本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(729)

  1. 額縁って - 絵を描きながら

    額縁って

    絵の整理整頓、、、整理整頓は苦手分野ですが、、仕方ないです。たぶん貰い物の額縁、ちょっとさびも傷も目立っていましたが、、はいる絵を入れてみました。へぇ、自画自賛、、つまらない絵かななどと思っていましたが、、額に入れるとちょっと様になるような気がして、、絵の保護も考えて、額縁というお洋服をあつらえてあげようかななど、、、気に入っている絵にあつらえてあげようかな!!私の服もほしいけど、少し我慢し...

  2. 黒ヤギさん - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    黒ヤギさん

    がんばらなくていいんだよしんどい時は体をやすめよう。いつもキミはがんばっているんだから。昨夜はちょっと大変な事件がありました。無事に解決してやれやれです。会社員のころは、通勤時間が片道1時間半ほどあったので電車の中が読書タイムでした。音楽雑誌とマンガ雑誌を定期的に読んでいましたが、雑誌を除く本を年間100冊読むのが目標で、月にすると8冊くらいがノルマでした。僕の読み方は常に4~5冊を並行して...

  3. 体質改善 - 布あそぶ人のスーツケースひとつぶん

    体質改善

    血流がすべて解決する堀江昭佳/サンマーク出版undefinedずっと気になっていた本を購入。前に少し書いていた夕食断食もこの本を読んでやってみたのでした。。体調もそうなのですがメンタル面(悪夢を見る、落ち込みやすい、、など)の改善にもなるようです。痩せれない人も痩せやすい人も胃腸があまり強くないみたいなので夕食断食(7日間)で 腸を休めるとのこと。。あと23時就寝です。遅く寝て早く起きるのは...

  4. CJ表紙デビュー - 信夫山文庫 日日雑記

    CJ表紙デビュー

    本カフェ信夫山文庫のブン子です。情報誌「シティ情報ふくしま」が7月号からリニューアルして、「CJ」になりました。そして表紙には信夫山文庫のかき氷が涼しげに映っています!昔ながらのシンプルな文庫のかき氷。イチゴ、メロン、ブルーハワイに白玉団子とミルクをかけて¥400です。ひゃっこくて頭キンキンするかも(*^^*)のんびりお気に入りのマンガ本でも読みながら夏の味覚を楽しんでくださいね。さて、以前...

  5. 『まちがったっていいじゃないか』(本) - 竹林軒出張所

    『まちがったっていいじゃないか』(本)

    まちがったっていいじゃないか森毅著ちくま文庫楽して楽しんで生きたっていいじゃないか 数学者、森毅が中学生向けに語った人生論。初出はわからないが、中学生新聞か中○時代かと推測する。 「楽して楽しんで生きたらええやん」というのが本書の基調になっていて、森センセイらしく、常識にとらわれず斜に構えて社会を見た感じが心地良い。と言っても僕自身が若い頃、著者のややシニカルな見方に多少影響を受けているわけ...

  6. たっぷりと水をかけて。 - bakubaku on reading

    たっぷりと水をかけて。

    ▲ひさしぶりに墓参。今春は京都大谷さんへの納骨からはじまって、身内の入院、母のホーム入居と続き、さすがの出無精(わたし)も毎週のように、あっちこっちに移動することが続いて、いつになく電車もバスもタクシーもぎょうさん乗って。▲その合間に膝痛がぶり返したりおさまったり。よりによって、こんなときにどこからか水漏れで、水道工事は入るわ、PCのバッテリは交換せなあかんわ・・・。なんせ一日1イベント体質...

  7. 蒸しますね - woodypalette帰去来

    蒸しますね

    今日は雨は降っていないものの、湿度が高く「ムシムシ」。。。それでも完全OFFの今日、大切に使わなくっちゃ。地震後ずっと中途半端な片づけになっていた私の部屋、「トール作品でごちゃごちゃ」を何とかしたい!と奮起しまして・・・現在片づけ進行中です。山積みされていた書類の下敷きになっていた(笑)バスケット。拭き拭きして日の目をみましたアン・キングスラン先生の作品を参考に描いたもの。懐かしいなぁ~絵本...

  8. Castle Mountain - 絵を描きながら

    Castle Mountain

    P8(455×333mm)この山一目でお気に入りに、、セザンヌじゃァないけど、、今後もテーマにしたいなと。キャッスル・マウンテンは、バンフ国立公園内にあるカナディアン・ロッキーの山である。 「キャッスル・マウンテン」の名称は、西洋の城に似ていることから1858年にジェームス・ヘクターによって名づけられた.地図上で、Castle Mountain と書いてあったので、山の名前は知っていましたが...

  9. 27(火曜日)は定休日です。 - 信夫山文庫 日日雑記

    27(火曜日)は定休日です。

    本カフェ信夫山文庫、本日27日火曜日は定休日です。明日からのご来店をお待ちいたしております\(^-^)/

  10. 北国の人たちに関する本を読む 18 - じゃポルスカ楽描帳

    北国の人たちに関する本を読む 18

    日本だとまだ夏というにはまだ若干早い感じがしますが、こちらアメリカでは既に学校では夏休みに突入していて、職場ではバケーションを取る同僚もちらほら出始めています。とはいえ私はこの季節、特に休暇を取る予定もなければ、どこか見知らぬ場所へ行きたいという気持ちも、何か新しい事を始めたいという夢も全く無い上、夏は普段よりも若干自分の時間が取れるので、外出先の隙間時間を使ってひたすら本を読むか、帰宅後は...

