木蓮のタグまとめ (13件)

木蓮のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには木蓮に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 生きる。撮る。

中日ザクラの咲くお寺の端にこれまた見事な紫木蓮が・・・この季節この色あいに胸がときめく大好きな木蓮。いつもありがとうございますにほんブログ村にほんブログ村

by 一瞬をみつめて

優しい白にぽっと心も温まる白い木蓮が溢れるように白に染まる道ふと見上げると白木蓮の向こうに小さな窓この窓に姿を現すのはきっと、とても美しい女性素敵な微笑を浮かべている色白の清楚な女の人それとも、きらきらとした瞳の小さな女の子グリーンゲイブルスのAnneのような(笑)なんて、妄想♪(2017.3.20 名古屋)いつも見て頂いてありがとうございます^^

by 長い木の橋

ずっと気になっていたお寺さんの 木蓮やっと行くことができました。こんなにもたくさんの木蓮があるとは・・・柴木蓮は見頃過ぎたものが多くて少し残念だったけど 白木蓮は見頃の木がいっぱい・・・たくさんの木蓮を一度に見るのは初めてです。お寺さんの敷地の山が木蓮で真っ白綺麗でした。

by 京都の片隅で

お花のお稽古で花材として持って帰った木蓮添わせていた菜の花やアマドコロはもうだめになってしまったので木蓮だけを備前の壺に投げ入れていました。毛羽だった殻に包まれた蕾が日に日に膨らんで、ピスタチオのように殻が割れたと思ったら今朝、つぼみが開いていました。花木を無造作に壺に投げ入れるのも好きな景色です。見えているのに見ていない夫は、「咲いたよ」と話さないと家の中に飾ってある花のことは何も気が付き...

by + anything goes +

ご近所さんの木蓮の蕾が開いてきましたチューリップも伸びてきました🎶どこにピント合わせてるのだろう(-_-)モッコウバラは気が早いまだ咲かなくていいからね寒い一週間になりそうです雪、降るかなーーーーーーーーーーーーーーー先週末久しぶりに麻雀をしました最初に麻雀パイを二段に積むのですが握力が落ちたのか四苦八苦電動雀卓が欲しいです結果は惨敗負けると数日何ごとにもやる気が起きません(...

by トムジーのつぶやき3

朝な夕な、通えども心をひらいてくれない乙女心・か・待つより仕方ない。

by 家族のことと庭のこと。

週末、実家で過ごさせてもらいました長男の部活、わたしの仕事(先月からはじめたのです!)など、生活の変化もあり、なかなか以前のようにはお邪魔できなくなっていますそれに・・子ども3人のお世話は、母にも弟にも重労働な訳で、、最近は、月一でお世話になっています離れて暮らしている方々からすれば、わたしはとっても恵まれているのだと、そう思います母に、弟に、そしてこの環境に、感謝しなければいけないですね実...

by ご無沙汰写真館

ビル街の木蓮が咲き始めました。前日の雨があがって青空が広がりました。

by 楽園生活

晴天続きのうちにさっさと終わらせなければ。と、重い腰を上げてこの1週間は剪定ウィークとなっていました。まずは前回に引き続き松の木から。大体松の木の剪定なんて素人ができるものなのだろうか。こればかりは植木屋さんにお任せしたいところですが、予算の都合上当面は自力で乗り切るつもりでいます。松の木の剪定を本や動画で見てもイマイチピンと来ません。そこで、全くの勘で切っていこうと思います。なので、このブ...

by 京都の片隅で

九州北部で春一番が吹いた、とニュースで言っていました。寒い、寒いと言っていても、もう春なんですね。ダウンコートを着て歩くのが少しためらわれる時期がやってきました。暖かで、日差しが嬉しい一日でした。我が家のニャンも、気持ちがいいのか、今日は窓辺の陽だまりでゴロゴロ。2月、2回目のお花のお稽古日で出かけてきました。少し早めに出かけ、錦の『有次』へ、包丁の砥ぎをお願いしに立ち寄り、そのまま大丸まで...

by Stella

おはようございます。今日は大寒、どうやら夕方から関西はさらに冷え込むようです。さて、先日新聞のコラムで2月はロシア語では「光の春」というようなことが書かれていて、あ〜ステキな表現だな〜と思ったのですが、(倉嶋さんという気象予報士さんが紹介されたのが始まりのようですが、ピッタリのロシア語はないというようなことがネットでは書かれていたりして、そのあたりのことはわかりません。)光が最初に春の訪れを...

以前にも書きましたがパート先のコンビニで、私の布花を飾らせて頂いてます。うちのコンビニは男性客が多いので、注目する人は少ないだろう…と思いきや!以外と見てくださる方が多く、声をかけられたり応援していただいたりと、その反応に驚かされました。他には年輩の方からも評判が良いです。そして先日もお婆さんから声をかけられました。「ねえ、山こぶしは作れる?」「ヤマコ、ブシ…?(どっかで聞いたことあるけど…...

コンビニパートの帰り道。ふと視線を上げると、葉のない街路樹の枝先に小さなつぼみが幾つも、いくつも…ふわっと細かい毛に覆われた円錐形のつぼみは、どれも真っ直ぐ天を向いています。この時期、天を目指し繊毛に覆われたつぼみをつける木と言ったら…そう、木蓮(モクレン)!木蓮と言えば、小学生の頃に国語の教科書に載っていた「木に登り、その木に咲いている花を食べるクマ」の物語を思い出します。物語の題名・詳細...

似ているタグ