条文解釈/判断規範のタグまとめ

条文解釈/判断規範」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには条文解釈/判断規範に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「条文解釈/判断規範」タグの記事(16)

  1. 商標 平成16年(行ケ)216号 VANS靴底形状商標事件(識別力、ちょっと古い) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    商標 平成16年(行ケ)216号 VANS靴底形状商標...

    ◆靴のソールを表す図形商標が3条1項3号に該当するか否かが争われた事件。商品の形状を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標であって3条1項3号に該当する。【商標、拒絶理由、審決取消訴訟、3条1項3号、商品の形状、スニーカー、ソール、バンズ、製品の一部形状、形状からなる商標、予測し難い特異形態 or 特別な装飾的形態】http://www.courts.go.jp/app/file...

  2. 商標 平成28年(ワ)28591号 河合塾 医心/医療の心事件(侵害訴訟) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    商標 平成28年(ワ)28591号 河合塾 医心/医療...

    ◆医学部受験者向けのホームページで「医心」や「医の心」を使用することが商標権の侵害となるかが問題となった事件。商標的使用と言えず、非侵害。【侵害訴訟、商標としての使用、商標法26条1項6号、自他識別機能】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/745/086745_hanrei.pdf(商標的使用について)「(2) 前記(1)ア(ア)のとおり...

  3. 商標 平成27年(ワ)7787号 観光甲子園事件(侵害訴訟) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    商標 平成27年(ワ)7787号 観光甲子園事件(侵害訴訟)

    ◆形式的には商標権の侵害に該当するものの、過失の推定(準特103)が覆され、損害賠償請求は認められなかった事件。【ホームページ、商標の使用、商標権侵害、過失の推定、商標の使用許諾を信じorそう信じるにつき正当な理由がある場合、ライセンス、引渡請求】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/730/086730_hanrei.pdf (違法性及び過...

  4. 特許 平成27年(ワ)556号 切断装置事件(消尽etc) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成27年(ワ)556号 切断装置事件(消尽etc)

    ◆共有特許権者以外の者が特許製品を製造販売した場合に「消尽」が成立するか等が争点となった事件。消尽しない。【共有特許、特許法73条、自己の名義・計算による実施行為、消尽、103条、過失推定の覆滅事由、ふぐ刺身機】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/725/086725_hanrei.pdf(共有の特許権消尽)「 ウ 争点(1)ア(ウ)(...

  5. 不競 平成26年(ワ)8922号 歯列矯正ブラケット特許警告事件(虚偽事実告知流布) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    不競 平成26年(ワ)8922号 歯列矯正ブラケット特...

    ◆警告書を送った後に特許権が無効消滅した件で、その行為が虚偽事実告知流布(故意過失)に該当するかが問題となった事件。該当する。【特許権、侵害に関する書簡の送付、不正競争防止法2条1項14号、無効理由、冒認、遡及消滅、不法行為】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/580/086580_hanrei.pdf(虚偽事実告知流布)「(1) 虚偽の事...

  6. 特許 平成28年(ワ)19633号 結ばない靴ひも事件(侵害訴訟) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成28年(ワ)19633号 結ばない靴ひも事件...

    ◆特許法73条2項の「別段の定め」の有無等が争点となった事件。非侵害。【共有特許権者、契約、別段の定め、特許法73条2項】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/668/086668_hanrei.pdf(争点2)「2 争点(2)(特許法73条2項の適用の可否)について  原告は被告による被告各商品の製造・販売が本件特許権を侵害する旨主張する...

  7. ◆意匠審査基準の一部改定(平成29年4月1日からの審査に適用) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆意匠審査基準の一部改定(平成29年4月1日からの審査...

    ◆平成29年4月1日以降の意匠審査 → 図面の記載の要件等が一部緩和されている。陰についての説明、CG図面の際の説明etc。【意匠審査基準、陰(線・点)、意匠の説明、CG図面の陰部分の説明、背景部分の説明、ハーグ出願、国際意匠登録、様式、意匠法6条、新規性喪失の例外、複数回の公開、公知化意匠とは異なる意匠の出願、意匠法4条、JPO、特許庁】https://www.jpo.go.jp/seid...

  8. 特許 平成28年(行ケ)10067号 塗料用容器事件(方法的記載) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成28年(行ケ)10067号 塗料用容器事件(...

    ◆拒絶査定不服審判において物のクレームの方法的記載に関しPBPクレームに該当するか等(特許法36条6項2号)の判断をしなかったことが手続の違法となるかが争点となった事件。違法でない。【プロダクトバイプロセス、PBP、方法的記載、拒絶査定不服審判、独立特許要件(進歩性/明確性)、最高裁判決以後、進歩性、発明の要旨認定】http://www.courts.go.jp/app/files/hanr...

