本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(744)

  1. 風車 - 絵を描きながら

    風車

    F4(333×242mm)羽を描くまでは、まぁまぁだったけど、、、羽が、、、一気に写実から遠のいてしまいました。細い筆がやっぱり、、、必要かと、、これも愛嬌かと。太めの筆だけで。スペイン、コンスエグラ風車は、観光地としてカンポ・デ・クリプターナのほうが、アクセスも便利で、、お店やレストランもいいのですが、絵に描きやすいのはこっちです。風車の丘から、コンスエグラの町を見て、こんな田舎にも、立派...

  2. 夏への扉をどっかーんと明ける - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    夏への扉をどっかーんと明ける

    ちょっと今月は本買うのを控えようと思っていたのですが……愛蔵版BOXセット 少年は荒野をめざす 全3巻【分売不可】吉野 朔実/本の雑誌社undefined6480えんですか・・・・いやしかし愛蔵版と言うにふさわしい作品ではあり、素晴らしい装丁ですね。うわー悩みどころですこれ。吉野さんのファンとして敬意をもって感謝を込めて手元に置いておきたい気がしております。社会にとって趣味とは何か:文化社会...

  3. 読書『皆川明 100日 WORKSHOP』 - 海の古書店

    読書『皆川明 100日 WORKSHOP』

    すこし前に読み終えましたのに、言葉がまとまらずに心にしまっておいた本です。今日買い物にでかけて急に雷が鳴り始めたとき、「あ、洗濯物が」と思ったあとに、「ま、いいかな。こんなこともあるわね」と考えている自分がいました。すこしだけ自分が変われた気がしました。それで、今、この本をご紹介したくて机に向かっています。人は追い込まれれば追い込まれるほど、「そんなことをしている暇はない」「そんな無駄なこと...

  4. 茶の湯と茶碗の中の宇宙 - 安曇野建築日誌

    茶の湯と茶碗の中の宇宙

    お茶碗を見に、東京へ行ってきました。東京国立博物館と、東京国立近代美術館をハシゴ、茶碗の他にも見所満載で、一日では時間が足りませんでした。重文から国宝クラスの茶碗が一度にざくざく見られて、たいへんなことです。でも、真っ暗の中を上からのスポットライトで照明した展示ケースの展示は、グレアが激しくて目が痛い、ちょっと残念な見せ方に感じましたが、そういうモノなのかなあ。しばらくは、図録を振り返って楽...

  5. メルヘン風?? - 絵を描きながら

    メルヘン風??

    F0(180×140mm)断捨離しようと思っていた絵、小さいので、無理して捨てなくてもと思い直して治して、最初の絵は、実際と同じ曇りの天気、鳥たちは雨宿りしていたのです。どうも曇り空は苦手で、、、晴れた日にして、、明るい絵に。ここはニース、あの恐ろしいテロの前です。のんびりした場所で、、、居心地の良いところでした。でも、どこで何が起こるかわかりません。不安いっぱいで過ごすのも嫌ですが、安心や...

  6. やっとベランダに鉢を出しました - はあと・ドキドキ・らいふ

    やっとベランダに鉢を出しました

    今日から気温が上がるようなので部屋の中に置いて育てていた鉢植えの花をベランダへ引越ししました。ゼラニューム2鉢はずいぶん葉が大きくなりました。白いお花は冬の間も少し咲いていましたが現在も少し咲いています。このピンク系は5月に入ってから咲くようになりました。ゼラニュームはお花が咲く期間が長いのでお得感があります♫ペラルゴニュームは3鉢に増えました。カットして水に入れておくと簡単に根が出てくるの...

  7. 紫系 - 絵を描きながら

    紫系

    紫がかったピンク。ミステリアスな色だと思います。上野東照宮ぼたん苑和服にぼたんの花なら、この色がイイなと思います。この子は青みの強い紫。紫はおしゃれですが、着こなしが難しくて、ちょっと間違えると下品系に、上品紫をめざしたい、、、「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版 榎本 博明 (著) 以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、気になったことや自分の意見がうまく言えないので...

  8. 依存症ビジネス - 今日の足跡

    依存症ビジネス

    デイミアン・トンプソン著  中里 京子訳原題"The Fix"  addictionについて元アルコール依存症のジャーナリストが書いたもの。ありとあらゆるものが依存の対象になることが分かる。一つ一つの事柄については深く書かれていないが、知らなかったことも多く面白く読めた。薬物についてあれこれ書かれているが、日本に住んでいるとこの辺は対岸ごとな感じ。買い物、スイーツは我が事として読んだ。「人間...

  9. なんでもかんでも これひとつで。 - bakubaku on reading

    なんでもかんでも これひとつで。

    ▲雨戸を開けたら、朝のひかりのなか雨あがりの新緑がまぶしい。一雨ごとにボリュームアップしてる木々。毎年のことながらこの時季の草の成長ぶりもまたみごとだ。とりわけどくだみの勢いというたら、ほんま笑うてしまうほどの繁殖力で。濃いハート型の緑はじわじわとかくじつに庭を覆ってゆく。▲梅の木はちょっと見んまに実がなり始めて。木の下にはちっちゃな青いお臀がいくつも落ちているのに気づく。わさわさ黄緑色の薄...

  10. 5/16(火曜日)17(第3水曜日)は定休日です - 信夫山文庫 日日雑記

    5/16(火曜日)17(第3水曜日)は定休日です

    本カフェ信夫山文庫、本日(火曜日)と明日(第3水曜日)は定休日です。18日からのご来店を心よりお待ちいたしております\(^-^)/新緑の季節、雨の恵みもあり、文庫の草木たちも生き生きとしています。《昨日の日替わりランチ》舞茸ごはん、こねぎとワカメの味噌汁、三五八漬け、かぼちゃと竹輪のカレー風味天ぷら、煮リンゴの豆腐白和え、切り干し大根とひじきの煮物、トマトと豆のサラダ。金剛水コーヒーとクッキ...

