桜・梅のタグまとめ

桜・梅」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには桜・梅に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「桜・梅」タグの記事(16)

  1. 信州安曇野~桜の銘木を訪ねる - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    信州安曇野~桜の銘木を訪ねる

    過ぎ行く桜の季節それに追いすがる様に、安曇野で桜を求める。信州安曇野には、良い桜の木が沢山ある。どの桜の木も大きく、相応の樹齢があるのだろうある意味、不思議なのは・・・桜の木の下にレジャーシートを敷いて、飲み食いに興じる者たちは見かけないこと。高地ならではの寒さゆえに、そんな花見にならないのかもしれない。安曇野で桜の銘木は~『田多井観音堂のしだれ桜』このあたりは、大きな枝垂桜が多くて一体どれ...

  2. 信州安曇野~春の道祖神 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    信州安曇野~春の道祖神

    里の春景色を求めて、信州安曇野へ北陸の平野部の桜は散ってしまったものの、コチラにはまだ桜は残っていました。道祖神と桜は、色んなところで見られますが・・・この道祖神は、最高の風景だと思う・・・「常念道祖神」2つの道祖神像をはさむ様に2本の桜道祖神像は、向かって右側に男神、左側に女神が一対で彫られているのが一般的。向かって左の道祖神は、握手像と呼ばれ、男女の神が互いに肩を組み、前で握手している像...

  3. 富山散歩~県東部385~松川の桜 2017 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部385~松川の桜 2017

    富山で桜と言えば、真っ先に名前が挙がる「松川」桜の名所100選にもなっているらしいそして街中で暖かいのか、県内でも早咲きです。県内に開花の報があると、何度も訪れることが出来る桜でもあります。早朝、朝靄の松川2017年は、さほど天気に恵まれませんでした昼の松川斜光はいいが、人出も多くなります・・・・川の遊歩道にあるブロンズ像桜には良いアイテムになりそうで、活かすのはなかなか難しい川面に映る桜夕...

  4. 千恵子桜と布橋十二ヶ滝 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    千恵子桜と布橋十二ヶ滝

    小松市松岡町にある通称「千恵子桜」家より高い、その桜は探さなくても直ぐに見つけられる。提灯が飾られているところを見ると、町内の人達から大切にされているのだろう・・・高さ17mの桜は・・・・樹齢60年超のしだれ桜です昭和28年に遠くブラジルへ嫁いだ同町出身の村中千恵子さんの幸せを願い、従兄弟が自宅裏に植えた桜が「千恵子桜」の名前の由来と言われています。戦後暫くの頃、今ほど国際結婚がよくあること...

  5. 「喜多家のしだれ桜」と「種小学校跡の染井吉野」 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    「喜多家のしだれ桜」と「種小学校跡の染井吉野」

    春の代名詞「桜」を求める。銘木と称される桜には、畏敬の念に似た心を奪われる美があります。その一方で、小学校の校庭に咲く桜には、身近な愛おしさがあります。まずは桜の銘木『喜多家のしだれ桜』(石川県かほく市)1895年(明治28年)喜多家15代善兵衛が、金沢兼六園より種子を持ち帰り植え育てたもの。樹齢120年を数えるシダレ桜(高さ13m、幹回り1.6m、枝張り11m)は見事です。家の敷地の庭の一...

  6. 富山散歩~県東部384~内山邸で観桜 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部384~内山邸で観桜

    豪農の館「内山邸」"豪農"という字からは、スゴイ農家ということになるが・・・・江戸時代における大庄屋の内山家は、この地域の警察、税務署も兼ねた領主の様な存在であったらしい。そして季節の花を求めて年に3~4回は訪れるここは、今回は桜を・・・樹齢は分からないが、染井吉野の大木そして庭には、素晴らしい紅枝垂桜この紅枝垂桜の楽しみ方は・・・・邸内の茶室から眺めるのも、なかなかイイ夜に再び訪れた、内山...

  7. 京を歩く~桜色の京都「今宮神社」あぶり餅 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    京を歩く~桜色の京都「今宮神社」あぶり餅

    京都市北区紫野にある「今宮神社」別名「玉の輿(たまのこし)神社」とも言われ、良縁・強運の神社として、近年はパワースポットとも称されているようです。楼門「玉の輿」の語源の由来とされるのが、桂昌院(お玉)の出生の話です。もともとは身分の低い西陣の八百屋の娘だったお玉が、将軍・徳川家光に見初められ側室となり、大出世したというシンデレラストーリー。そのお玉によって復興した神社ですので、のちに「玉の輿...

  8. 京を歩く~桜色の京都「上賀茂神社」 (風流桜とみあれ桜) - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    京を歩く~桜色の京都「上賀茂神社」 (風流桜とみあれ桜)

    上賀茂神社(正式には賀茂別雷神)京都最古の神社の1つとして世界遺産にもなっています。春には神社境内には、見事な桜が咲きます。「風流桜」境内の二の鳥居のすぐそばで咲く、風流桜。紅枝垂れ桜で、葵祭の時に風流傘の目印となる重要な桜であり、桜も花笠の形となっています。なかなか可憐な桜です「みあれ桜」境内の二の鳥居左の授与所横にある、みあれ桜。紅枝垂れ桜で葵祭に先立つ神迎えの神事、「御阿禮」(みあれ)...

