格差社会のタグまとめ

格差社会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには格差社会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「格差社会」タグの記事(9)

  1. アメリカ新下流階級とは~断絶広がるアメリカ社会(その5) - アメリカの辺境から気ままに呟くブログ

    アメリカ新下流階級とは~断絶広がるアメリカ社会(その5)

    新入国禁止令や、下院共和党が主導している医療保険制度(オバマケア)の改廃法案が注目を集める中、日本ではほとんど報道されていないでしょうが、3月初旬にComing Apartの著者チャールズ・マレーの身に、とある事件が起こりました。これは、トランプ政権が誕生した今の時代の空気を反映していると自分は思います。事件とは、バーモント州にあるミドルバリー大学での講演会に招かれたマレーが、来校に反対する...

  2. アメリカ新上流階級の誕生と発展~断絶広がるアメリカ社会(その4) - アメリカの辺境から気ままに呟くブログ

    アメリカ新上流階級の誕生と発展~断絶広がるアメリカ社会...

    断絶広がるアメリカ社会シリーズ4回目は、(その1)チャールズ・マレーの紹介(その2)著書 Coming Apart の紹介(その3)アメリカ新上流階級の文化の続きです。新上流階級がどのように誕生し、発展していったのか。誕生に絡むキーワードは、認識能力・大学の階層化・同等婚の3つである。また、新上流階級とその他のアメリカ人との間の文化的乖離は、ほぼ新上流階級のみが住む居住地の形成によりさらに強...

  3. 安倍氏夫婦は似たもの同士!!努力と能力がなくても勝ち組に入れる? - 随記:自民愚政から、民主失政から、自民悪政から、A級戦犯の孫による自公極右化政治

    安倍氏夫婦は似たもの同士!!努力と能力がなくても勝ち組...

    安倍晋三氏夫人の生い立ちは、父は森永製菓元社長。聖心女子学院初等科・中等科・高等科を経て、聖心女子専門学校へと進む。大学受験勉強を経験していない点で、奇しくも安倍氏と同じだ。この受験期間は、知識を身に付けるために勉学に励む貴重な人間形成の時期だが、夫婦とも努力しないで世に出た。親の保護に身を任せて。何不自由なく高校と大学を過ごした。「子育ての経験がない専業主婦」という点でも。生活感覚や意識面...

  4. 女性も結婚は18歳から、選挙権に合わせて成人年齢下げる民法改正案 - 随記:自民愚政?民主失政?自民悪政?自民極右化「格差拡大!対中敵視!改憲と軍事国強化。

    女性も結婚は18歳から、選挙権に合わせて成人年齢下げる...

    民法改正案によると、成人年齢を20歳から18歳へ引き下げ、女性が結婚できる年齢は現行の16歳から18歳とし、男女とも18歳に統一する。選挙権を18歳に引き下げた時からの課題を解消する。今年は19年だ、施行は21年からとまたまた時間を先延ばしした。日本は、決めるのが遅いと外国から揶揄されそうだ。  現行制度のままだと、成人年齢が18歳に引き下げられた際、男性は成人にならないと結婚できないのに対...

  5. 「慰安婦像問題」韓国のデメリット1000億円。 歴史をカネで精算しようとした安倍氏は大恥 - 随記:自民愚政?民主失政?自民悪政?自民極右化「格差拡大!対中敵視!改憲と軍事国強化。

    「慰安婦像問題」韓国のデメリット1000億円。 歴史を...

    慰安婦問題について安倍政権は、「最終的かつ不可逆的な解決」として日韓で合意を強引に押し付けてきたが、これまであったソウルの像が撤去されないばかりか、釜山にまでに設置された。そもそも歴史を「不可逆的」に処理することは不可能だったことだ。「安倍氏の祖父の岸信介氏がA級戦犯」だった史実が、執行猶予、釈放されたからといって消し去ることができないのと同じだ。面子のつぶれた安倍政権は、駐韓大使の一時帰国...

  6. チャールズ・マレー~断絶広がるアメリカ社会(その1) - アメリカの辺境から気ままに呟くブログ

    チャールズ・マレー~断絶広がるアメリカ社会(その1)

    前回シリーズの主人公J.D.ヴァンスは、その著作『ヒルビリー哀歌』の中で、「チャールズ・マレーのLosing Groundを読んで、非常に衝撃を受けたと同時に納得した」と言っています。米国の社会政策について書かれたLosing Groundは、1984年に出版されました。このジャンルにおいては、米国内で20世紀に最も影響を与えた本の一つに数えられるといっていいでしょう。この本の中で、マレーは...

  7. 安倍内閣は「個人の働き方にまでも介入するつもりか」。経済3団体の祝賀会で発言 - 随記:自民愚政?民主失政?自民悪政?自民極右化「格差拡大!対中敵視!改憲と軍事国強化。

    安倍内閣は「個人の働き方にまでも介入するつもりか」。経...

     安倍首相は、経団連、経済同友会、日本商工会議所の経済3団体が都内で開いた新年祝賀パーティーであいさつし「今年は働き方改革を断行の年にする」と語った。 併せて、安倍氏は賃上げへの取り組み強化も求めた。「給料が上がれば、家族を持てる。希望もわき、働く意欲が上がる」とし「物価上昇に後れを取らない賃上げがあってこそ、デフレから脱却し、持続的な経済発展が望める」と話し、生活者物価の上昇と福祉の個人負...

  8. 外交の化けの皮が剥がれた安倍政権は行き詰まり - 随記:自民愚政=民主失政=自民悪政=悪政二幕「格差拡大?不満を中国に向ける?安倍自公の9条改憲と軍事力強化。

    外交の化けの皮が剥がれた安倍政権は行き詰まり

    内政では公明党との関係がギクシャク。「都議会で自公が決裂したことで、安倍首相は解散を打ちづらくなった」と、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう続ける。 「都議会で自公が反目しているのに、東京で衆院選の選挙協力ができますか? 公明党が安倍首相の解散権を“縛った”と言えます」  もはや、都議選が終わる夏まで解散は無理だ。秋以降も簡単じゃない。 「自民党の選対委員長が当落線上の若手30...

  9. 「アベノミクス破たん」赤字奮発4年、それでも消費拡大がみえず「道半ば」繰り返す - 随記:自民愚政=民主失政=自民悪政=悪政二幕「格差拡大?不満を中国に向ける?安倍自公の9条改憲と軍事力強化。

    「アベノミクス破たん」赤字奮発4年、それでも消費拡大が...

     個人消費や雇用に関する11月の経済統計が発表された。有効求人倍率はバブル期以来の高水準となった一方、消費者物価指数や消費支出は低迷。第2次安倍政権発足から4年がたち、雇用指標は改善したが消費は依然力強さを欠き、デフレからの完全脱却は見通せない。  総務省が発表した11月の家計調査によると、1世帯当たり(2人以上)の消費支出は27万848円で、前年割れは9カ月連続で、マイナス幅は拡大した。...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