木の家のタグまとめ

木の家」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには木の家に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「木の家」タグの記事(152)

  1. 好きな物に囲まれて暮す 高坂の木の家 - 成長する家 子育て物語

    好きな物に囲まれて暮す 高坂の木の家

    こんにちは、小林です。高坂の家 施工事例をホームページにて公開しました。 ★好きな物に囲まれて暮す家。http://fp-okuyama.com/works/20170525-1586/ ↑施工事例はこちらからご確認頂けます。『今から10年前、夫がアパート探しをしていた時に通りがかった道で、家を建てるならこんな家がいい!と感じる家がありました。外壁はガルバリウムでシンプルな家。それが奥山建設...

  2. 戸箱 - 「明日のいろは」あすなろの木の家【四日市で木の家づくり】

    戸箱

    雨戸を入れる戸箱最近は雨戸の無い家もよく見掛けられますが、雨戸の無い家は見た目がスッキリとして見えますが、台風の時などはやはり怖いので、南面や東面は雨戸を採用いたしております。アルミの戸箱の上から木を貼った木の雨戸も良いです。

  3. 天理の家 進捗状況12 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign  設計blog

    天理の家 進捗状況12

    土壁の下地の工事が始まりました。傷んでいた増築部分を解体し、改めて離れにつながる廊下を作ります。この掃き出し窓からの採光は良いものになりそうです。下地の竹木舞。下地づくりから左官屋さんの仕事ですが、今日は少し手伝わせてもらいました。荒縄で締めていくと弾力のある強い下地になります。いつもmmの話をしていますので、こんなにラフに壁が出来るのが面白く思います。土づくりも始まりました。伝統工法の良さ...

  4. 川島の平屋建て | 耐震等級3 - 成長する家 子育て物語

    川島の平屋建て | 耐震等級3

    こんにちは、小林です。4月に撮影させて頂いた川島の家。 ★且つ南面開口による暖房負荷低減を考慮したパッシブデザイン。もう少し緑が成長するとグッと良い雰囲気になるだろうと数年先の未来が楽しみです。平屋建てという事もあり、建築基準法で求められる壁量は比較的少な目(2階建や3階建てと比べるとそう感じます)。壁をもっと減らしても建築確認的には建設可能です。しかし弊社では、住宅の構造強度を高める為 ...

  5. ナイトパージで省エネ? - 成長する家 子育て物語

    ナイトパージで省エネ?

    こんにちは、小林です。暑い日が続いております。 ★窓を開け家を冷ます。窓を開けるとヒンヤリトした気持ちのよい風が入ってきます。この冷えた空気を室内に取込む事で、壁や床や天井など太陽の熱で暖められた家を冷しておきます。カーテンを全開するとソトから内側が良く見てしまうので半開に。虫が入らないよう照明は最小限に、網戸はきちんと閉めています。ナイトパージと書くと堅苦しい印象ですが、要するに換気です。...

  6. 瀬戸内の家Ⅱ 上棟作業中です。 - 木楽な家 現場レポート

    瀬戸内の家Ⅱ 上棟作業中です。

    瀬戸内の家Ⅱは、上棟工事中です。             オール4寸の骨太構造の柱・梁は全て化粧として見えてきます。          柱の間に入っている壁は、Jパネルの耐力壁です。                            なんと壁倍率4.5倍の高耐力壁です。                               筋違を無くし、この壁で地震エネルギーに対抗します。    ...

  7. 好きな物に囲まれて暮す 高坂の木の家 - 成長する家 子育て物語

    好きな物に囲まれて暮す 高坂の木の家

    こんにちは、小林です。定期点検に伺いました②。 昨日のブログにつづきまして。★趣味の場所、ソトには緑が。趣味の時間や、趣味をたのしむ場所。それは、家のウチにあることもあれば、ソトにあることも。住宅を設計するときには、暮らしを楽しむことを 一生懸命”想像” して欲しいです。家族でゆったりと過ごす時間は、それぞれの時間でも、一緒の時間でもありますね。ちょうど良い距離感で、笑いながら会話をできる・...