  11. 『顔ニモマケズ』(本) - 竹林軒出張所

    『顔ニモマケズ』(本)

    顔ニモマケズどんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語水野敬也著文響社いろいろ語るのが難しい本だが要は何かを感じて…ということだと解釈する 恋愛体育教師・水野愛也こと水野敬也(竹林軒出張所『LOVE理論(ドラマ)』を参照)のインタビュー本。インタビューの対象となる人は、見た目が普通と著しく異なる9人の人たち。先天的な病気のせいで顔が著しく歪んだ男性、片目がない男性、大きなアザが...

  12. この辺りと、見当をつけ。 - シアワセ歳時記

    この辺りと、見当をつけ。

    先日、「Goodbye Christopher Robin」の動画を貼り付けて、日本にも来るといいなぁと、念を送っておりましたが、どんな話なのか気になって仕方なく。この辺りからストーリーを持ってきているのであろう、と見当をつけ、本を2冊買ってみました。ミルン父子のそれぞれの自伝。イギリスチックなユーモアが散りばめられた文章になっていますが、まだほんの鑑の部分しか読んでいないので、内容について...

  13. 【読後感】 中国人の「財布の中身」 - 別冊 社内報

    【読後感】 中国人の「財布の中身」

    中国人の「財布の中身」 青樹 明子 / 詩想社新書書評ほどではない。ブログで読むなら、程度。紹介される現地小噺は少々興味深い。

  14. クール 脳はなぜ「かっこいい」を買ってしまうのか - 今日の足跡

    クール 脳はなぜ「かっこいい」を買ってしまうのか

    なぜ消費するのか。何を基準に商品を選んでいるのか。今の時代、脳をスキャンすることで様々なことが分かるようになっている。脳科学と経済学の観点から書かれ、大変面白かった。後半は時代によって変わる「クール」さの背景を探ることが重視され、書かれることの範囲が広すぎて、理解が漠然としてくる。けれど、消費者としての自分を客観視することで、より自覚的に生きられるように思う。読む時間がしっかり取れる人向けの...

  15. 風呂本 - おやぢの絵日記(仮)

    風呂本

    今夜から読み始めるのは自分にとって初めての作家さん「阿部智里」。 SFとかファンタジーは作家のクセが他のジャンルよりも出ちゃう(ような)気がするから、ワクワク感よりも不安が先に立っちゃうんだよね、さてどんなんやろ。(^^)ちなみに前回の「永い言い訳」は途中で挫折。 「黒書院の六兵衛」は読み応えがあった、浅田次郎はやっぱり読ませるなあ。

  16. 朝鮮王朝宮殿 - 絵を描きながら

    朝鮮王朝宮殿

    ソウル、旅と言っても私が行ったわけでないので、、観光しようと思ったようですが、行こうとした板門店ツアーは、もういっぱいで間に合わず、あいていたツアーに午後から行ったようです。宮殿と言っても、予習もしてなくて、、どこ?何?という感じで、、こんな感じ、アジアの他の国でも見たなぁと、、アジアの文化はつながっています。でも、日本とは違う。似ていても違います。でもヨーロッパとは完全に違う。アジアです。...

  17. 心遣い - 虹色せんべい

    心遣い

    外出できない私に図書館で借りてきてくれました。「このあいだ真っすぐ縫うだけだと言ってただろう。」そんなこと覚えてるんだ。本日は柴犬だいふく君に癒されます。やりたいことと、心配事と、いろいろ精神状態が判るタイトル・・・。ちょっと、気分が落ちているようです。夏バテぎみで、力が出ないと言っていました。既往病による、食事制限、気候が厳しくなる途中が辛いようです。こんな時は好きな物を好きなだけ食べさせ...

  18. #くるりのこと - トランスポーターダイアリー

    #くるりのこと

    熱心なミュージックラヴァーズに出会うととにかく思い入れのアーティストだとか、思い入れの強いアーティストだとか覚醒させてしまった1枚について、とにかく熱く語る人がいる。個人的にはお酒のあてになる、すごく好きな話なんだけど、凄くマニアックだったり、愛が故に歪んでしまった愛情(笑)のようで、こうゆうのって観た事もないドラマだとか映画を、永遠に語る人みたいで、(個人的にはこれが1番苦手ながらも、酔っ...

  19. ダメ女たちの人生を変えた奇跡の授業 - キッチンの香り

    ダメ女たちの人生を変えた奇跡の授業

    ダメ女の一人として(苦笑)、ドキッとしたタイトル。内容もドキッ。翻訳に少々難あり。でもかなりいい。「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の授業」キャスリーン・フリン過度に加工食品や外食に頼り、料理はできないものと決め込んでいるダメ女たち(アメリカの食事情を垣間見る、、!)を生徒に、著者がデモンストレーションする姿が書かれています。包丁の選び方、野菜の切り方から、丸どりのさばきかた、調味料比較と選び方...

  20. いっしょに生きてゆく幸福(千里くん) - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    いっしょに生きてゆく幸福(千里くん)

    一年着なかった洋服は処分しましょ。しましょしましょそうしましょ。一年着なかったものは、なくても困らないもの、二度と着ませんよ。とっておいても、着たくなった時にはまた新しいのがほしくなるわよ。似たようなデザインでもちょっと違うものです。流行とはそういうものです。そんな言葉が世間で飛び交っております。断捨離ブームなかなか根強い。それだけ達成しがたい、ということでもあるのでしょう。しかし田舎の一軒...

1 - 20 / 総件数:729 件

似ているタグ