柔道のタグまとめ

柔道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには柔道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「柔道」タグの記事(9)

  1. 70kg級の朝飛七海・真実姉妹に注目!_ インターハイ柔道2017 - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    70kg級の朝飛七海・真実姉妹に注目!_ インターハイ...

    郡山総合体育館(郡山市)で行われている第66回インターハイ柔道競技、最終日の12日は女子個人戦4階級(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)が行われました。70kg級の個人戦では、団体戦で桐蔭学園高に初優勝に大きく貢献した朝飛七海が優勝し、個人、団体の2冠に輝きました。朝飛は初戦から崩袈裟固「一本」(0:53)、大外刈「一本」(0:33)、上四方固「一本」(3:00)、「指導2」...

  2. 素根輝が研究しつくされ苦しんだものの最重量級制覇_インターハイ柔道2017 - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    素根輝が研究しつくされ苦しんだものの最重量級制覇_イン...

    郡山総合体育館(郡山市)で行われている第66回インターハイ柔道競技、最終日の12日は女子個人戦4階級(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)が行われました。78kg超級は注目の素根輝が優勝し、3月の高校選手権無差別に続く高校柔道メジャー大会での春夏連覇を達成しました。素根は4月のシニア大会の全日本体重別選手権優勝や7月の金鷲旗大会決勝での5人抜きなどですでに高校生離れした実力であ...

  3. 女子52㎏級阿部詩、今季春夏個人戦を連覇_インターハイ柔道 - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    女子52㎏級阿部詩、今季春夏個人戦を連覇_インターハイ柔道

    郡山総合体育館(郡山市)で行われているインターハイ柔道競技は日程4日目の11日、女子団体戦に引き続き女子個人戦48kg級、52kg級、57kg級の競技が行われました。52kg級は2月のグランプリ・デュッセルドルフで優勝するなど既に活躍の場をシニアの国際大会にまで広げている阿部詩(夙川学院高)がやはり高校生相手の試合では敵なしの優勝でした。阿部は初戦から横四方固「一本」(2:37)、大腰「一本...

  4. 村尾三四郎、三冠となった団体優勝に続いて、インターハイ柔道個人90㎏でも優勝! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    村尾三四郎、三冠となった団体優勝に続いて、インターハイ...

    郡山総合体育館で行われているインターハイ柔道競技大会第3日の10日で90㎏級の村尾三四郎が優勝しました。桐蔭学園高2年の村尾は、前日まで行われた団体戦でもポイントゲッターとして活躍しました。 団体戦の大将として決勝まで戦いきって優勝を果たしました。その疲労が残っていることが心配された90㎏級個人戦でしたが、心配は無用でした。決勝までの5戦中、4選を1本勝ちで勝ち上がり、迎えた決勝でも、開始2...

  5. 桐蔭学園高が12年ぶりの優勝で3月の全国高校選手権に続いて今季2冠_第91回金鷲旗高校柔道大会男子 - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    桐蔭学園高が12年ぶりの優勝で3月の全国高校選手権に続...

    抜き勝負で高校柔道日本一を争う第91回金鷲旗高校柔道大会は24日、マリンメッセ福岡(福岡市)で最終日の男子決勝までの競技が行われ、桐蔭学園高(神奈川)が東海大相模との同県対決を逆転で制し、12年ぶりの優勝を飾りました。同校は3月の全国高校選手権を制しており、これで今季2つ目の全国タイトル獲得です。ちなみに、桐蔭学園が三冠を目指して戦う残りの1試合は、インターハイ柔道競技大会です。今年は、8月...

  6. 素根輝の大逆転の5人抜きで南筑高が初優勝飾る_ 第91回金鷲旗高校柔道大会女子 - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    素根輝の大逆転の5人抜きで南筑高が初優勝飾る_ 第91...

    戦前の予想では、3月の全国高校選手権の覇者・兵庫の夙川学院高の総合力を有利とみる向きもありましたが、蓋を開けると素根輝(そねあきら)1人に夙川の団体が束になって敗れてしまいました。決勝は、夙川学院のエース先鋒の阿部詩(あべうた)が南筑高の4人を抜き、南筑高は大将の素根輝1人残しで後がなくなる絶体絶命の窮地に追いやられました。しかし素根輝が踏ん張りました。まるで三国志に出てくる英雄豪傑の武勇伝...

  7. 原沢久喜が決定戦のエース対決を制して日本中央競馬会が実業柔道団体戦を連覇! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    原沢久喜が決定戦のエース対決を制して日本中央競馬会が実...

    団体戦で実業柔道日本一を争う第67回全日本実業柔道団体対抗大会は6月4日、アルビス小杉総合体育センター@富山県射水市で最終日の競技が行われ、最高峰カテゴリである男子第1部は日本中央競馬会が2年連続4度目の優勝を果たしました。決勝で最大のライバルと目された旭化成Aと対戦した日本中央競馬会は、1-1で5戦を終えて迎えた代表決定戦のエース対決となりました。その決勝戦では、学生時代からのライバル原沢...

  8. 柔道グランドスラム・エカテリンブルグ大会@ロシアの結果と手負いのウルフアロンの近況 - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    柔道グランドスラム・エカテリンブルグ大会@ロシアの結果...

    グランドスラム・エカテリンブルグ大会は5月20日、21日、ロシア・エカテリンブルグで競技が行われ、日本勢男子は、60kg級の永山竜樹(東海大3年)、73kg級の橋本壮市(パーク24)がともに圧勝で優勝を飾りました。90kg級の長澤憲大(パーク24)も優勝でした。永山と橋本は8月の柔道世界選手権@ブダペスト代表に選ばれていますが、長澤は選ばれませんでした。リオ五輪金メダリストベイカー茉秋が負傷...

  9. 全日本柔道選手権大会2017_流血戦を制したドラキュラ王子谷剛志の連覇! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    全日本柔道選手権大会2017_流血戦を制したドラキュラ...

    まるでプロレスの流血乱闘試合を彷彿させる決勝戦でしたね。 流血の怪我をすると普通の人間は意気消沈するのですが、王子谷は逆に火が付いたように「人間ブルドーザー」並みの怒涛の攻めに転じました。23日のリーガルエスパニューラのサッカーの対レアルマドリード戦でバルセロナのメッシが試合中の接触で口から流血後勝利に貢献する2得点を挙げた燃えるメッシの獅子奮迅の滅私奉公活躍を彷彿させました。(写真は口から...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