森友学園のタグまとめ

森友学園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには森友学園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「森友学園」タグの記事(343)

  1. これから説教原稿を書き、6時からは高石駅前に - 御言葉をください2

    これから説教原稿を書き、6時からは高石駅前に

     これから、説教原稿を書く。そして、原稿が書き終わらなくても、6時には高石駅前にいなければならない。街頭でマイクを持たなければならないのである。

  2. ネットでは60%の人たちが安倍政権支持という話もあるが、 - 御言葉をください2

    ネットでは60%の人たちが安倍政権支持という話もあるが、

    確かに、excite ブログなどでしている、投票があるけれど、それに投票している人たちは、もともと右翼的な人たちが多いと思われ、調査方法などが、本当には信用できないものだから、一種の人気投票のようなもので、信頼できないものであることは、少し考える人ならわかる話である。 こんなことは書くまでもないことだが、ネット右翼の人たちはそんなものを頼りにしているのか、と思い、つまらないことだが、書いてし...

  3. 「反日」を叫ぶ人たちこそ、日本を危うくしている。 - 御言葉をください2

    「反日」を叫ぶ人たちこそ、日本を危うくしている。

    そのことが、このところ、国民全体に理解され始めているのだと思う。書くまでもないであろうが、「反日を叫ぶ人たち」は日本会議の人たちであり、在特会の人たちであり、ネット右翼の人たちである。人気ブログランキングにほんブログ村

  4. わたしも「総理のご意向」を受けて、「日報隠し」を稲田大臣がした、のだと思う。 - 御言葉をください2

    わたしも「総理のご意向」を受けて、「日報隠し」を稲田大...

    「総理のご意向」を受け「日報隠し」の稲田大臣と自衛隊に与える危険な影響 広島瀬戸内新聞ニュースは時々、読ませていただいている。教えられることが多いが、この記事はトラックバックさせていただくことにしました。人気ブログランキングにほんブログ村

  5. 陸自の反乱らしい - 御言葉をください2

    陸自の反乱らしい

    昨日の「日刊ゲンダイ」も「夕刊フジ」も、稲田防衛相の虚偽答弁疑惑が取り上げられるようになったのは、陸上自衛隊の稲田防衛相に対する反乱ではないか、と論じていたが、今朝のワイドショーでも、そのようなことが取り上げられており、自衛隊も官邸に異を唱え始めているようにも見える。 普通だと、制服組がシビリアンコントロールに逆らっている、と表面的にはとられることもあり得るが、そんなことではなく、官邸・稲田...

  6. 岸田氏の内閣入りは確実なのであろう。 - 御言葉をください2

    岸田氏の内閣入りは確実なのであろう。

    岸田氏を内閣に取り込むことで、9条改憲に反対をさせないで、態勢を整えようということなのかもしれない。

  7. 安倍首相は、次の防衛相人事に苦慮しているだろう! - 御言葉をください2

    安倍首相は、次の防衛相人事に苦慮しているだろう!

     石破さんも、中谷さんも引き受けないだろう。そうしたら誰がいるのか。改憲の発議の時、稲田防衛相であってほしかったろうが、もはやそれはかなわぬこと。あまり誰も論じていないようであるが、安倍首相はかなり困っているはずである。人気ブログランキングにほんブログ村

  8. 安倍首相の稲田防衛相更迭しない言い訳の幼稚さ - 御言葉をください2

    安倍首相の稲田防衛相更迭しない言い訳の幼稚さ

    小泉首相の時、田中真紀子大臣を更迭したことによって、支持率が下がったことを理由に、更迭しないようなことを自民党内部で言ったそうであるが、言い訳にもならない。 田中真紀子さんは国民に人気があったから、支持率が下がったのであって、稲田防衛相はそんなに人気があるわけではあるまい。 まあ、できるだけ更迭・罷免しないようにしている間に、そのことが理由で、支持率は下がるだけであろう。 それとも、ネット右...

  9. 立川志らくはネット右翼と同じようなことを言う。 - 御言葉をください2

    立川志らくはネット右翼と同じようなことを言う。

    テレビ番組「ひるおび」を見ていて、また立川志らくがおかしなことを言っていた。加計学園問題で、はっきりしない、安全保障の方が大事なのではないか、というのであるが、これはかなりネット右翼の論理と共通しているのではないか。

  10. 首相は、早く稲田防衛相のくびをきらなければ、10月22日以前に倒閣する。 - 御言葉をください2

    首相は、早く稲田防衛相のくびをきらなければ、10月22...

    「日刊ゲンダイ」は、最近の記事で、10月22日を安倍政権の倒れる一つのメルクマールとしていたが、稲田防衛相の人事をあやまつと、もっと早く、政権は倒れるのではないか。直観的な判断である。 こうなると、首相は決断できないから、周りが首相に迫って、稲田防衛相をやめさせる他ないだろう。しかし、その場合、安倍首相の首相続投の意欲は、かなりそがれてしまい、内閣を放り出してしまうきっかけになるかもしれない...

  11. ネット右翼、日本会議の人たちが悲鳴をあげ始めている。 - 御言葉をください2

    ネット右翼、日本会議の人たちが悲鳴をあげ始めている。

    いちいち引用はしない。調べる気になれば、「日本ブログ村」の政治社会ランキングの上位にある記事をいくつかお読みになればよいと思う。 そのほかに、衛藤総理補佐官の改憲に対する護憲勢力の反撃で、支持率が落ちているというような発言。これも正確な引用をする気にもなれない。衛藤さんはたしか、日本会議の有力メンバーである。

  12. 究極の無責任男、安倍晋三 - 御言葉をください2

    究極の無責任男、安倍晋三

    仮にも自国の首相であるから、今まで、私は安倍晋三氏と、ほとんど「氏」をつけて書いて来た。しかし、今日はタイトルに「氏」はつけなかった。安倍晋三、と呼び捨てにした。 今朝のニュースを聞く限り、まだ稲田防衛相の辞任ないし、罷免は報じられていない。昨日、報じられていて当然のことだった。夕刊フジでさえ、そう報じていたのである。「更迭」やむなし、という表現で。言うまでもなく、夕刊フジは、産経グループで...

