東日本大震災のタグまとめ

東日本大震災」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには東日本大震災に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「東日本大震災」タグの記事(65)

  1. Pray For Japan - アインのしっぽ

    Pray For Japan

    Discovery Bay の山の上から日本に向けて...“ Pray For Japan ” by Terry

  2. partners - アインのしっぽ

    partners

    辛いけど・・不安だけど・・今、私たちにできることを始めよう。by ein_tail

  3. 結の会2017 ありがとうございました! - Suzuka's diary

    結の会2017 ありがとうございました!

    ひさびさの投稿です。m(_ _)m舞台出演の宣伝はブログでもしたいと思いつつ、毎度のことに色々な仕事が重なり、アレヨアレヨと忙しくなるもので、とうとう本番迎えてしまいまして…( ̄▽ ̄;)お客様からたまにはブログ書いて下さいね!とのプレッシャーじゃなかった、ありがたいお言葉をいただいてしまいましたので、会の感想はちゃんと書きたいと思います!( ̄^ ̄)ゞ今年もチャリティ公演結の会に参加させて頂き...

  4. 華麗に滑る地元の星。。 - 明日を今日より素敵に・・

    華麗に滑る地元の星。。

    一昨日 世界スケート選手権が終わりましたね。いつもの通り男子に注目していましたんーそれは羽生結弦選手が地元選手だから小さい頃から地元のニュースでこれからの期待のスケーターと度々紹介されていて私も大昔スケートが好きでやっていたのもあったし仕事先の近くにあるショッピングセンター内のスケート場で練習している子だったからかもそれと今は離れて暮らしている息子と雰囲気も性格もどこか似ているから羽生選手は...

  5. イベントページ立ち上げました - まちづくり魔女の日常

    イベントページ立ち上げました

    【うれしや5周年記念イベント】ふっこうカフェ~311から6年(うれしや5年目)を迎えて、私たちがしてきたこと、これからすること~東日本大震災から6年目を迎えたいま、被災地と呼ばれることになってしまった宮城に暮らす私たちの、震災前と震災発生当初、そしてこの6年間の暮らしのありようを振り返ります。また、宮城の復興の姿を思い描き、仙台市民・宮城県民として出来ることを探っていきたいと思います。(ナビ...

  6. 死者をむち打つ行為を許さない判断を期待します>大川小津波訴訟 - 見たこと聞いたこと 予備3

    死者をむち打つ行為を許さない判断を期待します>大川小津波訴訟

    yahoo:「<大川小津波・控訴審>遺族側「備え怠った」…市と県反論」◇仙台高裁・初弁論 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が、市と県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が29日、仙台高裁(小川浩裁判長)であり、遺族側は「事前の備えを怠った責任は重い」と訴えた。市と県は「具体的な予見は極めて困難だった」と反論した。 6人の遺族が意見...

  7. 山田町の風景 気になる大沢の臥龍梅 - 三友写真部

    山田町の風景 気になる大沢の臥龍梅

     山田町の樹齢300年ほどの臥龍梅、そろそろ開花するころと気になり、昨年の写真を引っ張り出してみました。 2016.3.28 個人宅のお庭にあるもので、写真のすぐ右手が海岸になります。 東日本大震災で枝の上部まで津波を被りましたが、翌年から毎年咲いているそうです。2016.3.28 来週あたりがいいかなと、予想しています。

  8. 東日本 復興 - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    東日本 復興

    白砂青松の会に参加した時、販売されていました。美味しい鯨の缶詰、ふりかけです。おの君も復興参加。

  9. 被告の家族の一生をパァにしておいて何を言っているんだろう?>大川小裁判 - 見たこと聞いたこと 予備3

    被告の家族の一生をパァにしておいて何を言っているんだろ...

    yahoo:「裁判ちゃんとして逝かないと…大川小遺族夫妻の闘い」<あれから6年…忘れない3・11東日本大震災> 東日本大震災の発生から丸6年が経過した11日、全国各地で追悼式が行われた。死者1万5893人、行方不明者2553人(10日現在)という大災害を受けた被災者の心の傷は癒えていない。津波で児童74人、教職員10人が死亡、行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校。学校管理下で犠牲となった...

  10. 大船渡市の風景 三面椿と泊里漁港の様子 - 三友写真部

    大船渡市の風景 三面椿と泊里漁港の様子

     復興 「世界の椿館・碁石」に良く行くのですが、その途上に中森熊野神社があり、境内には樹齢1400年の椿があります。👉三面椿 この三面椿の様子を、見てきました。 地元の方によると、一度開き始めたのですが、寒の戻りとともに再び閉じたそうで今蕾です。  震災の際は、鳥居の上の段まで波が来たそうです。 本堂に上がり、右手に三面椿があります。 車の場合は脇の車道を上りますと、一面覆い...