  11. ストレスと適応障害 - 今日の足跡

    ストレスと適応障害

    岡田 尊司著連休中から身体がしんどくなり、病院に行こうかと真剣に考えたが、寝て暮らしながらこの本を読んだら回復してきた。娘が中学生になることに、ずっと不安を抱いていて、学校に行き始めてからも毎日心配でたまらなかった。不安というのは、本当に神経を蝕むなぁと再確認。本文中「生きる意味と本人の責任」という箇所に付箋。親は子どもの安全基地であることだけを努めればいいのか。私は私の人生においてだけ、意...

  12. 諸富祥彦「男の子の育て方」 - 湘南☆浪漫

    諸富祥彦「男の子の育て方」

    ワゴンセールにて発見。手にとって読んでみたらお母さん向けの本だったけど、参考になることが多かった。お手伝いを必ずさせる、ね。

  13. 猫好きさんへ - 絵を描きながら

    猫好きさんへ

    うちのルッカです。猫好きさんへおすすめの本なのですが、ちょっと前のブログに、役に立たない本の話をしたのですが、現実的に損得が大事な人、、、しっかり者だなという人には、、役に立たない本です。昔から、本、役に立たない系の本を読まない人を、なぜかな?と思っていて、実は現実的で、現実に満足しているしっかり者だと、半分うらやましく思っていました。(私は不満が多い)若くても、子供でも、フィクションへの親...

  14. 読了 - HUG豚

    読了

    たたり (創元推理文庫)シャーリイ ジャクスン/東京創元社undefined大好きな映画の原本だけれどこの人の本はじわじわと後から来るんだなという実感。不思議なことに何度読んでも同じ文章を読んだという気がしなくて何度も同じところを読んでいるんだけれど内容が少しずつ違うような気がして記憶が確かじゃないのか本のマジックなのか違う意味で怖いあっという間に読めるけれど何度も読みたい本ではないおそるべ...

  15. はてなの飯 - Soramame-Cafe  《そらまめカフェ》

    はてなの飯

    5月13日(土)PM 6:5からNHK総合で土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』が始まりました。原作は高田郁さんの人気時代小説。大阪生まれの女の子が江戸で苦難を乗り越えながら女料理人になっていくお話。美味しそうなお料理の話はもちろんのこと、その時代の江戸の話も興味深く書かれています。脚本は「ちかえもん」の藤本有紀さん(期待高まります!)配役も原作に合ってる気がします。そう、オイラは只今8巻目を...

  16. 変わり者 - 絵を描きながら

    変わり者

    上野東照宮ぼたん苑のぼたんです。この子は、それほど変わってないです。色が混ざって、でも、ちょっと緑がまざると、、、変わっているかななんて。この子は変わっているなと思いました。形が変わっています。ぼたんの変わり者は貴重な感じがしますが、人間の場合は難しいです。「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書) Kindle版 榎本 博明 (著) 以前に読んだ本ですが、今度はこの本で、、気になったことや...

  17. ブン子、お宝をゲット! - 信夫山文庫 日日雑記

    ブン子、お宝をゲット!

    今日は久々に朝から雨が降り続いています。信夫山の木々の緑は生き生きとして、この雨を歓迎しているようです。本カフェ信夫山文庫のブン子です。本日は足元の悪い中、ご来店いただきありがとうございました。雨音を聞きながらの読書はいかがでしたか?さて、最近ブン子がゲットしたお宝を2つ紹介しましょう(^-^)v〈その1〉大大大好きなウルトラセブンの記念切手!須賀川市とM78星雲は「300万光年をつなぐ姉妹...

  18. 赤い牡丹 - 絵を描きながら

    赤い牡丹

    上野東照宮ぼたん苑で、赤って、やっぱり強い色。このボタン、派手です。バラ風な形、昔です。『緋牡丹博徒』シリーズ、藤純子(富司純子)主演で"緋牡丹のお竜"こと女侠客・矢野竜子が闇討ちで殺された父の仇を求めて賭場を流れ歩き第一作で仇を討ち、二作目以降は、渡世修行するために、諸国まわって義理と人情を踏みにじる不正な悪党と戦っていくという内容。第一作しか見ていないと思います。(テレビで)特に、やくざ...

  19. 杜の都殺人事件 - わんぱく君のふわふわ日記

    杜の都殺人事件

    内田康夫著「杜の都殺人事件」を読みました。『主人公の男が仙台城(=青葉城)を歩いていると、記念写真撮影の売店の店先に男女カップルの写真があった。主人公の男がその写真を何気に見てふと気付く。「女は妻に良く似ている。しかし、横にいる男は一体誰だ………。」』………こんな感じから始まるこの話、その謎を追っていく中で過去に一人死んでいて、そしてまた最近になって一人死んだ………と、話は展開してきます。話...

  20. 本屋さんで嬉しい事がありました - ビーズ・フェルト刺繍作家PieniSieniのブログ

    本屋さんで嬉しい事がありました

    私が講座をさせて頂いている池袋コミュニティーカレッジ。その下の階には三省堂書店池袋本店があります。そこで、とても嬉しい事が!著書2冊が並んで平積みされています!!あまりの嬉しさに店員さんに許可を頂いて写真を撮ってしまいました。またこうして平積みして頂けるように、今制作中の著書も頑張ります。いつもありがとうございます。応援して頂けると励みになります。【PieniSieniのSNS】Twitte...

21 - 40 / 総件数:744 件

似ているタグ