本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(177)

  1. もっと - 詩穂、またあなたに会える日まで

    もっと

    ...

  2. Castle Mountain - 絵を描きながら

    Castle Mountain

    P8(455×333mm)この山一目でお気に入りに、、セザンヌじゃァないけど、、今後もテーマにしたいなと。キャッスル・マウンテンは、バンフ国立公園内にあるカナディアン・ロッキーの山である。 「キャッスル・マウンテン」の名称は、西洋の城に似ていることから1858年にジェームス・ヘクターによって名づけられた.地図上で、Castle Mountain と書いてあったので、山の名前は知っていましたが...

  3. たっぷりと水をかけて。 - bakubaku on reading

    たっぷりと水をかけて。

    ▲ひさしぶりに墓参。今春は京都大谷さんへの納骨からはじまって、身内の入院、母のホーム入居と続き、さすがの出無精(わたし)も毎週のように、あっちこっちに移動することが続いて、いつになく電車もバスもタクシーもぎょうさん乗って。▲その合間に膝痛がぶり返したりおさまったり。よりによって、こんなときにどこからか水漏れで、水道工事は入るわ、PCのバッテリは交換せなあかんわ・・・。なんせ一日1イベント体質...

  4. 鎌倉心景「静かな日曜日」 - 海の古書店

    鎌倉心景「静かな日曜日」

    キッチンにて、25日午後2時。雨。雨に濡れたパパメイアンを部屋の中へ。花が語る言葉のどれほどを私は受け止められているのでしょう。朝のキッチンで「おはよう」と微笑んでくれたのは八重ひまわり。庭から摘んできたのはローズマリーとセージ。お嫁ちゃんが昨年送ってくれたラベンダーの鉢植えは今年もたくさんの花をつけてくれました。枯れ始めた花を摘み取って小さなブーケでドライに。大切な方への贈り物。夕方雨があ...

  5. 北国の人たちに関する本を読む 18 - じゃポルスカ楽描帳

    北国の人たちに関する本を読む 18

    日本だとまだ夏というにはまだ若干早い感じがしますが、こちらアメリカでは既に学校では夏休みに突入していて、職場ではバケーションを取る同僚もちらほら出始めています。とはいえ私はこの季節、特に休暇を取る予定もなければ、どこか見知らぬ場所へ行きたいという気持ちも、何か新しい事を始めたいという夢も全く無い上、夏は普段よりも若干自分の時間が取れるので、外出先の隙間時間を使ってひたすら本を読むか、帰宅後は...

  6. CJ表紙デビュー - 信夫山文庫 日日雑記

    CJ表紙デビュー

    本カフェ信夫山文庫のブン子です。情報誌「シティ情報ふくしま」が7月号からリニューアルして、「CJ」になりました。そして表紙には信夫山文庫のかき氷が涼しげに映っています!昔ながらのシンプルな文庫のかき氷。イチゴ、メロン、ブルーハワイに白玉団子とミルクをかけて¥400です。ひゃっこくて頭キンキンするかも(*^^*)のんびりお気に入りのマンガ本でも読みながら夏の味覚を楽しんでくださいね。さて、以前...

  7. 黒ヤギさん - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    黒ヤギさん

    がんばらなくていいんだよしんどい時は体をやすめよう。いつもキミはがんばっているんだから。昨夜はちょっと大変な事件がありました。無事に解決してやれやれです。会社員のころは、通勤時間が片道1時間半ほどあったので電車の中が読書タイムでした。音楽雑誌とマンガ雑誌を定期的に読んでいましたが、雑誌を除く本を年間100冊読むのが目標で、月にすると8冊くらいがノルマでした。僕の読み方は常に4~5冊を並行して...

