえに鳥を撮らねば-1-

    田尻池(たじりいけ)は、富山県富山市にある農業用のため池。県内有数のオオハクチョウの飛来地で知られています。しかしながら、オオハクチョウは夜間にはいますが・・・日中は餌をとるために何処かへ行っております。出会えるのは早朝か夕方ですね。日中はマガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロなどもいます。突然、ナゼ鳥を撮りに向かったかと言えば・・・・・☆酉年ゆえに、鳥で2017年の撮り初めとしたい。☆...

  9. 富山散歩~県西部276~冬の朝陽、氷見にて - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部276~冬の朝陽、氷見にて

    冬にカラリと晴れる太平洋側に対し、北陸では見上げれば常に分厚いネズミ色の雲という曇天が続きます。そんな冬の日々で、朝陽に出遭える事はまさに"奇遇"と呼んでも全く構わない日の出30分前唐島越しに立山連峰日の出が近くなると、雲を切り裂くような光が射していよいよ日の出です写真からは、陽が射したら暖かくなるような感じを受けますが・・・・実際は、日の出直後あたりが1番身体の芯に寒さが走ります冷え切った...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