  13. 安倍政権はかつての侵略戦争の精神的末裔の集団 - 御言葉をください2

    安倍政権はかつての侵略戦争の精神的末裔の集団

    安倍政権は極右政権とかゴリゴリの保守政権と言われるが、わたしは、安倍政権は、かつての侵略戦争を遂行した指導者たちの精神的末裔たちの集団である、と思っている。この人たちは、戦争責任というものをまるで感じてもいないし、考えてもいない日本人達の代表者たちである。 実に、わたしたち日本人は、本当の意味で、侵略戦争を肯定する生き方を清算できずにきたのである。 そういう意味で、いまだに安倍晋三総理...

  14. 「10・22安倍退陣」の意味 - 御言葉をください2

    「10・22安倍退陣」の意味

    安倍内閣総退陣のXデーとささやかれているのが、衆院愛媛3区補選である、ということである。愛媛県と言えば、加計学園の建設予定地であり、この国政選挙は安倍政権にトドメを刺す選挙になるとささやかれているそうである。以下、日刊ゲンダイより引用。  とりわけ安倍政権にトドメを刺す選挙とみられているのが、10月10日告示、同22日投開票の衆院愛媛3区補選だ。「自民の白石徹氏の死去に伴う愛媛3区補選は、内...

  15. 「日刊ゲンダイ」と「夕刊フジ」の比較 - 御言葉をください2

    「日刊ゲンダイ」と「夕刊フジ」の比較

    今日は、「夕刊フジ」も購入した。一面のタイトルを書いて、違いを検討してみよう。日刊ゲンダイ10・22安倍退陣日報隠蔽関与 議員辞職必至(稲田朋美防衛相)小沢一郎の言う通り 安倍政権は野党共闘で一気に倒れる。夕刊フジ組閣大揺れ 閣僚候補醜聞「有力議員が秘書に暴行」日報隠蔽疑惑 稲田は即時更迭も(私のコメント) 稲田防衛相がやめざるを得ないとは二つとも共通。ゲンダイは、議員辞職まで。夕刊フジは、...

  16. 稲田防衛相のことで、また支持率は下がる。 - 御言葉をください2

    稲田防衛相のことで、また支持率は下がる。

    安倍首相が、すぐ罷免するか否かを問わず、このようなことが、読売・産経の御用新聞を除いて、ほぼすべての新聞で報じられたらしいことは、確実に安倍政権の支持率を下げることになろう。そして、稲田朋美氏が辞任せず、安倍首相も罷免することなく、内閣改造で彼女を内閣から外したとしたら、安倍内閣の支持率はさらに降下する。人気ブログランキングにほんブログ村

  17. 日替わりメニューのように言うことが変わる安倍首相 - 御言葉をください2

    日替わりメニューのように言うことが変わる安倍首相

     7月19日付の「日刊ゲンダイ」を、昨日購入したが、その中の記事の官邸関係者の「ただ安倍さんも日替わりメニューのように言うことが変わるのでよく分かりませんけどね」という言葉が大変印象深く、心に残った。 3面の記事であるが、どんな文脈で言われたことなのか、前後の文脈で明らかにすると以下のようである。  8月3日に予定される内閣改造・自民党役員人事。安倍首相はこの週末、私邸でゆったり過ごし、地震...

  18. 5月17日の朝日新聞の大スクープから2か月がたとうとしている。 - 御言葉をください2

    5月17日の朝日新聞の大スクープから2か月がたとうとし...

     わたしは、5月17日の朝日新聞朝刊トップの記事を忘れていない。あれからかなり決定的に事が進み出したのである。 実は、その前日には、NHKの『クローズアップ現代』が前川氏のインタビューを放送するはずだったというような話を聞いてはいる。前川氏本人の話だが、記憶だけで書いている。  だから、朝日だけの独走ということではなかったのであるが、朝日のスクープは大きかった。 しかし、日刊ゲンダイの言...

  19. 20%台は『沈没水域』 - 御言葉をください2

    20%台は『沈没水域』

    7月17日付の「日刊ゲンダイ」一面より引用。 「支持率を見る時の表現にはいろいろありますが、30%台を政権の先行きが不透明になってきたという『危険水域』とすると、20%台は『沈没水域』。底が見えず、ずるずる沈んでいく可能性が高い。第1次政権で安倍さんが退陣する直前も20%台に落ち込んでいた(07年8月の時事通信社の内閣支持率は22.6%)。選挙敗北と支持率急落。あの時と同じバターンになってき...

  20. 矢代英輝VS伊藤惇夫 - 御言葉をください2

    矢代英輝VS伊藤惇夫

    「ひるおび」にこのところ田崎史郎氏が顔を出していないが、どうしてなのか。疲れたのか。その代わりかどうか、矢代英輝氏がまた頑張り始めている。そして、それに対して伊藤惇夫氏が反論ということで、こういう場面が増えてきている。 矢代英輝氏は、国際派弁護士と紹介されるけれど、思想的には国際的ではなくて、かなり「保守的」「右翼的」ではないのか。細かいところを思い出すことができないので、彼の言葉を書き出す...

1 - 20 / 総件数:343 件

似ているタグ