梨木香歩のタグまとめ

梨木香歩」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには梨木香歩に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「梨木香歩」タグの記事(8)

  1. そうだなぁ…重なり合っているもんね。 - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                            ゆっくりと、マイペースで更新です

    そうだなぁ…重なり合っているもんね。

    梨木作品、次はなにを読もうか……と。「これ、いいですよ!」と、教えてくれた作品。エンジェルの文字が三つ並ぶ題名をじっと見る。パステルカラーがやさしいゆるやかに曲がった一本の道が続く現実の生活の上に薄紙を重ねたような絵の表紙。三層かなぁ…あ、でも 重なり合う部分の層の濃度が違う…エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)梨木 香歩/新潮社undefined読み終えて…コウコの世界とばあち...

  2. 『家守綺譚』から見える梨木果歩さん - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                            ゆっくりと、マイペースで更新です

    『家守綺譚』から見える梨木果歩さん

    読友さんに、「梨木作品をはじめて読むにはどの作品から読むといいと思いますか?」と問うと、この作品をあげてくださいました。さっそく、図書館へ! 書架を探す。 手に取る。紬の着物地をイメージする味わい深い装丁。和紙を模したような標題紙、赤い実の南天の絵が添えてある。家守綺譚 梨木香歩 と、丁寧なそれでいて芯のしっかりとした筆致の文字に、静かできちんとした佇まいを感じた。家守綺譚梨木 香歩/新潮社...

  3. 梨木香歩『鳥と雲と薬草袋』で感じたこと その2 - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                            ゆっくりと、マイペースで更新です

    梨木香歩『鳥と雲と薬草袋』で感じたこと その2

    鳥と雲と薬草袋梨木 香歩/新潮社undefined峠についた名まえ25 星峠 ほしとうげ 棚田のある風景が好きで、時折見に行く。夏は水田を渡る風が緑の波をつくり、秋には長い陽の光が稲穂を黄金色に輝かせる。こういう風景に深い喜びを感じるのは、農耕民族ならではだろう。 ギャラリーに通っていたころに棚田の風景写真を何度か見たことがある。ああ、日本人ならではのものだなぁと感じたものです。段差のあるあ...

  4. 梨木香歩『鳥と雲と薬草袋』で感じたこと その1 - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                            ゆっくりと、マイペースで更新です

    梨木香歩『鳥と雲と薬草袋』で感じたこと その1

    鳥と雲と薬草袋梨木 香歩/新潮社undefined文字に依り掛からない地名06 姶良 あいら 窓の向こうは雨が降っている。目の前に積まれた本、両脇の本棚、床に至るまで周囲は活字だらけで、唯一活字のない空間が窓の向こうだ。文字抜きでは成り立たない職業を生業としながら(むしろそれだからだろうか)、文字のない世界に憧れる。やはり言語について学ばれているんだな…本を書く者として当たり前なことなのかも...

  5. 『鳥と雲と薬草袋』という本と共に - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                            ゆっくりと、マイペースで更新です

    『鳥と雲と薬草袋』という本と共に

    梨木香歩さんの『家守綺譚』をお借りすべく、図書館の書架を探していて出会った本。手に取り、目次を眺めて微笑むわたし 本との出逢いって楽しい♪ 机の前が窓で、窓の向こうが木立なので、四六時中鳥がやってくるのが見える。木立の向こうは(今のところ)建築物がないので、雲をうかべたときや何も浮かべていないときの空が見える。こうはじまる『タイトルのこと』と題して、このコラムエッセイを書く依頼を受けてのテー...

  6. 風流と解せば〜「家守綺譚」再び〜 - 「む一ちょ写真日記」

    風流と解せば〜「家守綺譚」再び〜

     同業の友人からメールがきた。「暑いね。むーちゃんち、たしかクーラーなかったよね。身体に気をつけてね。暑気払いしよう!」という内容。そうであった、我が家にはクーラーがないのであった。 実家にはクーラー自体はあるのだが、年がら年中カバーがかけられたままで活動しているのをついぞ見たことがない。太平洋に面した街で海風が街の熱気を一掃するのか、朝夕とても涼しい。いまどきの密閉度の高い住宅ではないせい...

  7. 西の魔女が死んだ - LilyのSweet Style

    西の魔女が死んだ

    小説は読まないと書いておきながら、これを読みました、一気に。でもたっぷりと味わいました。とても面白かった。一番考えたことは、人間には「身体」がなぜあるのか、ということです。(え、そんな感想になるの?と思う方も多々おられると思いますが・・・以下、硬派の感想文です。)主人公の女の子が魔女の修業をするというこのお話、その中で、上等の魔女は「外部に左右されない」という話がでてきます。人間は「身体」を...

  8. 夢が叶って没頭してます - ちょっと田舎暮しCalifornia

    夢が叶って没頭してます

    夢が叶って先月から読書に没頭です梨木香歩さんの「冬虫夏草」を読み終わりました春に羽田空港でオットがずんだシェイクをちゅうちゅう飲んでる隙に急いで何冊か掴んで来た中の一冊「家守奇譚」大当たりでしたこういう本が読みたかったんだ〜って嬉しかった面白かったのでアマゾンジャパンで取り寄せたこの続編「冬虫夏草」またまた面白かったこう言うのが読みたかったんだ〜すみません、、、また同じ感想 笑緑深い山、...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