  8. 心遣い - 虹色せんべい

    心遣い

    外出できない私に図書館で借りてきてくれました。「このあいだ真っすぐ縫うだけだと言ってただろう。」そんなこと覚えてるんだ。本日は柴犬だいふく君に癒されます。やりたいことと、心配事と、いろいろ精神状態が判るタイトル・・・。ちょっと、気分が落ちているようです。夏バテぎみで、力が出ないと言っていました。既往病による、食事制限、気候が厳しくなる途中が辛いようです。こんな時は好きな物を好きなだけ食べさせ...

  9. 蒸しますね - woodypalette帰去来

    蒸しますね

    今日は雨は降っていないものの、湿度が高く「ムシムシ」。。。それでも完全OFFの今日、大切に使わなくっちゃ。地震後ずっと中途半端な片づけになっていた私の部屋、「トール作品でごちゃごちゃ」を何とかしたい!と奮起しまして・・・現在片づけ進行中です。山積みされていた書類の下敷きになっていた(笑)バスケット。拭き拭きして日の目をみましたアン・キングスラン先生の作品を参考に描いたもの。懐かしいなぁ~絵本...

  10. いっしょに生きてゆく幸福(千里くん) - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    いっしょに生きてゆく幸福(千里くん)

    一年着なかった洋服は処分しましょ。しましょしましょそうしましょ。一年着なかったものは、なくても困らないもの、二度と着ませんよ。とっておいても、着たくなった時にはまた新しいのがほしくなるわよ。似たようなデザインでもちょっと違うものです。流行とはそういうものです。そんな言葉が世間で飛び交っております。断捨離ブームなかなか根強い。それだけ達成しがたい、ということでもあるのでしょう。しかし田舎の一軒...

  11. この辺りと、見当をつけ。 - シアワセ歳時記

    この辺りと、見当をつけ。

    先日、「Goodbye Christopher Robin」の動画を貼り付けて、日本にも来るといいなぁと、念を送っておりましたが、どんな話なのか気になって仕方なく。この辺りからストーリーを持ってきているのであろう、と見当をつけ、本を2冊買ってみました。ミルン父子のそれぞれの自伝。イギリスチックなユーモアが散りばめられた文章になっていますが、まだほんの鑑の部分しか読んでいないので、内容について...

  12. 「暮らし」と「こころ」を整える参考書見つけました。 - Arys style  「整える」くらし

    「暮らし」と「こころ」を整える参考書見つけました。

    学校では教えてくれない大切なこと。 その1 「整理整頓」書店の子供コーナーで、見つけました。この2冊、購入!!とにかく分かりやすく、ポイントを押さえています。モノと整理整頓のみならず、心の整理整頓まで。そして…。「こんなことにも役立つ!!」と、女の子とデートで、ラブラブになる方法まで!?(笑)リーディンググラス(老眼鏡)が必要な私たちの年代にも嬉しい大きな文字。もちろん、子供向けなので分かり...

  13. 古本ロマン - pink pinko life

    古本ロマン

    古本には新書にはないストーリーが宿っています。誰かが読んだ本ということで古本に抵抗がある人もいるかもしれませんが、古本でしか味わえない喜びもあるんです^^気になるジャンルやタイトルの本は自分と同じような趣味や好みを持った人が読んでいたと思うので、なんだか安心して受け入れられるというのもあり、私は古本屋をよく利用します。新書に比べ値段が安いこともありますが、古本屋には書店に並んでいない絶版本な...

  14. ことわざが得意な長男 幼児から使っていた本 - わたし的日常☆東京☆おもちゃで幼児教育

    ことわざが得意な長男 幼児から使っていた本

    ことわざが中学受験の入試問題でも得意な長男。一方で慣用句や四字熟語はいまいち。得意なものは早いうちから、自ら進んで学習していたのだなと、今、感じています。「ことわざ」に関しては、年長の頃より熱心に漫画調の絵辞典を読んでいました。もう廃盤になっているようですが、とても分かりやすい本で、自分で読み進められます。お兄ちゃんからもらって、お風呂上りに裸で読んでいる次男です。その後、少し難しくした辞書...

