松戸市のタグまとめ (12件)

松戸市のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには松戸市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by にっこりサロン千葉 鎌ヶ谷店

アロマトリートメントサロン「にっこりサロン千葉 鎌ヶ谷店」のブログへお越しいただき ありがとうございます。医師が作った、「NPO法人 美容エステ協会」の認定サロンです。オ-プンは4月下旬の予定です。準備が整い次第、こちらのブログでご案内いたします。

4月下旬に開催予定です。日程は決まり次第、こちらのブログでご案内いたします。

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。千葉県松戸市にて、「医師がつくった 安心・安全なけんこう体操」教室を開催します。私の病気を治療してくださった、命の恩人のお医者さんが作られた体操です。「自分の健康は自分で守る」という方に、ピッタリの体操となっています。はげしい動きはありません。しずかな動きを中心としています。不思議と気持ちがゆるんでくる体操です。無理なく、ご自分のペースで続けてい...

■開催場所 常盤平市民センター 和室 住所:千葉県松戸市常盤平3丁目30 電話:047-387-2529 交通案内  ・新京成線常盤平駅 南口下車徒歩約10分  ・常盤平駅南口より松戸新京成バス「牧の原団地」行    常盤平支所前下車徒歩約1分  ・駐車場35台あり

by PHOTOEXPRESS MATSUDO

ふるさと納税の返礼品にもなったラーメン。 正確には“中華蕎麦 とみ田”が松戸を代表する人気ラーメン店である。過去に訪れたことがあるが、私はあまり好みではなかったので…今回は系列店にお邪魔する。すぐ近隣にある千葉県松戸市松戸の『松戸中華そば 富田食堂』だ。雅商會から始まり、角ふじ系ラーメンの一大グループとなった麺屋こうじ。元々は茨城(佐貫)大勝軒系列として千葉県・茨城県を中心に店舗を展開した二...

by PHOTOEXPRESS MATSUDO

矢切富士見台歩道橋から富士山を眺めよう。 まもなく2016年も終わってしまうのだが…あの場所から富士山を眺めてみようとクロスバイクに跨って、市内を激走する。その名も『矢切富士見台歩道橋』という東京外かく環状道路の建設で設置された歩道橋。現在も東京外環自動車道は建設中で東京外かく環状道路(国道298号線)のみ通行可能。矢切トンネルを抜けて、千葉県道1号市川松戸線(松戸街道)まで開通しております...

by PHOTOEXPRESS MATSUDO

松戸市内を流れる坂川の源流を知る。 松戸市内を南北に流れる一級河川・坂川。北は流山市との市境、松戸市幸田付近から新松戸・松戸宿を通り、下矢切付近で江戸川に注ぐ。かつて洪水が多発したことより治水工事が実施され、昭和7年からは新坂川の掘削も開始。小さな川は市民の生活を守るため、坂川は排水・新坂川は用水として利用。松戸宿の記事で紹介した“レンガ橋”も坂川に架けられている。JR常磐線北小金駅から松戸...

by PHOTOEXPRESS MATSUDO

商業施設の多さで柏に劣る理由は松戸の歴史。 五街道に準ずる脇街道である『水戸街道』の宿場町・松戸宿。江戸側の起点である千住宿から数えて2つ目、間には東京都葛飾区“新宿(あらしゅく)”がある。※新宿は現在のアリオ亀有から中川を経て対岸に位置する国道6号線沿い。現在は“にいじゅく”と読む。江戸川は船で渡り、江戸側には金町松戸関所が設置され金町御番所町として栄えた。宿場町は駅から程近く、JR常磐線...

by PHOTOEXPRESS MATSUDO

市制施行50周年に開園した『二十一世紀の森と広場』。 松戸市の中心部に位置する千駄堀地区には、まだまだ自然が多く残っている。昭和40年・50年代の松戸市は、人口急増のため都市基盤整備が追い付かず、生活環境が悪化。そんな中で自然豊かな地域の環境を守ることが市民の生活環境を豊かにしていくことだと認識。市域全体の核的空間として大規模公園の建設が始まった。それが『二十一世紀の森と広場』である。自然生...

by PHOTOEXPRESS MATSUDO

梨の名産地・鳥取県と深い親交のある松戸も梨の産地。 明治時代にこの地で発見された梨の一品種・二十世紀梨。ここは千葉県松戸市二十世紀が丘梨元町にある、その名も『二十世紀公園』である。JR常磐線松戸駅の南側、国道6号線(水戸街道)を越えると丘状になった住宅地が広がる。そこが“二十世紀が丘”と呼ばれる地だ。二十世紀が丘柿の木町・二十世紀が丘美野里町・二十世紀が丘戸山町・二十世紀が丘萩町。二十世紀が...

by PHOTOEXPRESS MATSUDO

徳川昭武が築いた松戸徳川家の拠点・戸定が丘歴史公園。 JR常磐線松戸駅から徒歩10分、小高い丘の上は戸定が丘歴史公園として整備されている。線路脇の小高い丘を登れば、大きな銀杏の木がお出迎え。ここは江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の弟、徳川昭武が明治17年に構えた別邸。国指定重要文化財であり、登録名は『旧徳川家住宅松戸戸定邸』であり、戸定邸や戸定館とも呼ばれる。徳川昭武は明治25年に“松戸徳川家”...

by PHOTOEXPRESS MATSUDO

“あじさい寺”として有名な本土寺は、秋も美しいのです。 “あじさい寺”の別称を持つ日蓮宗の本山、本土寺(ほんどじ)。1000本の楓、5000株の花菖蒲、10000株の紫陽花…まさに四季を感じられる寺。1277年(建治3年)、小金の狩野の松原の地に法華堂を建てたのを起源として本土寺の歴史が始まる。本堂の右脇から楓の木々が目立ち、回廊をくぐって先へ進むと紫陽花の散策路が始まる。順路に従い進んでい...

似ているタグ