  8. ご入居から3ヶ月 定期点検へ 高坂の家 - 成長する家 子育て物語

    ご入居から3ヶ月 定期点検へ 高坂の家

    こんにちは、小林です。定期点検に伺いました。★3ヶ月点検。お庭の植込みをしたのは2ヶ月前。小雨のなか、心配しながらの作業でした。今、草木が葉を付けて、玄関の雰囲気が変わりました。元気に育って欲しいです。カーテン越しに木漏れ日が揺らぐ様子が心地よかったり。玄関でふと立ち止まり、樹木の変化を発見して嬉しくなったり。お庭があることで、少しでも暮しに潤いを感じていただけたら良いなと。そんな思いで、お...

  9. 生駒山の家 進捗状況2 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign  設計blog

    生駒山の家 進捗状況2

    基礎の工事が始まりました。地盤調査の結果、設計GLのすぐ下に均一な支持層があり、とても良好な地盤でしたので直接基礎になりました。石積みの一部と石の階段は既存のものを利用することにしました。何もなかった更地に基礎ができると建物の配置がよくわかり、外部計画も検討しやすくなりました。掃き出し窓から出たところに、食事をしたりコーヒーを飲んだり読書が出来るようなちょっとした半外スペースが作れそうです。...

  10. 住まいと植栽 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign  設計blog

    住まいと植栽

    新緑が繁り、緑が眩しい季節になりました。先週の事になりますが、枚方T-SITEで開催されました造園家 荻野寿也さんの著書「美しい住まいの緑85のレシピ」刊行記念トークイベントに行きました。荻野さんのお仕事は、伊礼智さん設計の京都サロン(松彦建設さんモデルルーム)を見学させていただいた時に、拝見したことがあります。建築物に木影を映し纏う植栽は非常に自然を感じ道を通る人に癒しをもたらし、窓から見...

  11. 木質構造を知る - 成長する家 子育て物語

    木質構造を知る

    こんにちは、小林です。構造塾初参戦です。★M´s構造設計。構造塾の存在を知ったのが3年前。ご縁に恵まれて本日始めて佐藤実さんの話を聞く事が出来ました。これから家を建てようと考えられている全ての方にお勧めのセミナーです。※実務者向けだけでなく、一般ユーザー向けのセミナーも開催しているようなので是非チェックしてほしいです。何故か、大変判り易い内容です。木質構造について独学で勉強した僕ですが大変な...

  12. 【千年の家・・・基礎工事①】 - 木楽な家 現場レポート

    【千年の家・・・基礎工事①】

    地盤が出来たらいよいよ基礎工事に入っていきます、家を支える大切な礎を作るのです。基礎はベタ基礎と呼ばれる基礎です、床下部分はすべて鉄筋を組み立ててコンクリートを打っています。家全体の重さを、床下全体で地盤に伝えているので安心ですね、コンクリートの下には、湿気が上がってこないように、ビニール製の専用シートを敷いているので、湿気対策も万全ですよ。まずは鉄筋を組立ます、ここでは鉄筋を並べる間隔が大...

  13. 耐震等級3以上に - 成長する家 子育て物語

    耐震等級3以上に

    こんにちは、小林です。全棟耐震等級3以上。★品確法による耐震等級検討。全棟耐震等級3です。と工務店仲間と話をすると、プランニングに制約が出てきたり、コストアップがあったり大変じゃないのと聞かれます。それは、構造計画を考える人とプランを練る人が別々だからなのかなと思います。そうするとこんな事が起こります。構造担当『ココに壁を増やしてください』、設計担当『お施主さんに確認しないと無理です』、構造...

  14. コツコツとコツコツと - 成長する家 子育て物語

    コツコツとコツコツと

    こんにちは、小林です。お庭の様子を伺いに。★お庭を眺めながら。お願い事もあり春日部のおうちへお邪魔してきました。ご自分で植えられた芝生もあおあおと暮らしに彩りを与えてくれていました。★コバノズイナと手作りのデッキ。★ノムラモミジ。★メダカちゃんとアジサイ。家も庭も楽しみながら手を入れられており、少しづつ変化してます。このお住まいの10年後はどんなだろうなと想いを膨らませるとワクワクしてきます...

