本棚のタグまとめ (11件)

本棚のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本棚に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by シンプル以上ミニマリスト以下

2DKのアパート時代それなりに快適でしたが兎に角狭い6畳2部屋の内1部屋は寝室にダイニングはと言えば6人掛けのダイニングテーブルもういっぱいいっぱいでしたそこへ引っ越さなければいかなかったので私の荷物は殆ど捨てましたそこで工夫したのがこれ実はこの食器棚夫の本棚だったのですどれだけ狭かったか画像では分かりにくいですが本当に本当に狭かったのです食器も減らしてテトリス状態でもそれがまた楽しかったり...

by 筆文字デザインplus ten

「本屋さんのダイアナ」の装丁が可愛くて気に入ってます。これは若い子に読んでほしいなぁ~と思いながら読み進めていったけど、若い子じゃなくても、いつだって私のように年をとっていたって為になることはやっぱり為になる。年とってるから。。という呪文を自分にかけちゃだめですよね。plus ten

by 住まいの12の備忘録

春からの新生活に向けて、少しだけ模様替えをしました。目的は、娘の身支度スペースの設置。模様替えと言いながら、いつもの通り本棚の整理に明け暮れました。久々にごそっと本を手放したので、気分はスッキリです。+ + +幼稚園の説明会で、「自分で身支度できるようにしてくださいねー」とアナウンスがありました。2歳児にはまだ早いかなと思いつつ、幼稚園でもロッカーを与えられて自分で整えることになるようなので...

by 筆文字デザインplus ten

貸してもらって最近読んだ本です。この中の「ツバキ文具店」。主人公のポッポちゃんは代筆屋さんという仕事をしています。ご依頼に合わせて紙やペンを選んで文字も内容に合わせて書きます。ご依頼に合わせて筆文字を書く仕事をしている身としてはそれはもう興味津々。この本は私が読むためにあるような本だな~と思いながら楽しみました。また、自分の仕事が好きになりました。筆文字デザインplus ten

by 共同購入スタッフのつぶやき

本棚が!本の重みに耐えかねてとうとう落っこちました(゜0゜)(。△。)(。_。)(゜へ゜)(。△。)!なんだかエライこっちゃになってます。

by 不二書店ゆるゆる日誌

じーちゃん考案。棚に番号をつけて在庫管理!ネット販売のためです。でも店頭販売には不向き。現在、ほんのり、似たような種類の本をかためられるようになってきました。みにくい店内でごめんなさい。お目当てのものがあれば、お探しします。よい本棚へ!日日是精進。

by 手作り家具工房の記録

昨日に比べて 寒さはましです。昨年末から製作していた本棚の納品。納品の写真は撮り忘れましたが。お客様に手伝っていただき無事に納品完了。T様 お手伝いいただき大変助かりました。ありがとうございました。手作り家具工房 Qule (キュール)  大阪府羽曳野市広瀬276  TEL 072-956-0245  携帯 090-3718-5143  e-mail sizen_no_bi@zeus.eon...

by 金魚の小さなおうち

そびえ立つCDラックと本棚。かなり前にIKEAで購入したものだ。その時はまさか、東日本大震災だなんて考えてもいなかった。その日、実家でCDラックが倒れてとんでもない事になった。なので、ここへ越してきて真っ先に用意したのは耐震突っ張り棒。CDラックはこれと同じものがドアを挟んで反対側にあと2つある。多分CDは、1200枚くらいあるんだと思う。 この棚は太宰治、三島由紀夫、白洲正子等。お寺や神社...

by 筆文字デザインplus ten

最近読んだ本です。本はいとこから貸してもらえるのでありがたくそれを読ませてもらっています。今回はミステリーが2冊。読み出したら止まらないやつ。え? 誰が? なんで?まさか  まさか  まさかーーー!とか、冗談みたいにほんとに心で声を出しながら。最近「イヤミス」という言葉をよく聞きます。イヤな汗が出るミステリーのことだそうですが、どうせならいい汗が出るほうがいいよね。ランニングしながら読むとか...

by 筆文字デザインplus ten

最近読んだ本です。この中の奥田英朗さん「我が家の問題」という短編集の「妻とマラソン」の一文。「それはきっとこの先の人生でも生きる貴重な感情にちがいない。」これは、フルマラソンをすることになったお母さんを見ている子供たちに対するお父さんの言葉です。「この先の人生でも生きる貴重な感情」の積み重ねが人を作っていくんでしょうね。それはいいことが起こったときでも悪いことが起こったときでも同じ。それを、...

by 海の古書店

表参道、27日午後3時。雨。デザインフェスタ、なつかしい。こんなギャラリーがあるんですね。昨日お訪ねしたのはこちらVACANT。(この扉、惹かれます)『老い、失われる記憶と生まれる物語』出演:星野太、堀江智之、ミヤギフトシ司会:江口研一「老い」をテーマにどこかネガティブなお話かもしれないと不安ながらも魅力的な顔ぶれに期待して参加しました。そして、期待通りのすばらしいトークでした。表現者として...

似ているタグ