  9. 京を歩く~桜色の京都「上賀茂神社」 (斎王桜と御所桜) - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    京を歩く~桜色の京都「上賀茂神社」 (斎王桜と御所桜)

    上賀茂神社へのアクセスは・・・・実はあまり良くないと思う。JR京都駅前からは、市バスは1系統地下鉄北山駅からは、市バスは3系統といったところ上賀茂の辺りは、神職の人が住む町「社家町」があり・・・・上賀茂神社の社家町は昔ながらの社家住宅が連なる町並みとして国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。ちなみに、上賀茂神社と言うのは通称で・・・正式には賀茂別雷神社。京都最古の神社の1つとして...

  10. 京を歩く~桜色の京都「本満寺のしだれ桜」 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    京を歩く~桜色の京都「本満寺のしだれ桜」

    京阪鴨東線「出町柳駅」から北へ徒歩約10分のところに、「本満寺」(ほんまんじ)はあります。本満寺の山門近衛家とゆかりある、日蓮宗京都八本山のひとつ。・・・・とは言いますが、妙心寺、相国寺や東福寺の様な広大な敷地を誇る大寺院とは真反対の、住宅地に埋もれた感のある寺院です。ゆえに観光客は、ほぼ皆無に近いですが・・・山門をくぐると、見上げるほど立派なしだれ桜が咲き誇ります。しだれ桜は、樹齢約90年...

  11. そうだ 京都いこう・・・・かなぁ - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    そうだ 京都いこう・・・・かなぁ

    以前に作ったスライドショーが、古くなりましたので新しく編集いたしました通常の記事は、次にて↓↓新規更新↓↓しております☆いつもありがとうございます☆↓↓☆凸ヾ(^o^)ノポチッと本日もヨロシク☆↓↓クリック⇒ クリック⇒旅人Tomの別館「写真館」ブログ「写楽庵」はコチラから↓↓クリック⇒≪Tom's Photo Gallery~写楽庵~≫別館もよろしく(^-^)

  12. 富山散歩~県西部281~かたかごの花、咲く - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部281~かたかごの花、咲く

    高岡市伏木の万葉歴史館万葉集の代表歌人「大伴家持」が、越中(現:富山県)国司として赴任いたしましたその8世紀当時の国府(政庁)が伏木にあったことから、伏木は万葉の里とも称されています。“もののふの 八十をとめらが くみまがふ 寺井の上の かたかごの花”大伴家持(万葉集巻19-4143番)大勢の少女等が、入り乱れて水を汲んでいる寺の境内の清水のほとりに咲いたかたくりの花が美しい万葉歴史館の庭に...

  13. 富山散歩~県東部383~今年も河津桜が咲きました(後編) - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部383~今年も河津桜が咲きました(後編)

    三菱アセテート富山事業所さんの河津桜3/26時点では、満開となっておりました(3/19では5分咲き)今回は、マクロレンズに替えて400mmレンズを持ち込みました。狙いは桜に集まる鳥です。よく目にとまる「ヒヨドリ」 そして、よく眼を凝らせば見えるのが・・・・緑色の体と眼の周りが白い「メジロ」スズメよりも小さいので見つけるのは難しいですが・・・・・花の蜜を吸うので、この時期は梅や桜に集まりチー、...

  14. 富山散歩~県東部383~今年も河津桜が咲きました(前編) - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部383~今年も河津桜が咲きました(前編)

    三菱アセテート富山事業所さんの駐車場敷地に植えられた10本の河津桜が5分咲となっています。この時期だけは三菱アセテートさんの御厚意で、自由に入って桜を愛でる事ができます。本当にありがたいことです。では、マクロレンズを使いまして・・・・逆光にてハイキーでより優しく、明るく~ヒヨドリが来ていましたなにぶん鳥は想定していませんでしたから・・・・・400mmクラスの望遠があったら、もっと寄れましたが...

  15. 富山散歩~県東部381~内山邸の梅 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部381~内山邸の梅

    梅の花と言えば、2月のイメージですが・・・・北陸の富山では、梅の花は3月初旬~中旬に咲きますさて、富山で梅の名所となれば「内山邸」と「高岡古城公園」の2ヶ所になると思います。内山邸は、この地で450年続いた家柄で、千石地主といわれた豪農。江戸期の富山藩の時代には、当地の大庄屋で地域の農業振興、文化の向上に努めたといわれます。庭園にも立派な梅の木がありますが・・・内山邸には広大な庭園の他に、梅...

  16. 富山散歩~県東部380~富山県中央植物園、紅白梅咲く - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部380~富山県中央植物園、紅白梅咲く

    春を探しに富山県中央植物園足元に、落ち葉を押しのけて顔を出した福寿草梅の花も綺麗に咲いておりました。久しぶりの晴天の日、やはり空と合わせたいもの。青い空に映えるのは、桜だけではないらしい・・・花は、蕾が緩み始めて開く寸前でどちらかと言えば、一輪に惹きつけられる・・・・というのが旅人Tomの個人的な嗜好。余談ながら"アンデスの青い星"なる、テコフィラエア・キアノクロクスが花をつけています絶滅危...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