  15. 【千年の家・・・造成工事】 - 木楽な家 現場レポート

    【千年の家・・・造成工事】

    千年の家地盤調査も終わり造成工事を行いました。今回は駐車場部分と家に段差がありますので、基礎工事に入る前にコンクリートブロックを積みます。土を掘って鉄筋を組み立てたら、ブロック用基礎のコンクリートを流します、ブロックは土の重さに耐えないといけないので大切な部分ですね。その後はブロック職人が一つ一つ水平を見ながら積んでいくんです、簡単そうで難しいブロック積、手際よく奇麗に積んで完了です。ブロッ...

  16. 緑とふれあうフェスティバル盛況 - 創造の加子母(かしも)っ子タイム

    緑とふれあうフェスティバル盛況

    週末は日比谷公園で開催された水とふれあうフェスティバルに参加して来ました。残念ながら初日(土曜)は雨でしたが、翌日は天候も持ちこたえ家造りの設計中・施工中からお引き渡し後の住まい手さんはじめ、加子母(かしも)やおとなり付知町(つけちちょう)出身の方々に、地域を応援して下さっている方と建築学生さん共にものづくりに取り組む協力業者さんなど、本当に沢山の方々にご来場頂きました。さまざまなご縁でご来...

  17. 設計打合せは何回行うべきか - 成長する家 子育て物語

    設計打合せは何回行うべきか

    こんにちは、小林です。着々と工事へ向けて。★設計打ち合わせ昨日、今日と設計の打合せに同席させて頂きました。どちらのお住まいも出来上がるのがとっても楽しみな素敵なプランです。着工までに決めることは沢山残っているのでひとつひとつ答えを見つけていく作業が続きます。設計打合せは○○回まで。という決まりのある会社があることを最近になって知りました。確かに合理的、打合せ開始時におよその着工時期が決まりま...

  18. 気密施工@曳舟のいえ - 創造の加子母(かしも)っ子タイム

    気密施工@曳舟のいえ

    7月上旬のお引渡しに向けて工事が進む(墨田区)曳舟の家。施工の中で気を付けている事のひとつに気密性があります。家の快適性を左右する温熱環境において、断熱性と同じくらい重要な「気密性」。耳にすることが多くなった断熱性に比べ、あまり聞きなれない気密性という言葉。「気密性をよくする」というと何だか「息苦しい…家?」と感じる方もいらっしゃるかも。断熱性・気密性を人に例えると「断熱=着用している服の保...

  19. 快適で安心で心豊かに - 成長する家 子育て物語

    快適で安心で心豊かに

    こんにちは、小林です。先日発送致しました。★91号手づくりの季刊誌です。今回は特別に想いを込めていつもより2ページ多い構成です。妻が頑張ってまとめ上げてくれました。奥山建設の家づくりに掛ける思いがじんわりとにじみ出てきそうな内容に仕上がっております。手前味噌ですが、世代交代より5年季刊誌の製作に携わって参りましたが、ここ一番の仕上がりです。身体的な快適感、精神的な安心感どちらも大切な家づくり...

  20. 焼杉板の外壁 - 「木の家づくり」奈良の設計事務所FRONTdesign 女性建築士の設計ウェブログ

    焼杉板の外壁

    生駒山の家は外壁に焼杉板を張ります。建築地は生駒山の自然景観を維持する風致地区区域内で、建物の外観に関しては屋根の形状や屋根勾配の規制がある他、屋根や外壁の色がある程度指定されています。屋根の色は濃灰、黒、濃茶、濃緑などの濃い色に指定されており、外壁は白、ベージュ、グレー(薄い)、薄茶等の薄い色に指定されていますが、自然素材の外壁については素材の色のままで大丈夫とのことで、焼杉や黒漆喰などの...

1 - 20 / 総件数:152 件

似ているタグ