  15. 『madameHのおしゃれ図鑑』 - ケチケチ贅沢日記

    『madameHのおしゃれ図鑑』

    見て!このおしゃれな表紙。「おしゃれ」という言葉でなんでも片づけるのは苦手ですが、スタイリッシュほどトンガっていないし、かわいいよりは大人っぽいし、キレイや素敵よりも遊びがある。やはり「おしゃれ」がぴったり。それもそのはず、madameHのおしゃれ図鑑4/28(金)発売です。えっ、madameHったらまた本出すの?なんて言わないでね。今まで出した「キレイ本」「旅本」「バラ色本」そしてこの「お...

  16. ダメ女たちの人生を変えた奇跡の授業 - キッチンの香り

    ダメ女たちの人生を変えた奇跡の授業

    ダメ女の一人として(苦笑)、ドキッとしたタイトル。内容もドキッ。翻訳に少々難あり。でもかなりいい。「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の授業」キャスリーン・フリン過度に加工食品や外食に頼り、料理はできないものと決め込んでいるダメ女たち(アメリカの食事情を垣間見る、、!)を生徒に、著者がデモンストレーションする姿が書かれています。包丁の選び方、野菜の切り方から、丸どりのさばきかた、調味料比較と選び方...

  17. 親愛なるミスタ崔 隣の国の友への手紙 佐野洋子 - 幸せごっこ

    親愛なるミスタ崔 隣の国の友への手紙 佐野洋子

    絵本作家佐野洋子さんと韓国の哲学者崔禎鎬(チョンホンジ)氏のお二人がまだ若い時、まだ有名ではない時に留学先ドイツで知り合あいました。その後それぞれの道で名をなし、それぞれの国で生きてきてその間40年にわたってかわされた書簡集が出版社クオンから出版されました。 あっという間に読んでしまって、たくさんの佐野洋子さんへたくさんの嫉妬心をかかえることになりました。まずその感性!「親愛なるミスタ崔韓国...

  18. #くるりのこと - トランスポーターダイアリー

    #くるりのこと

    熱心なミュージックラヴァーズに出会うととにかく思い入れのアーティストだとか、思い入れの強いアーティストだとか覚醒させてしまった1枚について、とにかく熱く語る人がいる。個人的にはお酒のあてになる、すごく好きな話なんだけど、凄くマニアックだったり、愛が故に歪んでしまった愛情(笑)のようで、こうゆうのって観た事もないドラマだとか映画を、永遠に語る人みたいで、(個人的にはこれが1番苦手ながらも、酔っ...

  19. 『そして、ぼくは旅に出た。』重版出来! 好評発売中!6、7月の刊行記念イベントのお知らせ。 - hidehiro otake photography news                                      大竹英洋フォトグラフィー

    『そして、ぼくは旅に出た。』重版出来! 好評発売中!6...

    『そして、ぼくは旅に出た。』(あすなろ書房)はおかげさまで重版出来! 6,7月も刊行記念イベントはまだまだ続きます。詳細は各リンクにて。My new book is going to be reprinted for second edition! Photo Exhibition and Slide Talk will be held in Tokyo, Kanagawa, Hyogo i...

  20. 肉焼きとブラウニー - 私的生活日記Ⅱ

    肉焼きとブラウニー

    昨日お買い物に行ったとき、たまたま研修中の人のレジに並びました。働いていないときよく行っていたスーパーで、レジの人はほとんど見覚えがあるんだけど、その人は初めて。昨日は牛乳石鹸青箱が安売りだったのでカゴに入れていました。(↑実は自分では一度も使ったことがない…)いつも食品と洗剤類はビニールを分けてくれるので、その研修中の人もそうしてくれたんだけど、まずビニールを広げてから石鹸をバーコードに通...

1 - 20 / 総件数:177 件

似ているタグ