  11. 3月11日 - Les jours de la violette

    3月11日

    《日本と再生》という映画を観て来ました。原発問題を、題材とした映画シリーズの今回は再生可能エネルギーについてになります。他国に日本は遅れをとっているもっと出来るのに、如何して原発再稼動に拘るのか3月11日の新聞です。6年目感じる事は、昨年と同じ物と、そうでない物今年もこのイベントに行きました。少し淋しく思う事も有りました。風化それでも進んでいる時間進まない状況忘れない事繰り返さない事次世代に...

  12. あの日3月11日 - 裂き織りばあばと瓢箪じいじ

    あの日3月11日

    初めて聞いた携帯の音、エリアメールをその日から幾度も聞くことになった。6年前、イナは10歳で毎日我が家に学校から帰って来て親達が仕事帰りに迎えにきていた。友達と遊ぶとララは学童にいっていた。3時10分にイナを迎えにいこうと心づもりしていると、2時47分だった。突然聞きなれない携帯音が激しく鳴り響く。ただ事ではないがどうしたらいいか判断しかねていると、数秒後にカタカタと横揺れがはじまる。何の根...

  13. 「大震災で「格差」を忘れた日本人」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「大震災で「格差」を忘れた日本人」

    「大震災で「格差」を忘れた日本人」。極めて鋭い問題提起です。そのことは、本社社主・さとうしゅういちも痛感します。左派・リベラルと言われる人たちの関心が一挙に、脱原発に向かったのは事実です。それも、その当時は、選挙で脱原発政党を押し上げると言うよりは、デモ・集会中心でした。さらに、脱原発でなら票を一定程度取れるというもくろみも、特に日本共産党と自公以外の野党勢力(2012年時点では民主党が与党...

  14. 3.11あの地震を忘れてはいけない - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    3.11あの地震を忘れてはいけない

    3.11東日本大震災から6年が経った昨日今日はTVらのマスコミの番組でも震災特集が多い東北ほど被害はなかったけれど我々関東の人間にもいろいろな影響を与えた計画停電や福島原発の問題被災地の復興の度合いも様々で南三陸や東松島等復興が贈れている地域もやっとかさ上げが始まってだいぶ地域の青写真が見えてきた感じ福島原発においては廃炉の道もまだまだ見えない状況だ避難地域が少なくなってきてはいるが非難地域...

  15. 3.11 あれから6年。 - シベリアケヱキのこんな一日

    3.11 あれから6年。

    キャンドルを灯して黙祷。最後にポチッとよろしくお願いします。                      

  16. 14時46分の空に響く。 - Be Smile Be Happy

    14時46分の空に響く。

    3月11日 14時46分の空に響く、市内放送のサイレンとお寺の鐘の音。ハッとなって空を見上げると青い、穏やかな空。黙祷の間私はじっと、空を見つめていました。青い空の中に、何か答えを探すかのように。こんななんてことない平凡な風景がこれからもずっと続きますように。

  17. 命の行方 - SKYCAT 空猫日記

    命の行方

    6年前のあの日、たくさんの命がこの世を去った。残された家族は、その魂がいつも側にあると信じている。震災直後には、被災者の魂が彷徨っていたという。多くの不思議な話は今も語り継がれている。魂とは何か。死後の世界については、立花隆が一番近いところにまで迫ったのではないか。意識が魂だとすると、意識は脳の一部。魂は脳なのか。死とは、脳の死を意味するとされているのだが、脳が死ぬということは、意識もなくな...

  18. 『3.11』 - 嫁と息子と日常のなにげない風景と・・・。

    『3.11』

    6年目。朝から写真を撮りに沿岸部に行きたかったが、仕事と息子の野球があったため、グラウンド近くの海の見える神社へ参拝し、2:46はグランウドから黙祷をささげた。今年も、あの日のように小雪のチラつく寒い一日だった。それぞれの生活の中で、それぞれの想いを胸に迎える3.11。

  19. 祈る・忘れない - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    祈る・忘れない

    忘れない、あの日のことは今日、3月11日は日本人にとって決して忘れてはならない日です。この日のことを風化させてはなりません。いまも2553名もの方が行方不明のままだそうです。テレビで見たのですが、いまも家族を探している方がいるんですよね。涙がとまりません。(ふぅふぅc)にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから

  20. 6年目の月 - 遥かなる月光の旅

    6年目の月

    2017.3.11 あれから6年目の月。被災地のひとつ、松島にて19時頃撮影。夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】

1 - 20 / 総件数:65 件

似ているタグ