  9. 商標 平成28年(ワ)8475号 オタクル事件(権利濫用) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    商標 平成28年(ワ)8475号 オタクル事件(権利濫用)

    ◆ドライビングシミュレーターの商標に関し、旧販売代理店が現在の販売代理店対して権利行使したことが権利の濫用と判断された事件。【商標権侵害訴訟、外国、販売代理店、権利濫用、法目的、商標法1条】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/657/086657_hanrei.pdf(権利行使の許否)「 上記認定事実によれば,①「OKTAL」はフランス・オ...

  10. ◆商標 製品の外観の一部を商標登録している例(自動車のフロントグリル etc)と立体商標 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆商標 製品の外観の一部を商標登録している例(自動車の...

    ◆JeepやBMWの特徴的なフロントグリルは図形商標として登録されている。【製品、部品、特徴的外観、商標による保護、12類、フロントグリル、商標1806020、商標5040751、立体商標、立体的商標】1.外観の一部が商標登録されている例(1)自動車の外観の一部(2)その他 製品・靴底の例 (国際登録1291855/VIBRAM S.P.A)2.そもそも。。。 立体的商標について少しメモ(1...

  11. 不競 平成27年(ワ)21853号 テント形態模倣事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    不競 平成27年(ワ)21853号 テント形態模倣事件

    ◆テントのデッドコピーに関し、原告製品がデザインに若干の変更を加えてシリーズものとして継続販売されている場合に、いつが”最初に販売された日”となるかが争点となった事件。【デッドコピー、形態模倣、商品の形態、2条1項3号、適用除外、不競法19条1項5号、始期、いつから、実質的同一、後続製品の販売開始タイミング、FIELDOOR】http://www.courts.go.jp/app/files...

  12. ◆平成28年度の特許庁調査研究報告書リンク(平成29年3月) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆平成28年度の特許庁調査研究報告書リンク(平成29年3月)

    【人工知能、AI、学習済モデル、プログラム等、保護対象、発明、ディープラーニング、3Dデータ、IoT、NPE、商標ライセンス、訴訟代理人費用】 • 大学をはじめとする公益に関する団体等を表示する商標のライセンスに関する調査研究報告書(PDF:1,425KB)大学を中心とした公益団体に係る商標の使用実態を調査するとともに、諸外国における制度及び商標のライセンス等の状況についての調査を通じて、我...

  13. 特許 平成26年(ネ)10032号 発光ダイオードプレスリリース事件(不競法2条1項14号関連) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成26年(ネ)10032号 発光ダイオードプレ...

    ◆LED訴訟に関するプレスリリースが虚偽事実告知流布(不競法§2①14)に該当するかが争点となった事件。特許権侵害の成否、訂正要件、無効理由など。訂正要件として、通常実施権者からの承諾(特§127)は知財部長などによる承諾でも良いと判断。【発光ダイオード、訂正要件、特許法127条、通常実施権者、承諾(代表取締役、部長)、進歩性、 特許4530094、権利の有効性、虚偽事実告知流布、不正競争防...

  14. 商標【最判】平成27年(受)1876号 EemaX(エマックス)事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    商標【最判】平成27年(受)1876号 EemaX(エ...

    ◆最高裁判決:除斥期間(商§47)の経過後の抗弁の主張が争点となった事件。除斥期間経過後は権利無効の抗弁(特§104の3)は原則不可、権利濫用の抗弁は可。【商標法47条、除斥期間、無効審判請求、4条1項10号、不正競争の目的、特許法104条の3の抗弁、権利濫用の抗弁、EemaX、エマックス事件、商標侵害訴訟、周知性、米国】http://www.courts.go.jp/app/files/h...

  15. 不競 平成27年(ヨ)22042号 コメダ珈琲差止仮処分事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    不競 平成27年(ヨ)22042号 コメダ珈琲差止仮処分事件

    ◆コメダ珈琲がマサキ珈琲に対して店舗使用差止の仮処分を申し立てていた事件。商品等表示に該当、類似性等の要件も満たし、差止認容。【店舗デザイン、トレードドレス、不正競争防止法2条1項1号、商品等表示、周知性、混同要件、外観、内装、店舗構造、商品自体】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/545/086545_hanrei.pdf(店舗外観が商品...

  16. ◆特許庁 特許審査基準のポイント - 裁判例と知財実務 GKブログ

    ◆特許庁 特許審査基準のポイント

    ◆平成29年1月27日に特許庁が公開した「特許審査基準のポイント」https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tokkyo_shinsakijyun_point.htm

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